MG V2ガンダム Ver.Kaが発売直前!その全貌が明らかに!『鉄血のオルフェンズ』からも新型モビルスーツが続々とキット化決定!【連載】ガンプラジャーナル12月号

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 

ガンプラジャーナル12月号・その2

 

ますます盛り上がりを見せる『鉄血のオルフェンズ』。ガンプラシリーズのラインナップも好調。大型アイテム「クタン参型」のほか、フレームに金属を使用した、新しいシリーズも発表されました。

 

●1/100 ハイレゾリューションモデル ガンダムバルバトス 価格:未定 2016年春発売予定

 

『鉄血のオルフェンズ』シリーズに新しいシリーズが登場。物語のキーにもなっている、ガンダム・フレームには金属が使用された完成品で、装甲部分などはランナーパーツに高級感のあるパールやメッキなどので再現される、半完成品となっています。

 

ハイブリッド001

 

ハイブリッド002

 

ハイブリッド003

 

ハイブリット004

 

ハイブリッド005

▲付属武器は太刀とバルバトス用滑空砲。滑空砲は折りたたみ機構も再現しています。

 

●1/144 HG ガンダムバルバトス&長距離輸送ブースター クタン参型 価格:5,400円 12月12日発売予定

 

モビルスーツを輸送するためのフライトユニットがHGシリーズにラインナップ。HGのガンダムバルバトスをすっぽりと覆いこむ大型のユニットです。ガンプラオリジナルギミックとして、戦闘形態にも変形可能になっています。

 

クタン参型001

 

クタン参型002

 

クタン参型005

▲一見コンパクトに見えるボディには、アームパーツなどが折りたたまれて収納されています。

 

クタン参型003

▲ガンプラオリジナルギミックとして、装着型の戦闘ユニットにも変形可能です。

 

クタン参型004

▲汎用性の高い仕様で、グレイズ改にも装着可能になっています。

 

●1/100 グレイズ(一般機/指揮官機) 価格:3,240円(税込) 12月19日発売予定

 

1/100グレイズはテストショットでの紹介となります。特徴的なプロポーションは忠実に再現され、1/144では再現されなかった、内部フレームも再現されています。

 

100グレイズ001

 

100グレイズ002

 

100グレイズ010

 

100グレイズ005

▲頭部センサーの塗り分けはシールで再現。また、基部がボールジョイントなので可動します。

 

100グレイズ006

▲腰部のシリンダーは別パーツ化され、上半身のスイングに合わせて可動します。

 

100グレイズ007

▲肩は前方向に大きくスイングさせることが可能になっています。

 

100グレイズ008

▲ライフルはショートバレルタイプも再現可能です。

 

100グレイズ009

▲パーツの差し替えにより、頭部のアンテナを装備する指揮官機も再現可能になっています。

 

100グレイズ011

ブースターは1対が付属。腰部に装着する場合と、腰部に装着する場合のそれぞれ別のパーツが用意されています。

 

100グレイズ012

▲1/100グレイズでは、内部のフレームが再現されています。

 

100グレイズ013

 

●1/100 シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)価格:3,240円(税込) 2016年1月23日発売予定

 

1/100シュヴァルベグレイズ(マクギリス機)のテストショットが公開されました。1/100グレイズで再現されたフレームは共用されていますが、シルエットはまったく異なるものになっています。

 

100シュヴァルベ001

 

100シュヴァルベ002

 

100シュヴァルベ003

▲アーム接続のバーニアは上下にスイング可動します。

 

100シュヴァルベ004

▲左腕のクローは開閉式。付属のリード線で射出状態も再現可能です。

 

100シュヴァルベ005

▲膝より下グレイズと共通ですが、異なって見える脚部のラインが興味深いところです。

 

100シュヴァルベ006

▲腰部のバインダーは腰ではなく、モモ横に接続されているため、意外に可動の妨げになりません。

 

●1/100 ガンダムグシオン(仮) 価格:5,400円(税込) 2016年2月発売予定

 

1/100スケールのガンダムグシオンの発売が決定しました。今回は形状試作での紹介となります。存在感のある野太い部分と、極端に細い部分が混在し、メリハリの利いたプロポーションになっています。

 

100 グシオン001

 

100グシオン002

 

100グシオン003

▲武器は大型ハンマーとマシンガンの付属が決定しています。

 

●1/144 HG MSオプションセット4&モビルワーカー(仮) 価格:648円 2016年2月発売予定

 

早くも第4弾となるMSオプションセット。増加ブースターと、西洋タイプのソード、新型のモビルワーカーがセットになっています。

 

オプション4001

 

●1/144 HG ガンダムキマリス 価格:1,296円(税込) 2016年1月16日発売予定

ガンダム・バルバトスとは別のガンダムとして、早くから公開されていたガンダム・キマリスのHGキットのテストショットが公開されました。装甲に隠れているフレームは大部分が共有化されており、組み立て時に同型のフレームを使用したガンダムであることを強く感じさせます。

 

キマリス001

 

キマリス002

 

キマリス003

 

キマリス006

▲胸から、フレームが露出した腹部など、ガンダム・バルバトスと共通する部分が散見できます。

 

キマリス005

▲脚部装甲が前後に開き、スラスターが露出します。脚部フレームはHGガンダムバルバトスと同様のものになっています。

 

キマリス004

▲腰後部に収納された武装は、展開し、ブレード状に変形します。

 

●1/144 HG MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカー 価格:684円 2016年1月発売予定

 

アックスなどの近接戦闘用武器が取り揃えられたオプションセット第3弾。ギミックも内蔵しています。形状とギミックの異なるアックス2本と、チョッパーがセットになっています。ギャラルホルンモビルワーカーはパーツ数も多く、密度感も高い仕上がりです。

 

オプション3001

 

オプション3002

 

オプション3005

▲アックスは延長パーツによる長短の選択式。チョッパーとショートアックスの二刀流も再現可能です。

 

オプション3004

 

オプション3006

▲先端の鉄球はチェーン接続のフレイルタイプも再現可能になっています。

 

オプション3003

▲チェーンは本物の鎖と同じく、ジャラジャラと動きます。この状態でランナーに含まれています。

 

●1/144 HG ガンダムグシオン 価格:1,296円(税込) 12月12日発売予定

 

HGガンダムグシオンがまもなく発売です。超重量級のシルエットながら可動域は広く、幅の広いポージングが可能です。また、装甲で見えなくなる部分に、ガンダム・フレームのモビルスーツであることを感じさせるパーツも散見できます。

 

グシオン001

 

グシオン002

 

 

グシオン003

 

グシオン005

▲バーニアなどはすべて別パーツで再現され、密度感の高い仕上がりになっています。

 

グシオン004

▲マシンガンはリアスカートに懸架できるようになっています。

 

グシオン006

▲武器はハンマーとライフルが付属。ハンマーの背中への懸架は追加パーツで行います。

 

●1/144 HG 百錬(アミダ機) 価格:1,296円(税込み) 12月12日発売予定

 

すでに劇中にも登場した、タービンズに所属するアミダ・アルカが搭乗する百錬です。派手なアクションシーンが印象的ですが、キットの可動域の広く、劇中のようなポージングも可能になっています。

 

百錬アミダ機001

 

百錬アミダ機002

 

百錬アミダ機005

 

百錬アミダ機004

▲一般機には付属しない、専用デザインのライフルが付属します。

 

●1/144 HG マンロディ 価格:1,080円(税込) 12月12日発売予定

 

重装甲、高機動をコンセプトとするブルワーズの主力モビルスーツ、マン・ロディがHGシリーズにラインナップ。重装甲のイメージを再現しつつ、可動域も広く確保された良キットになっています。

 

マンロディ001

 

マンロディ002

 

マンロディ003

 

 

マンロディ004

▲脚部の可動域は広く、立膝ポーズも可能です。

 

マンロディ005

▲武器は、ハンマーチョッパーとマシンガンが付属します。

 

●キャラスタンドプレート 三日月・オーガス 価格:540円 12月12日発売予定

『鉄血のオルフェンズ』のキャラクターもモチーフにしたスタンドプレートシリーズです。キャラクターカラーシートと成形品を組合せ、立体感のある切り絵のような独特の雰囲気を持つプレートになっています。

 

charastand_mikazuki2

 

●キャラスタンドプレート オルガ・イツカ 価格:540円 12月12日発売予定

 

『鉄血のオルフェンズ』の主人公、三日月・オーガスに合わせて、オルガ・イツカのスタンドプレートも同時発売。壁掛けスタンドやディスプレイスタンド、アクションベースにもなる多彩な機能持った優れものです。

 

プレートオルガ001

 

 

プレートオルガ003

▲スタンドアームは組合せにより、ガンプラ用のアクションベースとしても機能します。

 

プレートオルガ002

▲ベース部のパーツ構成はこのようになっています。

 

次ページ>>
プレミアムバンダイでは、
サイコ・フレームがグリーンで再現された
PG ユニコーンガンダム(最終決戦Ver.)が
申し込み大好評受付中!この機会をお見逃しなく!

 

<関連情報>
プレミアムバンダイ ホビーオンラインショップ
http://bandai-hobby.net/site/onlineshop.html

 

(c)創通・サンライズ

(c)創通・サンライズ・テレビ東京

(c)創通・サンライズ・MBS

1 2 3

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

関連記事

オススメ記事

Garally

  • main
  • n20161101mg_00i
  • ec
  • ec02
  • quesq_naka2_main
  • ec
  • ec
  • eyecatch