ザクⅢ強行偵察型が登場!!『機動戦士Zガンダム』公式外伝「ADVANCE OF Z」藤岡建機氏描き下ろしのイラスト連載、更新!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

今回は、レジオンなどが運用したザクⅢ強行偵察型やアッシマー、キハールⅡのEWAC仕様などを中心に、偵察用MSの有用性を解説。TR計画で開発された強化パーツ「EWACユニット」とその搭載機も紹介します。これまでは機体のバリエーションのひとつであった偵察用MSが、TR計画ではあらかじめオプションパーツとして、システムに組み込まれていたことがわかります。

 

ar_ba33noteザクⅢを偵察用に改修したザクⅢ強行偵察型。これは既存機のバリエーション展開という従来の手法に倣ったものといえます。しかし、TR計画では「万能化換装システム」として、偵察用機器もオプション化を前提としていました。

 

 

AMX-011EW ザクⅢ強行偵察型

ph3301偵察仕様として改修されたザクⅢ。頭部や股間部にカメラが設置されているほか、ガンカメラを装備。バックパックには大型のレドームユニットを2基搭載するなど、極めて高い索敵性能を有します。なお、レドームを取り外して陸戦で運用されることもありました。

 

 

NRX-044 EWACアッシマー

ph3304 TR計画で開発されたEWACユニットを装備したアッシマーで、戦後も偵察・哨戒任務に投入されました。EWACユニット自体が円形のため、アッシマーのMA形態との相性もよく、空力性能を損なわないという利点も特徴でした。

 

 

ARZ-124KH2EW ガンダムTR-6[キハールⅡ]EWAC形態

ph3306キハールⅡに偵察用のレドームユニットを装備した形態。斥候としてインレに先行し、偵察するという役割を担う機体です。機体から伸びたブレードアンテナに僚機などとサイコミュ・リンクを行い、情報をリアルタイムで共有することが可能です。

 

 

今回、紹介した3機のMSは、偵察用MSの装備や機能がどのようにTR計画における発展と継承を示すものといえます。TR計画の「万能化換装システム」によるシステム化は、MSの可能性をより広げることとなりました。この偵察用以外のオプションも今後紹介していきますので、ご期待ください。

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • main
  • rev_pmoa_arisu_main
  • main02
  • ec
  • rev_dengekiya_sonico_main
  • EYE
  • ec
  • I201705AI3_i