拠点防衛用のTR-6バリエーション、ガンダムTR-6[クィンリィ]を紹介!!『機動戦士Zガンダム』公式外伝「ADVANCE OF Z」藤岡建機氏描き下ろしのイラスト連載、更新!!

更新日:2017年5月11日 12:14
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

今回はTR-6のバリエーションのひとつで、超重装形態であるガンダムTR-6[クィンリィ]を解説します。ガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラーⅡ]に2機のアドバンスド・キハールⅡを接続したこの形態は、拠点防衛用を運用コンセプトとして開発されたものです。また、ギガンティック・アーム・ユニットなどを装備した<フルアーマー形態>は、決戦兵器であるインレに代わり、戦術レベルの戦闘への投入を想定したものです。

 

ar_ba35noteどのタイプのTR計画機の組み合わせで、ガンダムTR-6[クィンリィ]になるかがひと目でわかります。また、[クィンリィ]にギガンティック・アーム・ユニットを装着することで、フルアーマー形態となります。

 

RX-124 ガンダムTR-6[クィンリィ]

phDガンダムTR-6[ウーンドウォート・ラーⅡ]の左右にアドバンス・キハールⅡを接続した形態が、この[クィンリィ]です。計5基のウエポンコンテナに搭載された各種兵装により、極めて高い攻防力を獲得。機体上部に装着されたウエポンコンテナが冠を想起させることから[クィンリィ]=女王と名付けらえました。

 

 

RX-124 ガンダムTR-6[クィンリィ]

ph10[クィンリィ]にギガンティック・アーム・ユニットを装着した形態が、このフルアーマー形態です。その威容もさることながら、機動兵器としても最上クラスの性能を有しています。本形態はインレの投入が不可能――費用対効果や政治的な影響などで、インレの投入は慎重な判断が必要――な局面で使用されます。なお、機体後部のダイダロス・ユニットは、[クィンリィ]形態でも装着可能で、陸戦に対応するための装備です。

 

TR-6系の機体には、対抗兵器や代替兵器としての側面が強いものが数多くあります。それらの多くは機動兵器としては規格外の性能を有しているこれらのMSが、どのような活躍をするのか? そして決戦兵器インレの全容も気になります。

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec
  • 01catch
  • I201710SP4_i
  • 01catch