ワンフェス2016[冬]電ホビブースにも展示予定!! ROBOT魂ネオファムの彩色試作品を撮り下ろしで紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

01r

電撃ロボラボPLUSにて、たびたび開発進捗状況を紹介してきたROBOT魂〈SIDE RV〉ネオファム。つい先日、いよいよ魂ウェブ商店での受注がスタートしました! 今回はその商品仕様を、彩色試作の撮り下ろし写真と共に紹介していきます!

 

※コチラの記事も併せてご覧ください。
『銀河漂流バイファム』よりRVネオファムについての考察 【連載】電撃ロボラボPLUS Vol.10 

 

_MG_2258

この試作品はまだ関節等がデリケートな作りのため、アクション要素については成形品が出てからあらためての紹介を想定しております。今回はシルエット、ディテールをよく見ていただき、予約の参考にしていただければと。

 

スタイリング、ディテールに関しては、これまでのロボラボ記事にて取り上げているような形で、バイファムと同様にロボラボにおける考証結果を取り入れたものとなっています。バイファムと比べ、全体的に太くマッシヴさのある形状が絶妙なバランスで立体化されています。

 

_MG_2268

_MG_2273

▲前後、サイドからのショット。大柄でスッキリした面構成、いかつさを演出トゲトゲ感と機体の特徴を捉えたスタイリングを押さえた造形となっています。 ※写真は試作品につき、実際の商品とは異なります。

 

_MG_2279

_MG_2286

_MG_2277

_MG_2284

▲ポッド部分のギミックは設定通りに再現。各部ディテールは海老川兼武氏がチェックし、ギリギリまで加えた要素までを細かくフォローしています。

 

_MG_2301

_MG_2292

▲付属オプションとして、おなじみのスリング・パニアーに盾はもちろん、ツイン・ムーバーもセット。様々なシチュエーション再現が楽しめる至れり尽くせりなボリュームある内容が嬉しいところ。発売中のバイファム〈ツイン・ムーバー装備型〉と組み合わせれば、編隊飛行や小隊の再現など楽しみもよりいっそう広がりますよ。

 

_MG_2305

▲バランス、形状共にグッドな仕上がりのスリング・パニアー。ここに到達するまでの紆余曲折はロボラボ記事での監修の様子をご覧ください。

 

_MG_2290

▲ツイン・ムーバーはバイファムと接続方式が異なるため、こちらも専用パーツを新規造形となっています。

 

 

ただいまこの試作品は、魂ネイションズ秋葉原ショールームにて展示中。また、2月7日に開催となるワンダーフェスティバル2016[冬]の電撃ホビーウェブブースでも展示します。お近くに寄られる際は、ぜひとも間近でチェックしてみてくださいね!

 

※ワンフェスの詳細はまとめページをご覧ください。

⇒ワンダーフェスティバル(ワンフェス)2016冬(まとめ)

 

 

<DATA>
ROBOT魂<SIDE RV>ネオファム
【銀河漂流バイファム】
■ノンスケールアクションフィギュア
■全高約125mm
■発売元:バンダイコレクターズ事業部
■セット内容:本体/交換用手首左右各3種/スリング・パ二アー/ツインムーバー/コックピットポッド/ビームガン/盾
■価格:8,424円(税込)
■2016年7月発送予定

 

<関連情報>
魂ウェブ商店|プレミアムバンダイ

ROBOT魂 <SIDE RV>ネオファム スペシャルページ

(C)サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • I201705LAKB2_i
  • ec
  • ec
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA