ネオファム3体揃い踏み!ネオファムバリエーションを作例で堪能せよ【連載】電撃ロボラボPLUS Vol.17

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

robo

 

ROBOTlabo_17_01

 

 

TVアニメ『銀河漂流バイファム』に登場したラウンドバー二アンについて考証し、そのバリエーション機について話を進めてきた本連載。今回はネオファムバリエーションを追ってきた連載の集大成として、これまで立体作例をお披露目してきた後期性能向上型ネオファム、地上改修型ネオファムをスタジオでの撮り下ろし写真でお届けします。NAOKIさんによる渾身のネオファム作例2種、あらためてその魅力を隅々までご覧いただければ幸いです。

 

※これまでのバックナンバーも併せてご覧ください。

電撃ロボラボまとめページはコチラ

 

後期性能向上型ネオファム

 

ROBOTlabo_17_02

 

バイファムの生産後~トゥランファムの配備期あたりにネオファムをアップデートしたバリエーションモデルということで考証が進められたのが、後期性能向上型ネオファム。
作例はROBOT魂 ネオファムをベースに、頭部やバックパックなどの追加パーツを新たに作り起こして製作しています。

 

ROBOTlabo_17_03 ROBOTlabo_17_04 ROBOTlabo_17_05 ROBOTlabo_17_06

頭部はROBOT魂のパーツにポリエステルパテ(以後:ポリパテ)を使用して大きく形状を変更しています。

 

ROBOTlabo_17_07 ROBOTlabo_17_08

背面ユニット部はバイファム(ツインムーバー装備)のパーツを使いつつ。
プラ材やポリパテを使って画稿のラインに仕上げています。

 

ROBOTlabo_17_09 ROBOTlabo_17_10

ヒジ関節形状やふくらはぎの増設バーニアなどのディテール変更部分も徹頭徹尾再現しています。

 

地上改修型ネオファム

 

ROBOTlabo_17_011

 

本編設定、各種資料においても存在が明記されており、ファンからの存在の認知度は高い地上型ネオファム。それより派生したバリエーション機として考証されたのが地上改修型ネオファムです。作例はROBOT魂 ネオファムの細かなディテール変更、シールドや武装といった追加パーツを作り起こして製作しています。

 

ROBOTlabo_17_12 ROBOTlabo_17_13 ROBOTlabo_17_14 ROBOTlabo_17_15 ROBOTlabo_17_16

頭部はアンテナをディルファムと同様のツインタイプに作り変えています。
本体各部の姿勢制御バーニアは、地上用ということでカバーに覆われたディテールに。

 

ROBOTlabo_17_17

バックパック部分はバーニアを小型のタイプに変更しています。

 

ROBOTlabo_17_18 ROBOTlabo_17_19 ROBOTlabo_17_20

ディルファム型のシールド、ロケットランチャータイプの武装は新造した部分で、
シールド裏、マウントパーツのディテールも精緻に再現しています。

 

ROBOTlabo_17_21

通常のネオファムと揃い踏み。基本部分は同系ながら、細部や色の変化で三様の個性が現れています。

 

※ROBOT魂ネオファムは試作サンプル品です。

 

今回はROBOT魂ネオファムをベースにした改造作例をクローズアップしてお届けしましたが、いかがだったでしょうか? 次回更新では、新たなRVバリエーションが!? ホットな話題を中心に進める予定です。

 


 

<ROBOT魂担当コメント>

こんにちはオカモトです!

 

後期性能向上型と地上改修型、同じネオファムをベースにした両機ですが、基本は同じなのに運用思想の違いでこうも雰囲気が変わるものなのだな~と、作例を見ることであらためて感じました。
両機体のディテールに目を凝らすと、特徴的な変更箇所だけではなく細かい部分にも互いの個性の違いが実感できて、立体物の説得力を感じています。
ROBOT魂ネオファム、バイファムも並べてみると、両機体の個性、開発思想の違いなどがより実感できると思います。ぜひ、お手元に届いた際に確かめていただきたいところです!

 

それでは、次回をお楽しみに!!

 


 

次回「電撃ロボラボPLUS」は、2016年5月13日更新予定です!

 

⇒電撃ロボラボまとめページ

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec
  • 01catch