電撃ガンプラ王2015

電撃ホビーマガジン
電撃ガンプラ王決定戦2013 上位入賞作品を大公開!

 
過去最高の応募総数1,161作品が集まった「電撃ガンプラ王2015」。その頂点に立つ「第17代電撃ガンプラ王」がついに決定! さらに、惜しくも「電撃ガンプラ王」は逃したものの、上位入賞を果たした力作たちを大発表します!
 

 

 

第17代電撃ガンプラ王 オープン部門1位 賞金25万円(電撃ガンプラ王20万円+オープン部門1位5万円)作品名:Jeanne D'arc 作:フミトシぱぱ

作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像

■受賞コメント
この度の受賞、誠に光栄です。不器用で大きいものしか作れず、ラジコン、モデルガン、1コインショップの雑貨などを使い、自身の思い描くままに仕上げました。この喜びは私のガンプラ制作を応援してくれた我が子達、妻と分かち合いたいと思います。ありがとうございました。

 

 

 
オープン部門

オープン部門2位 賞金3万円 作品名:MS-06 F-2 作:はらペコ ブッチ

作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像

■受賞コメント
この度はガンプラ王オープン部門2位という栄誉をいただきまして誠にありがとうございます。自分自身まだまだ未熟なところが多々あり、精進しなくてはならないと思っております。
次こそはガンプラ王になれるよう、模型道を突き進んでいきたいと思っております。ガンプラ万歳!!

 
 

オープン部門3位 読者投票賞 賞金4万円(オープン部門3位1万円+読者投票賞3万円) 作品名:『アムロ最後の機体』 作:マーベリック

作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像
作品画像

■受賞コメント
持てる力全てを注ぎガンプラ王を目指していましたので、結果の通知に一度は肩を落としました。しかし、自己満足に終始し『魅せる努力』を怠っていたのでは?と考え至り、3位と言う高評価をいただけたことの重みを実感し今後一層の研鑽を自分に誓いました。読者投票賞は、趣味趣向も異なりガンプラを愛する多くの皆様の声をダイレクトに感じることが出来る特別な賞。それゆえに受賞できた喜びと感動はこの上なく涙となり溢れました。投票・応援して下さった皆様本当にありがとうございました!

 

 

 
中学生部門

中学生部門1位 賞金3万円 作品名:ありがとう…エクシア 作:COO

作品画像
作品画像
作品画像
作品画像

■受賞コメント
ありがとうございます。一位の連絡が来て、とても驚きました。
自分が思い描いたシーンを形にできたことに満足しています。パイロットの塗装やジオラマの作成など初めての作業で、特にパイロットの細かい塗装に苦労しました。
これからもっと技術を磨き、沢山の作品を作っていきたいと思います。支えてくれました周りの皆様、ありがとうございました。

 
 

中学生部門2位 賞金2万円 作品名:ザクⅠ ガイア機 作:田村 敬士郎

作品画像
作品画像

■受賞コメント
初めての中学生部門で、自分の大好きな旧ザクで2位になれてうれしいです。また、審査員のみなさんにぼくの作品を選んでいただき本当にうれしいです。ありがとうございました。
中学生になって、クラブや勉強で忙しくなり、作業できる時間が少なくなってしまいましたが、今回の受賞でこれからもがんばってプラモデルを作り続けていこうと思いました。

 
 

中学生部門3位 賞金1万円 作品名:come on! 作:デュオ

作品画像
作品画像

■受賞コメント
知らせを聞いたときは、喜びのあまり発狂してしまいました。中学生になって、毎年一次審査止まりで、今回はついに三位をとれてとても嬉しいです。
今回の作品の製作にあたって、応援してくれた美術部のみんな、家族、ありがとうございました。
しかし、自分の作品もまだまだ未熟なので、これからも技術の向上に努めたいです。

 

 

 
小学生部門

小学生部門1位 アスキー・メディアワークス賞 賞金1万5千円+単行本授与 作品名:帰還 作:畑 めい

作品画像
作品画像
作品画像
作品画像

■受賞コメント
小学生最後の年に小学生部門1位になれて嬉しいです。また、アスキー・メディアワークス賞にも選んでいただいてまたまた嬉しいです! 今回のジオラマは宇宙らしさを出すために「浮いてる」感じを出すことに悩みました。ようやく完成だというところでガンダムが予定通り浮かなくて本当にダメかと思いました。でも、諦めずにどうやったら浮いたように見せられるか考えました。このシーンでガンダムがビームライフルを持っていてくれて本当に良かったと思います。

 
 

小学生部門2位 賞金1万円 作品名:天帝 作:ユウ

作品画像
作品画像

■受賞コメント
この度は、僕の拙い作品に選んで頂き、誠にありがとうございます。
はじめ連絡をもらったときは、「また父さんだろう」と思ったので、未だに自分のことだという実感がわきません。昨年、父がこのコンテストで受賞していたので、やっと肩を並べれるような気がします。
この作品は、昨年の作品の弱点(表面の粗さ)を補うべく、磨出しを丁寧に行いました。これからも、がんばって作っていきます。

 
 

小学生部門3位 賞金5千円 作品名:僕のZ 作:本名

作品画像
作品画像

 

 

 
チーム部門

チーム部門1位 賞金5万円 作品名:コロニー落とし 作:We are バルブド一家!

作品画像
作品画像
作品画像

■受賞コメント
この度は、このような素晴らしい賞をいただき感激しております。
今回のチーム部門参加にあたり、「今までに見たことのないジオラマを作ろう!」という考えのもと、みんなで意見を出しあい作成しました。
奥に大型のコロニーを配置し、手前にはスケールの違うキットを順に使うことで、宇宙空間の広がりと奥行きがうまく表現できたと思っております。
これからも、チームだからこそできるような、楽しい作品を作って行けるよう頑張ります。

 
 

チーム部門2位 賞金3万円 作品名:宇宙旅行 〜わしと孫〜 作:S・G・R

作品画像
作品画像

■受賞コメント
ありがとうございます!嬉しい限りです。
ストーリー作りから始め、それらが形になっていく様がとても楽しく、多くの難題もありましたが、3人で知恵を出し合い完成に至ったと感じています。タイトルの宇宙旅行から作品が読み取れるように試行錯誤しました。ワシと孫という設定も拘りです(笑)。
支えて頂きました周りの方々には心より感謝しています。
チームを代表してお礼を申し上げます。今後も作品に恥じぬよう精進致します。ぶちゃ

 
 

チーム部門3位 賞金4万円 作品名:マジカル生桑ガンダム 作:地球防衛軍

作品画像
作品画像

■受賞コメント
マジカルガーデン生桑店の店長&常連、計6名が、メガサイズガンダムを小分けして好き放題作ってきた作品です。最初は軽い気持ちで始めたはずが、なぜかこんな事に (笑)。
3位入賞報告の際、製作メンバーの方々からは「ホントに!?」と声が上がりました。ガンプラからはちょっぴり?はみ出した作品だったので、喜びというより驚きの方が大きかったみたいです。
ご来店のお客さんは展示中バカウケしてましたが(笑)。

 

 

 
審査員特別賞

バンダイ賞 単行本授与 作品名:MONSTER 作:紙ひも20号

作品画像
作品画像

■受賞コメント
このたびは、名誉あるバンダイ賞をいただきまして誠にありうございます。
今年の目標として様々なコンテストに参加させてもらい自身のレベルアップに繋がると思い努力しています。その中でも大規模なコンテストであるガンプラ王にて修行中の身に余るバンダイ賞をいただきき大変嬉しく・励みになります。
好きな物・曲・世界観など見てくださる皆様に上手に伝えられるよう今後も努力・勉強させていただきたいと思ってます。
 
■審査員コメント
作品のテーマを表現する上でイメージする世界を丸ごとカタチで表現するというのは有効なアプローチでジオラマ作品はその最たるものと考えます。
その方向性もリアルを追求するだけでは無く、ベアッガイやプチッガイといった従来のガンプラの枠に収まらないものあってこそではありますが盛り込む要素、表現方法にこだわり作り上げた本作品のようなファンタジー的な作品もある、というガンプラの多様性を改めて気づかせてくれた作品として評価しました。
(バンダイ 川口克己氏)

 
 

サンライズ賞 単行本授与 作品名:受け継ぎし者 作:CLAP

作品画像
作品画像

■受賞コメント
この度はサンライズ賞という栄誉をいただきまして、大変光栄に思います。本作品はクシャトリヤを袖付きのフラグシップ機に昇華させるイメージで製作いたしました。まさか受賞出来るとは思ってもおらず、感無量です。展示の機会をくださったボークス様、そして応援してくださった敬愛するブログ仲間の皆様には深く感謝申し上げます。今後もより良い作品作りを目指し、精進いたします。誠にありがとうございました!
 
■審査員コメント
クシャトリヤは元々美しい機体ですが、この作品をひと目拝見して、その落ち着いた色使いとスタイリッシュな造形により、機体の美しさが一段と際立って見えました。
また細部の処理も、バーニヤの一つ一つやバインダー裏のファンネル等、見えづらい点まで丁寧になされており、完成度の高い作品だと思います。
クシャトリヤが砲身の長い武装を持っているイメージは全く無かったのですが、実際持たせた姿を見るととても格好良かったです。
(サンライズ ハイエンドワークス事業部 仲市哲大氏)

 
 

MAX渡辺賞 単行本授与 作品名:百万式 作:Daichi

作品画像
作品画像

■受賞コメント
この度はMAX渡辺賞という栄誉をいただきましてありがとうございます。また、「電撃ガンプラ王2015」関係各位の皆様に感謝を申し上げます。
劇中の百万式はスタイリッシュかつ大胆な変形をする機体ですが、宇宙世紀ものとして個性を残しながらも実戦に耐えうる機体を目指して改修し、納得できる作品にすることができました。今後はガンプラをはじめ他ジャンルにも挑戦し模型の幅を広めていきたいと思います。ありがとうございました。
 
■審査員コメント
キッチリと丁寧な工作もさることながら、やはりそのカラーリングに惚れました♪
2色のブルートーンの美しさ、そして差し色のオレンジが効いています。とても上品に良いマッチング、真似したくなりますよね♪ ブロックごとに色を塗り分ける事が多いガンプラですが、こんな風にするのもオシャレですよね。 Ma.k.的なセンスももっと摂り入れてみたら、世界が拡がるんじゃないかなぁ と思わせてくれる一作です♪
(マックスファクトリー代表 MAX渡辺氏)

 
 

NAOKI賞 単行本授与 作品名:己の信じた道を貫け 作:横田ユースケ

作品画像
作品画像

■受賞コメント
何年も前から形にしたくて、でも技術が追い付かなくて、ようやく踏ん切りをつけて制作しました。本格的な複製やLED、キャリアーのフルスクラッチなど、初めての挑戦を詰め込んだ思い入れのある作品です。昨年に引き続き一番好きなガンダムシリーズで賞を受賞できたのは本当にうれしいです。来年はグランプリ目指して精進してまいります。NAOKIさん、審査員の皆様、ありがとうございました。Gガン万歳!!
 
■審査員コメント
一見した時のベースを含めた作品としてのまとまり感が非常に高く、シンプルな構成ながらも目を引く作品です。シャイニングガンダムを使ったシチュエーションとしては誰もが考える題材だとは思うのですが、「見せたいものを見せる」ための取捨選択が気持ち良く、最低限のオブジェクトで再現したいシーンを伝えることに成功していると思います。一方、寄ってみても各部の工作も丁寧で電飾も効果的。もっと情報量が欲しいかも・・・と思いつつも逆にこのシンプルさこそが良いと思える作品です。
(プロモデラー NAOKI氏)

 
 

桜井信之賞 単行本授与 作品名:AMX-103《Kraken》 〜君に薔薇薔薇…という感じ 作:行人

作品画像
作品画像

■受賞コメント
この度は名誉ある賞をいただきまして大変光栄に感じております。
上位入賞は逃しましたが、思い入れの強い機体で参加できたので存分に楽しむことができました。
今回は実物審査を見越した塗装の工夫や仕上げの丁寧さを意識して製作に取り組めましたので、これを糧にまた精進していきたいと思います。
 
■審査員コメント
工作精度、調色、つやのコントロール、ウエザリングの丁寧さ……、全てにおいて高度なテクニックと確かな知識をお持ちなのがわかる作品です。更に形状や配色にも優れたセンスを感じさせ、大変好感が持てる作品です。他の審査員でも本作品を推す人が多かったのも納得の出来栄えです。シールドと左肩に入れられたコーションカラーがグリーンの機体とマッチして良いアクセントになっているのも僕が好きなポイントです。
(プロモデラー 桜井信之氏)

 
 

月刊ガンダムエース賞 単行本授与 作品名:戦火の咆哮 作:すえぞう

作品画像
作品画像

■受賞コメント
このたびは、このような賞をいただき感謝しております。レベルが高い作品が多い中、受賞ができるとは夢にも思わず、恐縮するばかりですが、自分のやりたいことが認められたようで喜んでいます。刺激とモチベーションを与えてくれる模型仲間達、趣味を容認してくれている家族に感謝しつつ今後も模型作りを楽しんでいこうと思います。ありがとうございました。
 
■審査員コメント
ここまで完成度の高いガンダム6号機は、初めて見た気がします。
4.5号機と並べて見てみたいものです。
(月刊ガンダムエース編集部 財前智広氏)

 
 

月刊ニュータイプ賞 単行本授与 作品名:キラキラケンプファー 作:ほっぺ

作品画像
作品画像

■受賞コメント
審査員のみなさん、選んでくれてありがとうございます。応募は2回目ですが1回目はあとちょっとで落ちたので、くやしくてそのくやしさをつめた作品です。
なのでこの結果を聞いた時は、頑張って良かったなって思いました。
作品は、かわいくてカッコイイのを目指して頑張って作りました。
 
■審査員コメント
敵地奥深くに潜り込み、素早く展開して蹂躙する……というケンプファーの「強襲用モビルスーツ」というコンセプトにとらわれない、斬新なカラーリングに驚きましたが、他作品にリアル系やマット系の塗装・改造が多い中で、良い意味で目立っていて、文字通り輝いて見えました。キットに派手な改造を加えず、派手な塗装の一点突破というスタイルにも好感が持てました。さらにチェーンマインがあればもっと目立てるかもしれません。
(月刊ニュータイプ編集部 土方耕平氏)

 
 

週刊アスキー賞 単行本授与 作品名:ダリル すまねぇ 俺だけ 作:やや黒い三連星

作品画像
作品画像

■受賞コメント
チーム「やや黒い三連星」で臨んだ二度目のガンプラ王。「週刊アスキー賞」という名のジオン流星勲章に匹敵する誉れを受賞することができて、ややガイア、ややマッシュ、ややオルテガの三名、身の打ち震える思いであります! 
作品をご覧になってくださった方々が、サンダーボルトの世界観・空気感(宇宙なので空気無いですが←オイ)を少しでも感じていただけたら嬉しいです。 ジイイイク ジオオオオォン!
 
■審査員コメント
週アス賞として選ばせていただいたのは、『HG 1/144ザクⅠ(サンダーボルト版)』などを使い、コミック『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の1シーンをジオラマにしたこの作品。チーム部門に応募していただいたこちらの製作チームやや黒い三連星のメンバーは、SNSで知り合った仲間とのこと。それぞれが栃木・京都・岐阜にお住まいで、打ち合わせにはLINEを駆使したとのこと。これぞネット時代の共同モデリング! いいすねぇ。
(週刊アスキー編集部 赤澤賢一郎氏)

 
 

電撃ホビーウェブ賞 単行本授与 作品名:RGM-111 HARDYGUN 作:おか(VS09小隊)

作品画像
作品画像

■受賞コメント
この度は、素晴らしい賞をいただきありがとうございました。個人的に、大好きなハーディガンで賞を取れた事を嬉しく思います。とにかく出来る限りの愛と情熱を込めた作品でしたので評価されて嬉しいです! 愛が強すぎて技術が足りなかった……という箇所もありますが(汗)。
でも……出来れば……雑誌で見たかった。。。休刊が残念でなりません。。。
ともあれ、受賞出来て嬉しかったです!今後とも模型サークルの仲間と共に模型を楽しんでいきたいと思っております。また来年があると信じて精進します(凸)ノ
 
■審査員コメント
とにかく「ハーディガン愛」が伝わってくる一作。当時のキットとMG「クロスボーン・ガンダム」を違和感なく組み合わせた上で、さらにヒロイックなスタイルに仕上げてあります。ディスプレイ方法も含めモデラーの「見せたいイメージ」がバシバシと伝わってくる作品です。
(電撃ホビーウェブ編集部 小荒井孝典氏)

 

 

 
総評
 

川口克己氏(バンダイ ホビー事業部)
普段作っているガンプラとコンテストに向けて作るガンプラを作り分けて楽しむ指向がガンプラを素材として自分がイメージする作品を作り上げるというオリジナリティの表現と相まって、特定の指向に偏ることなく様々な方向性の作品が寄せられた印象を受けるガンプラ王でした。
コンテストに限らずネットや展示会など、作品を他人に見せる機会が増えている中で自分のこだわりどころをどう見せるのかという点を意識した”作品”作りを楽しむというのもアリだと思います。
 
仲市哲大氏(サンライズ ハイエンドワークス事業部 ガンダム課)
今年も珠玉の作品を数々拝見させていただき、ありがとうございました。どの部門も力作揃いで、とても楽しく審査させていただきました。オープン部門の技量の高さは言うまでもありませんが、近年は小・中学生部門やチーム部門で参加される皆様のクオリティが非常に高くなってきており、特に今年はその事が実感させられる作品が多かったように思います。来年も皆様の愛が大いにこもった作品を拝見できることを期待しております。
 
MAX渡辺氏(マックスファクトリー代表)
大真面目なミリタリーテイスト、精緻な工作、思わずフッと笑みが溢れるポエミー作品、アートオブジェ系……実に様々な取組みの作品が一堂に会して、目移りしきりの愉しいコンテストでした。
ガンプラは何でも許してしまう懐の深い世界だなあと再認識。久しぶりにガンプラ魂に火がついたのでガッツリ腰を据えて作ってみようかなぁ、なんて思っています。
 
NAOKI氏(プロモデラー)
今回もバラエティに富んだ作品が多く、ガンプラというカテゴリーが奥深く、ユーザーそれぞれの楽しみ方があるという事をあらためて実感しました。逆に同一の審査基準で選ぶのが非常に難しく、受賞作品は最終審査に残った作品の中からそれぞれのベクトルで最も良いと思った作品とさせていただきました。
その中でも優勝作品は見せたい方向性が明確でインパクトも圧倒的でした。「ガンプラは自由」のひとつの方向性だと言えるとも思います。ただ先述のとおり回を追うごとにベクトルのまったく違う作品が集まるので、優勝するための方程式など皆無に等しい状況です。来年以降はどんな作品が集まるのか楽しみです。
 
桜井信之氏(プロモデラー)
例年にも増して今回は審査が難航いたしました。工作も塗装も非常に高度なテクニックを持った作品が多く、すぐにでもプロモデラーとして声をお掛けしたくなる作品が多かったと思います。傾向としては、アイディア勝負の作風よりも、丁寧な工作と塗装を施したスタンダードな作品が多かったと思います。
 
小荒井孝典氏(電撃ホビーウェブ編集部)
今年もたくさんのご応募、誠にありがとうございました。応募総数は過去最高の1,161作品、その中でも小・中学生や、WEBでの応募が大きく伸びており、年齢層、応募方法のうえでも、バラエティに富んだガンプラ王だったと感じています。その多様性は応募作にも色濃く現れており、ガンプラ王を受賞したフミトシぱぱさんの作品をはじめ、個々人の趣向、表現力が反映された作品が多かったように思いました。その分、選考は難航し、「ガンプラ王とはなんなのか?」の定義にまで話は及びましたが、最終的には、その「懐の深さ」「自由さ」こそがガンプラであり、それを自分なりに表現できている方に票が集まったのではないかと思います。
技術の高さに驚かされただけでなく、制作者の溢れる思いを感じることができ、コンテストの醍醐味を味わうことができました。ありがとうございました。

 

一次選考通過作品も掲載中!
厳正なる審査によって、一次選考を通過した作品たちも「電撃ガンプラ王2015」特設サイトで掲載中! 通過作品応募者には特別賞品ももれなくプレゼントされるので、お楽しみに!
特別賞品
▲特別賞品:HGBF ビルドストライクガンダム フルパッケージ 電撃ホビーマガジン クリアブルーVer.
※発送は9月下旬頃を予定しています。

 

 
 

応募要項

応募は締め切らせていただきました。

 

歴代ガンプラ王

2015年で17回を迎える「電撃ガンプラ王2015」。ここでは直近のガンプラ王をはじめ、入賞作品を紹介します。

 

 

歴代ガンプラ王

 
第16代ガンプラ王
 
第15代ガンプラ王
 
第14代ガンプラ王
 
第13代ガンプラ王

 
 

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)創通・サンライズ・テレビ東京

Garally

  • main
  • eyecatch
  • eyecatch
  • eyecatch
  • サムネ
  • eyecatch
  • eyecatch
  • eyecatch
  • N20160713GF_00i