『ポケモン』『プリキュア』をおさえ1位に輝いた“初めて観た映画”とは?アンケートで親子の映画事情が明らかに!!

更新日:2017年4月23日 14:24
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

バンダイが、小さな子どもを持つ親を対象に、映画に関する「こどもアンケート」を実施! 子どもが初めて映画を観た年齢や、初めて観た映画など、気になる集計結果が公開されました。ここでは、公開された結果と分析をご紹介します。

 

●調査対象:未就学児(3歳~6歳)と、小学1年生~小学6年生までの子どもを持つ親(子どもと一緒に回答できる人)700人

●実査期間:2017年3月4日(金)~3月6日(日)

 

 

 

昨年1年間で観た映画は平均6.9本!映画館で観た本数は平均2.3本

子どもと映画の関わり方を探るため、過去1年間のDVDやTV放送も含めた映画鑑賞状況についてバンダイが調べたところ、昨年1年間で映画を1タイトル以上観た子どもは66.8%であることが判明。また、昨年観た映画のタイトル数は平均6.9本で、そのうち映画館で観た本数は平均2.3本という結果に。3本に1本のペースで、映画館で映画を観ていることが読み取れます。

 

【昨年1年間の映画鑑賞状況】(単一回答 n=700)

昨年1年間の映画鑑賞状況

 

【昨年1年間で観た映画のタイトル数】(単一回答 n=468)

昨年1年間で観た映画のタイトル数

※昨年1年で映画を観た子どもベース

 

【昨年1年間で観た映画のタイトル数・学齢別】(単一回答 n=468)

【参考】昨年1年間で観た映画のタイトル数・学齢別

 

 

初めて映画館で観た映画は『ドラえもん』シリーズ!

子どもが初めて映画館で映画を観た年齢については、4歳(17.5%)が最も多く、次いで3歳(16.2%)、5歳(14.8%)という結果に。初めて映画館で観た映画作品については、年齢を問わず『ドラえもん』シリーズという声が最も多く、世代を超えて長く愛され続けていることがうかがえます。また、2016年の「キャラクターに関する意識調査」(バンダイ調査)で「好きなキャラクター」として上位にランクインした『それいけ!アンパンマン』シリーズや『プリキュア』シリーズなどの映画をあげる人も多く、キャラクター人気が映画作品の人気にも直結していることがわかりました。

 

【初めて映画館で映画を観た年齢】(単一回答 n=600)

初めて映画館で映画を観た年齢

※これまでに映画を観たことがある子どもベース

 

【初めて映画館で観た映画】(単一回答 n=568)

初めて観た映画TOP5

※これまでに映画館で映画を観たことがある子どもベース

 

【初めて映画館で映画を観た年齢】(単一回答 n=600)

001_※これまでに映画を観たことがある子どもベース

 

 

 

 

映画館に誰と一緒に行く?26.4%が「母のみ」、18.5%は「父のみ」

映画館で映画を観る際、誰と一緒に観るかという問に対しては、26.4%が「母のみ」、18.5%が「父のみ」と回答。「父母両方」という回答は、28.2%と僅差でトップになり、全体的に親子で観に行くことが多い結果に。学年別にみてみると、3歳~6歳(未就学児)や小学1~2年生は「父あるいは母」と観に行く割合が大きい一方で、小学3~4年生や、5~6年生(高学年)になると、「兄弟姉妹のみ」、「友人のみ」との回答が増加しました。

 

【映画館で映画を一緒に観ることが多い人・構成比】(単一回答 n=568)

映画館で映画を一緒に観ることが多い人・構成比

※これまでに映画館で映画を観たことがある子どもベース

 

●バンダイからのコメント

長期休みに合わせて毎年多くの映画が公開されますが、今回はゴールデンウィークのタイミングに合わせ、子どもと映画の関わり方を探るため「お子さまの映画に関する意識調査」を行いました。

 

昨年1年間で観た映画は上記で紹介した通りで、ゴールデンウィークや夏休み、冬休みなど、長期休みのタイミングでレクリエーションの1つとして家族で映画を観に行く子どもたちも多いのではないでしょうか。

 

親が子どもたちに観せたい映画を聞いたところ、『ドラえもん』シリーズやディズニー映画、ジブリ映画などがあがりました。理由としては、「親子2世代で楽しめるから」、「心を育む要素を持っているから」との声が多く上げられています。また、『ドラえもん』シリーズは、親自身が「子どもの頃に観た映画」という声が多くあがるとともに、子どもたちが初めて観た映画としても選ばれており、自分が懐かしさをもって再び観たいと感じる映画を、親子で楽しむ様子が想像できる結果となりました。

 

 

調査概要

お子さまの映画に関する意識調査

  • 調査目的:子どもの映画に関する意識・実態を探る
  • 調査地域:全国
  • 対象者条件:未就学児(3歳~6歳)と、小学1年生から小学6年生の子どもを持つ親 ※子どもと一緒に回答できる方
  • 調査手法:インターネット調査(協力:株式会社クロス・マーケティング)
  • 実査期間:2017年3月4日(金)~3月6日(日)
  • サンプル数:700人(構成:男子、女子とも3歳~小学6年生まで各50人)

 

 

 

関連情報

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • eye
  • I201709SP3_i
  • top4
  • top5
  • top2