“異世界系ラノベ”ブームのなか、1位に輝いたのはあの作品!「BOOK☆WALKER」2017年夏アニメ 急上昇ランキング!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」は、2017年夏アニメの原作作品で売り上げが急上昇したタイトル「2017年夏アニメ 急上昇ランキング」を発表しました! 注目作品の多かった夏アニメ。この夏、原作が読みたくなったのはどの作品だったのでしょうか? ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

本ランキングは、「BOOK☆WALKER」で配信されている2017年夏にアニメ放映された原作作品約30タイトルのうち、各作品1~3巻の累計売上額に対し、2017年7月1日~8月31日の売上額の割合をポイント化してランキング化したものです。

 

▲画像は「BOOK☆WALKER」より。

 

第1位から第5位の作品とポイントは下記の通り。1位から10位までは、「発表!BOOK☆WALKER 2017年夏アニメ急上昇ランキング」で公開中されています。

 

異世界系ライトノベル原作が多かった2017夏アニメの結果は?

●発表!BOOK☆WALKER 2017年夏アニメ急上昇ランキング

 

異世界系ブームの盛り上がりを象徴するように、ライトノベルの原作作品が多数並んだ2017年夏アニメ。この急上昇ランキングでも、『ナイツ&マジック』『異世界食堂』といった人気作が2位、3位にランクイン! しかし、それらを抑えて1位に輝いたのは、近年、『モンスター娘の日常』『アリスと蔵六』などの人気アニメ原作レーベルとして存在感を見せる「RYU COMICS」(徳間書店)の『セントールの悩み』でした。

 

また3位の『ボールルームへようこそ』や5位の『メイドインアビス』など、コミック原作はシリアスで硬派な作品が人気を集めているようです。

 

『セントールの悩み』、『ナイツ&マジック』購入者は30代~40代前半の男性が多数!

第1位『セントールの悩み』、第2位の『ナイツ&マジック』はともに30代~40代前半の男性の購入比率が高く、『ナイツ&マジック』は20代後半の男性も多く購入していました。

 

●「BOOK☆WALKER」とは

出版社直営の総合電子書籍ストア。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館をはじめとした、さまざまな出版社の人気の電子書籍を、スマートフォン・タブレット端末およびPCで楽しめます。

 

 

関連情報

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec