『コメット・ルシファー』メカデザイナー×原型師対談! デザインや「GSA ガーディアン」について聞く!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

現在好評放送中のTVアニメ『コメット・ルシファー』。派手なメカアクションが電撃ホビーウェブをご覧の方にも、毎週放送を楽しみにしているという方は多いのではないでしょうか?

今回、電撃ホビーウェブでは、本作のメカデザインを担当する柳瀬敬之氏、およびグッドスマイルカンパニーから発売予定のアクションフィギュア「GSA ガーディアン」の原型を担当する柳生圭太氏に直撃取材を敢行!

 

ka_CL_201500825_001

 

長年の付き合いだというお二人に、本作に登場するガーディアンやバイペダルアーマーのデザインについて、そして開発が急ピッチで進行する「GSA ガーディアン」についてたっぷりとお話をうかがいました!

 

■『コメット・ルシファー』メカデザインについて

――  放送中にメカデザイナーさんと、それを商品化する原型師さんの対談というのは珍しいのですが、本日はよろしくお願いいたします。

 

柳瀬敬之(以下、柳瀬): よろしくお願いいたします。

 

柳生圭太(以下、柳生): よろしくお願いいたします!

 

―― それでは早速始めさせていただきます。まずは『コメット・ルシファー』という作品のメカデザインについて、うかがえればな、と。

 

ka_CL_201501116_014

▲柳生圭太(ランペイジ)…ランペイジ代表として、自社/他社問わず数多くの商業原型を手掛ける。デジタルモデリングにも造詣が深い。

 

柳生: 『コメット・ルシファー』って、発表当初はロボットが登場することを隠していたじゃないですか。最初に発表されたビジュアルにも全然メカ出ていませんし。柳瀬さんはメカデザインでクレジットされていましたけど(笑)。
(関連記事はこちら⇒新アニメ『コメット・ルシファー』10月より放送開始! 

 

ka_CL_201501116_013r

柳瀬敬之……メカデザイナー。『コメット・ルシファー』に登場するメカのデザインを担当。代表作に『機動戦士ガンダム00』、コトブキヤ『フレームアームズ』シリーズなど。

 

柳瀬:  そうですね。最初のうちはいっそ僕のクレジットも「プロップデザイン」ぐらいでいいんじゃないかな、と思っていました(笑)。なので、放送直前にキービジュアルでガーディアンが出たときに「あ、(情報を)出すんだ」って驚いたぐらい。
(関連記事⇒ 新アニメ『コメット・ルシファー』に登場する「ガーディアン」をご紹介!

 

―― そんな本作にはガーディアンとバイペダルアーマー、ふたつのメカが登場しますよね。どちらも柳瀬さんがお一人でデザインされたんですか?

 

柳瀬: 基本的に登場するメカは全部僕の担当ですね。もともとフェリアたちがメインの物語ということで、あまりロボットアニメを作っているというイメージはなかったんですけど、フタを開けてみるとすごく戦闘シーン多いんですよね(笑)。びっくりしました。

 

ka_CL_201501116_021
ka_CL_201501116_020
ka_CL_201501116_018

 

柳生: 1、2話を観たらすごく動いてましたよね(笑)。最初、第一形態のデザインを見た時に、最初にちょっと出てきて、ゴリラみたいにウホウホ言ってるだけなのかなって思ってたんですけど(笑)、全然そんなんじゃなかった。
しかし、ガーディアンって、ある意味、柳瀬さんのデザインらしくないですよね。バイペダルアーマーはすぐ柳瀬さんのデザインだな、って、わかるんですけど。

 

ka_CL_20151002_014
ka_CL_201501116_023
ka_CL_201501116_024

 

柳瀬: 僕の中ではこれも僕のデザインラインなんですけどね。あんまりそう言ってもらえないですけど(笑)。

 

―― ガーディアンとバイペダルアーマー。それぞれのデザインコンセプトを教えていただけますか?

 

ka_CL_201500825_002

▲「ガーディアン第一形態」

 

柳瀬: ガーディアンは「石の巨人」というのがコンセプトですね。最初、監督から伝えられたイメージは本当に、自然の岩が材料になっているような、ゴツゴツとしたゴーレムという感じだったんです。それよりは、より人の意思を感じさせる、「磨かれた石」の装甲を持つ騎士としたいということで、現在のガーディアンのデザインになっていきましたね。変形ギミックも最初からオファーされていました。

 

ka_CL_201501116_001

▲バイペダルアーマー「アトラック・エクエス」

 

柳瀬: 逆に、バイペダルアーマーはシンプルで、ガーディアンの「石」のイメージに対して、石を発掘する「作業機械」のイメージです。石を採掘する機械、つまり重機ですよね。その技術が発展して、作業機械兼兵器として使用されているという。実際第3話でも色違いの機体が民生品として登場したりしています。

 

ka_CL_201501116_004

▲バイペダルアーマー「エフリート」

ka_CL_201501116_003

▲バイペダルアーマー「ドゥルガー」

 

柳瀬: その中ではエフリートとドゥルガーは純粋な戦闘用なんです。基本的にバイペダルアーマーに関しては得意なデザインというか、コンセプトがしっかりしていましたから、個々のデザインはともかくとして全体のイメージはブレずにデザインできましたね。

 

ka_CL_201501116_005

▲バイペダルアーマー「ヴァロフR7」

 

柳瀬: 作業機械なので、腕部なんかもアタッチメントで接続されていて簡単に交換できるんです。ロマンのヴァロフR7は、機体はそういったバイペダルアーマーのお下がりのパーツで構成されているですね。腕とか、パーツごとに共通だったりします。武装も軍の払い下げなんですよ。

 

ka_CL_201501116_017
ka_CL_201501116_025

 

■ガーディアンについて

―― さて、柳生さんは現在制作進行中という、グッドスマイルアームズ「ガーディアン」の原型を担当されているわけですが。

 

ka_CL_201501116_027
ka_CL_201501116_026
▲「GSA ガーディアン」。ノンスケールアクションフィギュア、発売日・価格未定、原型制作:柳生圭太(ランペイジ)。発売元:グッドスマイルカンパニー。※写真は監修中の原型です。実際の商品とはことなる場合があります。

 

柳生: はい。結構早い段階から、設定や3Dデータ設計を頂いて作業を進めているんですけど、データを作っている間はどんな動きをするかわからなくて(笑)。

 

ka_CL_20151002_015

 

柳生: 今もどんな動きをしているんだろうな、って思いつつ、オンエアを確認して設計しています(笑)。さきほどの話と少しかぶりますが、第1話を見た後で、放送を見て、慌ててヒジの可動範囲を増やしたり、差し替えの手のパーツを追加したりしました。

 

―― アニメ放映と平行して設計が進んでいるんですね。

 

柳生:  第二形態についてもアニメをチェックしてます(笑)。一応、なるべく可動範囲は広く作ってはいるんですけど、決めポーズで腕とか組んじゃったらどうしよう、とか(笑)。

 

ka_CL_201501116_016

 

柳瀬:  さすがに腕組みはないと思いますけど(笑)。
メカに関してはオレンジさんがすごく頑張られていて、僕が見た絵コンテと較べるとさらに動きがよくなっていますから。第二形態になって、デザインがスマートになったら動きもスマートになるのかな、と思ったらそのままでビックリしました(笑)。デザインが変わっても動きで「あ、同じメカだ」ってわかるのは凄いなって思いますよ。

 

▲「ガーディアン第二形態」

▲「ガーディアン第二形態」

 

――  さて、立体化をすすめる柳生さんから見たガーディアンについて教えて下さい。

 

柳生: ガーディアンって、第一形態から第二形態への変形ギミックがすごく面白いんですよ。特に腕。第一形態の腕部が展開して、第二形態での翼になるんですけど、すごく面白い構造ですよね。

 

ka_CL_201501116_011

▲インタビューでは、前日に出力されたばかりというグッドスマイルカンパニーの「GSA ガーディアン」が登場。その完成度の柳瀬氏も驚いていました。

 

柳瀬:普通の羽を生やしたくなかったんですよ。第二形態に関してはタイトルに「ルシファー」って入ってるぐらいだから羽を生やそうとなりました。じゃあ第一形態のときに羽をどこに収納しよう……と考えて、第一形態の腕を変形させればいいじゃない、と。

 

柳生: 第二形態の存在を知ってから第一形態のデザインを見直すと、脇のところに第二形態の手が見えるんですよ(笑)。あと、第一形態時の腕が背中のほうにつながっていたり(笑)。見返してみると新たな発見が多いです。

 

ka_CL_201501116_007

 

柳瀬: 脇のところのあれは、悩んだんですよね……。もう少しちゃんと隠したほうが良かったかもしれないですね(笑)。あれは、大概の人が気がついたんじゃないですかね。

 

ka_CL_201501116_019

 

柳生: 気をつけて見ると、結構画面にも映っているんですよね(笑)。
……せっかくなんで第二形態のときに羽根を腕に戻して殴るとか、カッコ良さそうな気がするんですけどどうですか?

 

柳瀬: うーん……なんか、どこかで見たことがありそうな絵になりそうですけど(笑)。逆に第一形態のときに腕だけ羽根にして飛ぶというギミックは、僕から提案したことがありますよ(笑)。

 

―― さて、そんな変形ですが、GSA「ガーディアン」ではどのように再現されてるんですか?

 

柳瀬: 基本的には差し替え変形なんですよね?

 

柳生: 差し替えというか、着せ替えというか。基本的には、第一形態、第二形態それぞれにフレームがあって、それに外装を組み付けていく形になっています。最初GSCさんからは完全変形にしたい、というオファーだったんですが、検討してみたところ、出来ないことはないけど無理があるな、と(笑)。完全変形のまま進めてたら、すごくサイズが大きくなったり、とんでもなくパーツ数が多くなったりと、大変なことになっていたと思います。

 

柳瀬: 本当の意味の完全変形は、すごく凝りまくれば不可能じゃないとは思うんですけど、ただそれをやっちゃうと、第一形態の形が、劇中とは違うものになっちゃうんじゃないかな、と思うんです。オレンジさんが各形態がそれぞれ格好良くなるように、各部のバランスを調整されているので。
もともと、そこまで立体化を意識したデザインというわけじゃなかったので、商品化の話が来たときには「なんか申し訳ないな」と思いました(笑)。大変じゃないですか?

 

柳生: 今はデジタルで設計しているから大丈夫ですけど、これ3年前だったら泣いていたな……と(笑)。でも、ガーディアンは作っていて面白かったですよ。柳瀬さんのメカをいままでいくつも作ってきましたけど、その中であまり作ったことがないラインですから。
しかし、よくあの変形ギミック考えつきましたね。

 

柳瀬: 羽根の件もそうですが、最初からなんとなく頭の中では考えていたんですよ。最初の頃のラフがこちらなんですけど。

 

ka_CL_201501116_008r
コメットルシファー_ラフ03_tougou
ka_CL_201501116_010
 ▲ガーディアンのデザインラフ群。当初より体型などのイメージが大きく変わっていないことがわかる。

 

柳生: わりと最初から形はそのままですね。

 

柳瀬: はい。ただ変形を検証する段階でどうしても進まなくなってしまって。3Dで作り始めて、どんどん作りこんでいって(笑)。

 

柳生: 柳瀬さんが作ったデータを頂きましたけど、もうほぼ完成していましたよね(笑)。それを基に立体化作業を進めつつ、あとはオレンジさんのデータを見ながら細部を詰めていく、という感じでした。

 

柳瀬: 最初はモデリングまでやる予定はなかったんですけどね。モデリングはオレンジさんにお任せして、上がってきたものをチェックするはずだったんですけど。変形や可動が、紙の上で整合性を取るのが、難しくなってしまったので、参考モデルを作りました。

 

柳生: でもご自身で3Dで検証されているだけあって、柳瀬さんのデザインは立体化したときに矛盾が少ないのはすごく助かっていますね。実際に組み替えて頂くと「あ、ここの装甲が第二形態ではこうなるんだ」っていう部分が見えてくると思いますので、より設定を理解できると思います。とくに第一形態から第二形態に組み変えると、パーツの収まり方なんかがすごくよくわかると思いますね。

 

―― さて、柳生さんが、「ガーディアン」を設計する際に気をつけたポイントを教えてください。

 

柳生:  『コメット・ルシファー』に限らず、最近のメカ作品は3DCGが主流ですが、じゃあそれを貰って、そのまま出力すればいいかというと、そうじゃないんですよね。アニメ用のモデルってパーツの厚みが考慮されていないですから、どうしてもそのあたりをキチンと考える必要はあります。その中で、これまでの経験から、より立体としての「柳瀬メカっぽさ」を追求している感じですかね。
あとは、やはりアクションフィギュアなので遊びやすさという部分にも気を使っています。

 

―― といいますと?

 

柳生: 例えば第二形態の翼ですが、ここは基部は一軸での接続にしています。もちろんボールジョイントのほうが可動の自由度は高いんですが、そうなるとパーツの重さで、どうしても垂れてきてしまいますから。やっぱりパーツの強度や重さは無視できません。
可動範囲に関してもガシガシと動かして遊ぶことを考えて、極力可動範囲が広くなるように設計しています。アクションフィギュアなので、ギミックだけではなくてそういった部分も大事にしたいな、と。

 

ka_CL_201501116_012

 

■最後に

―― 最後に、電撃ホビーウェブの皆さんに一言をお願いします。

 

柳瀬:  作品全体としてはロボットアニメという感じではないかもしれない本作ですが、実はこの後も戦闘ばっかりなんですよ(笑)。これは電撃ホビーウェブさんだけでいいますけど。
あと「GSA ガーディアン」ですが、正直デザインしている段階では複雑にしすぎたかな、と思ったりもしたんですけど、こうやってしっかりと立体にして頂けるとすごく嬉しいですよね。すごくいい感じになっていますし、自分でも2個ぐらい買ってしまうかも(笑)

 

柳生: (笑)。キレイな外装部分と、メカニカルな内部構造と分かれていますので、その辺りの表現の違いも楽しめるアイテムになっています。アクションフィギュアなんでガシガシと動かして頂いて、スタンドもつきますので、ぜひカッコイイポーズで飾って欲しいですね。
そしてファンの方にはぜひ2個買っていただいて(笑)、第一形態と第二形態でそれぞれ飾っていただければと思います。

 

―― 本日はどうもありがとうございました。

 

●グッドスマイルカンパニーより「フェリア」予約受付中!
felia_20151127_01
▲本作のヒロイン、フェリアのフィギュアが同じくグッドスマイルカンパニーから登場。本日(11月27日)より予約受付開始です。関連記事はこちら

 

■BD Vol.1【特装限定版】予約受付中!

ka_CL_201501116_015

コメット・ルシファー Vol.1【特装限定版】

■Blu-ray

■価格:7,800円(税抜)

■発売日:2016年1月29日

■特典内容:

・特製ブックレット(8P)
・野村祐一×高橋裕一による描き下ろし絵本パッケージ
・エンドカードカレンダー(4月・5月)
・エンドカードカレンダー収納ケース(vol.1のみ)
・イベントチケット優先販売申込券

☆スペシャルイベント☆
日程:2016年5月1日(日)
場所:オリンパスホール八王子
URL:http://www.olympus.hall-info.jp/access/
出演:小林裕介・大橋彩香・高橋李依・寺島拓篤・諏訪彩花・水瀬いのり・fhána・TRUE

 

<DATA>

ka_CL_201501116_027
ka_CL_201501116_026

GSA  ガーディアン

■ノンスケールアクションフィギュア

■発売日・価格未定

■原型制作:柳生圭太(ランペイジ)

■発売元:グッドスマイルカンパニー

※写真は製作中の原型写真です。実際の商品とは異なる場合があります。

 

<関連情報>

『コメット・ルシファー』公式サイト

http://comet-lucifer.jp/

グッドスマイルカンパニー

http://www.goodsmile.info/

『コメット・ルシファー』フェリアがグッドスマイルカンパニーから早くも立体化!

http://hobby.dengeki.com/news/132713/

 

(C) Project Felia/「コメット・ルシファー」製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • I201704SRWVC6_i