電撃ホビーマガジン1月号はガンプラ「ビルドバーニングガンダムヘッドディスプレイベース」付き

更新日:2014年11月18日 12:38
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

電撃ホビーマガジン創刊16周年特別ガンプラ付録「ビルドバーニングガンダムヘッドディスプレイベース」。発売を目前に控え、本誌12月号で掲載した塗装見本を公開します。この塗装見本は、本誌11月号にて紹介したテストショットに塗装を施したものです。

 

製作は人首猛によるもので、パーツの接着面を丁寧に処理、マスキング塗装で仕上げています。スケールは1/48、全高約150ミリにもなる大ボリュームキット。「電撃ホビーマガジン2015年1月号」の発売(2014年11月25日)を、どうぞお楽しみに!

 

bbg01
bbg02

 

キットは単色成形のため、劇中のカラーリングを再現するためには塗装が必須となります。ただし白い成形色なので、成形色を活かしての部分塗装も可能。また下地を作る必要もないので、そのまま塗料で着色していくこともできます。もちろん、接着剤不要のスナップフィットモデルで、パーツの合わせ目もほぼ露出しません。まさに初級から上級者まで、すべてのガンプラファンに楽しんでいただける仕様となっています。

 

FRONTVIEW
RIGHTSIDEVIEW
REAR_VIEW

 

HG「ビルドバーニングガンダム」(製作:VAN)をセット。「ビルドバーニングガンダム」に多彩なアクションポーズを取らせて飾ってみましょう。もちろん、HG「パワードジムカーディガン」や「ライトニングガンダム」など、チーム・トライファイターズのメンバーを飾るっても良さそう!

HG「ビルドバーニングガンダム」(製作:VAN)をセット。「ビルドバーニングガンダム」に多彩なアクションポーズを取らせて飾ってみましょう。もちろん、HG「パワードジムカーディガン」や「ライトニングガンダム」など、チーム・トライファイターズのメンバーを飾っても良さそう!

 

頭部。アンテナはギリギリまでシャープに成形されていて、尖らせるなどの加工をしなくても写真のような仕上がりになります。

頭部。アンテナはギリギリまでシャープに成形されていて、尖らせるなどの加工をしなくても写真のような仕上がりになります。

 

本キットオリジナルのディテールが楽しめるベース部分。

本キットオリジナルのディテールが楽しめるベース部分。

 

素組みとのツ―ショット。成形色は下地処理が必要のない白となっていて、塗装も楽に行えます。全高は約150ミリ。

素組みとのツ―ショット。成形色は下地処理が必要のない白となっていて、塗装も楽に行えます。全高は約150ミリ。

 

前号でも掲載したランナー状態。本誌とほぼ同サイズの大ボリュームです。

前号でも掲載したランナー状態。本誌とほぼ同サイズの大ボリュームです。

 

「電撃ホビーマガジン2015年1月号」では、このガンプラ付録を使った作例も掲載予定。先にHG「ガンダムビルドファイターズトライ」キットを購入して、「電撃ホビーマガジン2015年1月号」の発売をお待ちください!

 

<DATA>
電撃ホビーマガジン2015年1月号

創刊16周年記念立体付録号

■発売日:2014年11月25日(火)
■特別価格:1,480円(本体1,370円)

 

<付録>
ビルドバーニングガンダムヘッドディスプレイベース
1/48スケールプラスチックキット
製作:人首 猛

 

(C)創通・サンライズ・テレビ東京


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • CG_ec
  • ic
  • kamentider_wcf_ec
  • eye1
  • I201803G002ndA_i
  • rev_bfpyou_main
  • I201803G00SndC_i