内匠靖明さん、村田太志さんも登場し、『オルフェンズ』MSについてのディープなトークが展開!【2016第56回全日本模型ホビーショー速報レポート】~「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」スペシャルステージ~

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2016年9月23日(金)~25日(日)、東京ビッグサイトで開催される「2016 第56回全日本模型ホビーショー」。本特集「2016第56回全日本模型ホビーショー速報レポート」では、その会場から出展メーカーの最新&注目アイテムなどを速報写真レポートでお届けします(⇒まとめページはこちら)。

 

ここでは、25日(日)に開催された『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のキャスト、メカデザイナーが登壇した「ガンプラ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」スペシャルステージ! ~メカデザイナー×鉄華団スペシャル座談会~」ステージの模様をご紹介します。

tekketsu_20160925_13

 

 

TVアニメ第2期の放送を間近に控える『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』。ステージには明弘・アルトランド役内匠靖明さん、ノルバ・シノ役村田太志さんが鉄華団ジャケットを着用して登壇。

tekketsu_20160925_01

▲右から村田太志さん、内匠靖明さん。

 

冒頭では、2期に登場するキャラクターたちを改めて振り返るということで、スクリーンに新生鉄華団のメンバーの写真が。自身が演じる役に関わりがあるキャラクターということで、内匠さんからはアストンとデルマにアルトランドという名前が2期からついているということを紹介。その理由は2期を見て欲しいとコメント。村田さんからは、2期になって部下ができたシノがどのように変わっているのかに注目して欲しいと期待が高まるコメントが飛び出しました。

tekketsu_20160925_02

 

そして、ここで『オルフェンズ』のメカデザインを担当されている鷲尾直広さん、海老川兼武さん、形部一平さんが登場。内匠さん、村田さんも交えて、デザインしたSについてのディープなトークが展開されました。

tekketsu_20160925_04

▲右から形部一平さん、海老川兼武さん、鷲尾直広さん。

 

鷲尾さんは、デザインしたガンダム・グシオンリベイクフルシティについて、「1期の時にグシオンのパーツを追加していった状態と違い、装甲が新規になっているので、デザイナーとしていいものができた」。海老川さんは、「グレイズを基本にして、ファイトスタイルなども考えながら差別化してデザインしている」とコメント。刑部さんからは、「鷲尾さんと海老川さんが作ってくれたベースと監督が広げてくれた世界観の中で、どれだけギリギリを狙っていけるかということを意識している」という貴重な裏話が語られました。

tekketsu_20160925_14 tekketsu_20160925_15

 

続いて、キャストのお2人からメカデザイナー陣に気になっていることを質問していく、メカデザイナー×鉄華団スペシャル座談会のコーナーに。

内匠さんはガンダム・グシオンリベイクフルシティのデザインコンセプトについて質問。鷲尾さんによると、「フルシティはもう少しバルバトスの近くで戦えたらいいな…ということで、接近戦も重視できるようなデザインにした」と回答。また、サブアームもコンパクトになって収納されているというギミックも紹介されました。

tekketsu_20160925_05

 

村田さんからは、オルフェンズを通じてお気に入りのMSはどれかを3人に質問。海老川さんは自身が基本としてデザインをしたグレイズは思い入れが強いとコメント。その回答を受け、内匠さんがさり気なく海老川さんの回答を「グレイズ改」に誘導しようとするトークを展開し、会場の笑いを誘っていました。
形部さんはキマリスをピックアップ。最初に描かれたときは一回限りの登場かと思っていたものの、最終的に最後の方まで生き残ってくれていたことが理由とのことです。
鷲尾さんは一番新しいガンダムバルバトス・ルプスをチョイス。機体の各部に複雑な曲線がたくさん入った、少しチャレンジしたデザインというのもポイントということでした。

tekketsu_20160925_06

 

座談会の後は、ガンプラスペシャルカラーリング企画のコーナーに。ここでは、キャストのみなさんがアレンジしたオリジナルカラーのMSを発表。
内匠さんは、ガンダム・グシオンリベイクフルシティを担当。名古屋出身ということもあり、鯱をイメージしたゴールドメッキと黒を基調としたデザイン。また、スクリーンには写されていなかったのですが、後ろ側にローマ字で名前を入れているのもポイントとのことでした。

tekketsu_20160925_07

▲内匠さんデザインによるガンダム・グシオンリベイクフルシティ。

 

一方村田さんは流星号をレイボーカラーでデザイン。その斬新過ぎるカラーリングに、ステージ上だけでなく会場からも驚きの声が挙がっていました。また、刑部さんからは「アメダスみたいな感じですね(笑)」というコメントも飛び出しました。

tekketsu_20160925_08

▲村田さんデザインによる流星号。

 

このほかにも、当日会場には来れなかったジェリエッタ・ジュリス役M・A・Oさんと三日月・オーガス役河西健吾さんのデザインも発表。M・A・Oさんのデザインについては、海老川さんから「ほんとにきれい。ピンクを少し抑えれば本編で使ってもいいのでは?」とかなりの高評価となっていました。また、河西さんは悪魔の名前がついたMSらしく禍々しさをコンセプトにデザインしたとのことです。

tekketsu_20160925_09

▲M・A・Oさんデザインによるレギンレイズ。

 

tekketsu_20160925_10

▲河西健吾さんデザインによるガンダム・バルバトスルプス。

 

さらに、この4体のカラーリングを実際のプラモデルで再現した作例が11月のガンプラEXPOで展示されるとのことなので、その仕上がりが楽しみですね!!

tekketsu_20160925_16

 

そしてステージの最後には、刑部さんから「1期が全部前フリになっているかというような見ごたえのあるストーリーとなっているのでお楽しみに」、海老川さんから「MSもびっくりするぐらい登場するので、そちらも注目して欲しい」、鷲尾さん「ガンダムが元気だとプラモデルなども盛り上がるので、ぜひ一緒に盛り上げて欲しい」とメカデザイナーさんたちから力強いコメントが。また、村田さんからは「1期の時から毎話ドキドキしながら収録しているので、みんな楽しみにしていてくれよな!」、内匠さんからは「みなさんの心に残る作品になっていることは間違いないと思います。デザイナー、スタッフ、キャスト全員で力を出し切って作品を作っているので、よろしくお願いします!」とまさに“鉄血”な熱いコメントが飛び出し、大盛り上がりの中ステージは幕を閉じました。

tekketsu_20160925_11 tekketsu_20160925_12

 

「2016 第56回全日本模型ホビーショー」では、このほかにも各社のブースで注目アイテムが多数展示されています。それらの情報も別記事でご紹介しますので、下記リンク先のまとめページからチェックしてくださいね!

 

⇒2016第56回全日本模型ホビーショー速報レポート(まとめ)

 

関連情報

 

2016年9月25日(日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • main
  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop
  • ec
  • I201710SRWOGSG_i