【FMO】リボルミニ第1弾! ソリッド・スネーク&キン肉マン製品サンプルレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

【フィギュアマニアックスオンライン】海洋堂が贈る、山口勝久氏の原型による新シリーズ「マイクロヤマグチ リボルミニ」。7月25日に発売となる第1弾2体の製品サンプルで、その可動の実力をチェック!

 

リボルミニは全高約11センチとコンパクトで、価格もリーズナブルな可動フィギュアシリーズ。お店では、このピンクのパッケージが目印になりますよ。

20140717_001

 

 

 

 

全身の関節には各部専用に新規開発された可動ジョイントを使用。可動ジョイントの両端軸にボールジョイントを併用するなどの工夫により、ミニサイズでもリボルテックシリーズをさらに上回る可動性を実現しています。

20140717_002

 

 

 

 

No.001は『メタルギアソリッド』より、主役のソリッド・スネーク! シャドー・モセス島でのゲノム兵蜂起事件で活躍した際の、若々しい姿を再現しています。

20140717_003

 

 

 

 

股関節部のベルトには軟質素材が使用されていて、しゃがみポーズなどでも可動を妨げません。

20140717_004

 

 

 

 

CQCのポーズもこのとおり! なお、リボルミニ第5弾には彼との戦いを求めて現れたサイボーグ忍者もラインナップされています。魂のぶつかり合う格闘戦を再現できますよ!

20140717_005 20140717_006

 

 

 

武器を持たない潜入任務でもこれだけは手放さない、煙草を持った手でのシブいしぐさも決まります! このミニサイズながら、なんと眼球の可動ギミックまで搭載しているのですよ。

20140717_007

 

 

 

 

外した顔パーツの裏側から、付属の専用ピックを眼球裏の穴に差し込んで動かします。スネークの目はわずか数ミリのサイズなので、思い通りに表情をつけるのはなかなか骨が折れますが(笑)。あまり力を入れず、慎重に動かしましょう。

20140717_008

 

 

 

 

 

ちょっとしたコツとしては、横に視線を振るときもあまり黒目を端に寄せないように心掛けましょう。

20140717_009

 

 

 

 

 

黒目が目の上ラインに少し隠れるぐらいにすると、シリアスな雰囲気が出せます。構えた銃の先を睨む表情もこの通りビシッと!

20140717_010

 

 

 

 

というわけで、ゲーム中に登場した武装もいろいろと付属しています。まずは最も多用するサプレッサー付きのハンドガンと、アサルトライフル。

20140717_011 20140717_012

 

 

 

 

太ももに装着したホルスターは、ハンドガンを収納した状態と空の状態を付け替えることができます。

20140717_013 20140717_014

 

 

 

 

どちらの銃もしっかり両手で構えることができるのは、腕を身体の正面に回すことができる山口勝久氏独自の肩可動ならではですね。

20140717_015 20140717_016

 

 

 

 

さらには、対人地雷や双眼鏡といった、当時としては『メタルギア』シリーズならではだった装備も付属。

20140717_017 20140717_018

 

 

 

 

さらには匍匐ポーズだってバッチリ決まる! コンパクトなリボルミニだから、あなたのデスクトップの片隅でも存分にスニーキングミッションを楽しむことができますよ。

20140717_019

 

 

 

 

次ページでは、必殺技の数々も決められるキン肉マンをご紹介!

1 2

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • eye
  • BFP_you_171021_main
  • main
  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop