【お値段98万円】歌って踊れるロボットアイドル「高坂ここな」が登場!イベント派遣もこなします!【動画あり】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

世界初の歌って踊れるロボットアイドル「高坂ここな」が登場! 従来のロボットでは不可能だった、34軸の関節自由度による高度で繊細な動きを可能としています。2017年2月8日(水)より受注を開始し、価格は税別98万円です。

 

 

ロボットアイドル「高坂ここな」を生み出したのは、大学や企業の研究・業務用ロボットプラットフォームならびにロボットそのものを提供するスピーシーズ。マンガや写真(※)などの外観イメージから、オリジナルのロボットアイドルを誕生させることができる「モーションフィギュアープロダクション」というプロジェクトの一環で、「高坂ここな」はその登録アイドル第1号とのことです。

※著作権のあるキャラクターの場合、著作権者の許可を事前にお取りください。

 

 

「モーションフィギュアープロダクション」ではファンからの投票や支持の多いキャラクターを選び、クラウドファンディングで資金調達を行った上で新たなロボットアイドルを順次“育成”するとのこと。そのアイドルを出資者とのファンミーティングや、ほかの一般イベントなどに派遣する予定です。育成費用は300万円(標準骨格の場合/税別)となっています。

 

 

本プロジェクトの影には、画期的なモーションフィギュアープラットフォーム「Model MOFI7 Pro」の存在があります。過去最多となる関節数34軸のダンサブルタイプモーションフィギュアで、本体を支えるステーにも4つの自由度を持たせています。手首だけで3つの自由度を持っており、今までにない繊細で柔軟な表現が可能となっただけでなく、モーター音を解消する特許技術をも盛り込んだことでスリムな外観と静かな動作音を両立しています。モーション作成においては人気の高い3DCG制作ソフト「MikuMikuDance」が使用可能であることもポイントです。

 

 

そんな「高坂ここな」は、2017年2月8日(水)から2月10日(金)にかけて東京ビッグサイトの西3-4ホールで行われる「プレミアム・インセンティブショー」にてデビューイベントを開催! 新作のダンスモーションも披露されるとのことなので、気になる方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

DATA

高坂ここな

  • 受注開始日:2017年2月8日
  • プラットフォーム型番:Model MOFI7 Pro
  • フィギュアー身長:約45cm
  • 外形寸法(おおよそ):W360×D400×H600mm
  • 外装:硬質樹脂によるフィギュアーライクな「Real 3D Skin」
  • 駆動方式:多関節両引きワイヤー駆動方式(特許取得済み)
  • 関節可動範囲:最大200度程度(部位による)
  • ホストとの接続:Wi-Fi、LANなど

 

関節自由度:34軸

  • 頭部:3軸(左右回転、左右傾き、前後傾き)
  • 腕:7軸×2本(肩回転、肩開き、上腕回転、肘、手首×3)
  • 足:5軸×2本(もも前後、もも回転、開き、膝、足首)
  • 腰:3軸(左右回転、左右傾き、前後傾き)
  • ステー:4軸

 

モーションフィギュアープラットフォーム「Model MOFI7 Pro」

  • フィギュアー部の身長約45cm
  • 繊細でスリムなフィギュアーの外観を忠実に再現
  • 外装は美しい硬質樹脂+塗装によるフィギュアーライクな「Real 3D Skin」
  • 一般の2足歩行ロボットでは実現不可能な34自由度を持つダンサブルタイプ
  • CPUとして、RaspberryPi3基板を実装(LINUX搭載)
  • MOFI-OS ver2.0搭載(PCやスマホなどからHTTPにて操作可能)
  • MikuMikuDanceにてモーション作成可能(.pmx、.vmdファイル利用)
  • 高価なサーボやCPUが搭載されたからくりユニット下部が分離可能でメンテナンス性が高い

 

 

関連情報

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • ec
  • ec
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA