『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』より、地球連邦主力戦艦「ドレッドノート」がLED発光仕様でバンダイから出撃!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2017年6月24日(土)からの第2章発進篇の劇場公開で、ますます盛り上がる『宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち』より、地球連邦艦隊の主力戦艦「ドレッドノート」がプラモデルとなりました。しかもLEDユニットで輝く豪華仕様での登場です!

 

U.N.C.F.D-0001-2202
量産型高能力武装運用システムD1 前衛航宙艦 ドレッドノート

2202_1000_dreadnaut_meinF[1]ガミラス軍のガイデロール級宇宙戦艦の基本構造を元として開発された地球連邦の新造艦。新型波動エンジンと拡散波動砲を搭載し、復興後の「波動砲艦隊構想」の中核を担います。旧シリーズでは「主力戦艦」の名称で親しまれました。

 

2202_1000_dreadnaut_cut01[1] 2202_1000_dreadnaut_meinR[1]艦体の地球連邦航宙艦隊のエンブレムや艦名などは水転写式デカールで再現されます。先に発売された「アンドロメダ ムービーエフェクトVer.」や「ゆうなぎ艦隊セット」などと同スケールなので、並べて艦隊を編成すれば、地球連邦航宙艦隊の威容を再現できます!

 

2202_1000_dreadnaut_4men_front[1] 2202_1000_dreadnaut_4men_side[1] 2202_1000_dreadnaut_4men_top[1]「対空パルスレーザー」や「四連装対艦グレネード投射機」、「短魚雷発射管」など多彩な武装を搭載したデザインを精密に再現。艦橋や艦尾の次元波動エンジンにはクリアパーツが採用され、質感を高めます。

 

2202_1000_dreadnaut_cut04[1]主砲の「30.5センチ三連装収束圧縮型衝撃波砲塔」は左右に回転。砲身はそれぞれ独立して上下に可動し、射角をつけられます。

 

2202_1000_dreadnaut_meinF[1] 2202_1000_dreadnaut_parts[1]艦載機として新規造形の「コスモタイガーⅡ(雷撃型三座タイプ)」が4機付属。付属のディスプレイベースに展示することができます。

 

2202_1000_dreadnaut_light01[1]同梱のLEDユニット(緑)で艦橋部の発光を再現。

 

2202_1000_dreadnaut_light02[1]同梱のLEDユニット(青)で波動砲の発光を再現できます。

 

2202_1000_dreadnaut_light03[1]さらに別売りの発光ユニット(白)を組み込めば、エンジンとサブユニットの発光を再現できます。
※画像はクリアパーツを塗装したイメージです。

 

fg[1]こちらは未塗装状態。成形色とシールで商品を組み立てるだけでほぼ設定通りの色分けに仕上がります。

 

1_1000_dreadnaut_pkg[1]

 

DATA

宇宙戦艦ヤマト2202
1/1000 地球連邦主力戦艦ドレッドノート級ドレッドノート

  • プラモデル
  • 1/1000スケール
  • サイズ:全長約25センチ
  • 発売中
  • 価格:4,860円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

※写真は開発中のサンプルです。実際の商品とは一部異なる場合があります。
※画像の完成品は塗装してあります。

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201712XBM1_i
  • I201712SP6_i
  • 2017as1ps1hf (1)
  • 2017gar12upa9k2 (2)
  • xbase_171208_main
  • mari_bfp_main
  • I201710SP5_i
  • xbase_1711_main