シリーズ第2弾の武装がついに全公開!気になるあの武装が意味するものとは…!?【電撃デスクトップアーミー通信No.010】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

毎月第2、第4水曜日にデスクトップアーミーの最新情報をお伝えする「電撃デスクトップアーミー通信」。
第10回となる今回は、たにめそ氏がデザインするシリーズ第2弾“H-819s クロム”シリーズの最新武装の設定画を本邦初公開! 気になる仕様盛りだくさんの武装となっていますよ!

 

⇒電撃デスクトップアーミー通信 まとめページ

 

Bernard

ヘッドセット部分とヒール部分にはミサイルポッドが装着し、砲撃装甲を中心とした武装で構成された“Bernard(バーナード)”。両腕にはシールドガンを備えている姿ですが、なんといっても気になるのはその両膝についた半円状のパーツ…。左側に描かれた線画では合体してタイヤの上な形状になることが示唆されていますが、これが示す意味とは一体…。

desktop_army_20160413_01

 

Basset

クロム小隊の中では索敵を担当する“Basset(バセット)”。左肩のライフルセンサーと、右手に持つライフルに付いたセンサーユニットによって敵地潜入で索敵を行います。索敵中の襲撃にも耐えうるような少し大きめの膝の装甲もポイントですが、後頭部のカバーを外すとタイヤのようなパーツがあるのも気になりますね。

desktop_army_20160413_02

 

 

さて、今回紹介した2体で“H-819s クロム”シリーズの機体は全種紹介となります。最後の2体になって突如登場したタイヤのパーツ。これを見て察しのいい人はどのような遊びができるか気付いたかもしれませんね(笑)。実は、このタイヤパーツが“H-819s クロム”シリーズの重要なポイントとなっているのですが、その詳細についてはまた改めてご紹介していきますので、引き続き続報をお楽しみに!

 

【今回ご紹介した2体以外のデザインはこちら】

>>“H-819s クロム”HUSKY、DOBELL

>>“H-819s クロム”BOXER、GREY

 

DATA

デスクトップアーミー H-819s 「クロム」シリーズ

  • PVC製塗装済可動フィギュア
  • 1/1スケール
  • 全高:約8センチ
  • 素体デザイン:たにめそ
  • 発売元:メガハウス
  • 価格未定
  • 発売時期未定

 

※次回更新は4月27日(水)です。

 

関連情報

 

電撃ホビーウェブ関連記事

 

(C) MegaHouse


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201706SCYSK_i
  • I201706SCYAU_i
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • main2
  • main
  • eye
  • ec
  • I201706BTAN_i2