ラウンド・バーニアン・バリエーション大集合!撮り下ろし写真で作例を振り返る!!【連載】電撃ロボラボPLUS Vol.24

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

robo

 

rvv02

 

今回はこれまでのRVV(ラウンド・バーニアン・バリエーション)企画のおさらいとして、連載と連動して作り起こされたROBOT魂改造作例を再掲載します! 前回披露したトゥランファムバリエーション「重換装スリング・パニアー付きトゥランファム」作例やバイファムカラーバリエーションのスタジオ写真を中心に、RVV作例群を振り返っていきます。

 

※これまでのバックナンバーも併せてご覧ください。

 


重換装スリング・パニアー付きトゥランファム作例(作●NAOKI)

 

rvv03

 

rvv04

大型化されたオプションユニットが特徴の重換装スリング・パニアー付きトゥランファム。本体は盾装備を除いて通常タイプと同じなのですが、カラー変更もあって雰囲気が大きく変わっているような印象を受けます。

 

rvv07

 

rvv06

 

rvv05

重換装スリング・パニアーはこのように上方にも展開できる作りです。取り付けは通常のスリング・パニアーと同じマウント部分を使用します。

 

バイファムカラーバリエーション作例(作●NAOKI)

rvv08a

 

rvv09

NAOKIさんにより、トゥランファムと同じ配色にリペイントされたバイファム。今回はスリング・パニアーをたたんだ状態にしてみました。

 

rvv10

通常カラーとの比較。渋いトーンのカラーリングがいっそうミリタリー感を高めています。

 

 

トゥランファムとバイファムの作例詳細は前回記事も併せてご覧ください。

 

 

 

ネオファムバリエーション作例(作●NAOKI)

rvv11

後期性能向上型ネオファム(左)、地上改修型ネオファム(中)、ネオファム(右)のスリーショット。このように並べて比較することで、ネオファムバリエーションの変更点がより実感できます。

 

ネオファムバリエーションの作例詳細は過去記事も併せてご覧ください。

 

 

今回はこれまでのROBOT魂改造作例にスポットを当ててお届けしましたが、いかがだったでしょうか? 次回更新では『銀河漂流バイファム』の世界観が広がるような、ちょっと趣向を凝らした企画を準備していますので、お楽しみに!

 

 


<ROBOT魂担当コメント>

こんにちは! オカモトです!

 

今回はNAOKIさんによるRVV作例が勢ぞろい、いや~壮観です!!! あらためて立体物で武装やカラーリングの違いを比べてみることで、機体毎の設計思想や運用環境の差異などが強く感じられ、とても興味深いですね~! この機体はなぜ作られたのか? どんな乗り手と、どんな戦場を潜り抜けてきたのか……など、自ずと想像が膨らんで頬が緩んできます。さて、話は変わりまして、ROBOT魂<SIDE RV〉トゥランファムはおかげさまで好調な受注結果となりました! 内容に満足していただけるように、ギリギリまで開発調整を行っています。ご期待ください!
 

 

次回予告にあった「ちょっと趣向を凝らした企画」とはいったい何なのか!? 私も非常に気になりますね~。う~ん、きっと何かスゴいことが……!?


 

⇒電撃ロボラボまとめページ

 

 

関連情報

 

(C)サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec
  • 01catch