『GODZILLA 怪獣惑星』初のノベライズ決定!本編の前史を描く『GODZILLA 怪獣黙示録』10月25日発売!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2016年公開の邦画実写映画で堂々の興行収入No.1(82.5億円)を記録した『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)。徹底的なリアリティをもって描かれたさまざまな描写が観客の心をつかみ、第40回日本アカデミー賞では、最優秀作品賞など最多7冠を獲得しました。そして2017年、『シン・ゴジラ』を経て次のステージへと歩みを進める“ゴジラ”が解き放つのが、映画『GODZILLA 怪獣惑星』です。日本でアニメーション映画が初めて公開されてから100周年という節目の年に誕生するゴジラ映画史上初のアニメーション映画に期待も高まるばかりです。

 

godz_FIXol

 

今回、そんな『GODZILLA 怪獣惑星』のノベライズが発表に。角川文庫から2017年10月25日(水)に発売されることが決定しました! 小説のタイトルは『GODZILLA 怪獣黙示録』です。

 

この小説は、映画『GODZILLA怪獣惑星』の前日譚に当たる物語。「なぜ人類は故郷である地球を捨てなくてはならなかったのか?」「ゴジラが出現する前、怪獣と人類の間に何があったのか?」「そして、ゴジラとの接触……」。最前線の兵士だった者、彼らを指揮する将官あるいは政治家、科学者だった者、あるいは一般市民、幼い子供だった者、ひとりひとりの証言からひも解かれる怪獣黙示録とは―――。

 

映画本編では決して語られることのない、謎に満ちたアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の前史を読み解く、唯一無二の小説となります。

 

 

小説刊行にあたり、映画のストーリー原案と脚本を担当し、小説『GODZILLA 怪獣黙示録』の監修も務めた虚淵玄氏よりコメントが到着しています。

 

人類滅亡特急列車。
こちらが怪獣惑星への直通便となります。

 

虚淵玄(シナリオライター、小説家)

 

書籍情報

角川文庫『GODZILLA 怪獣黙示録』

■著者:大樹連司(ニトロプラス)/監修:虚淵玄(ニトロプラス)
■発売日:2017年10月25日(水)発売
■定価:本体560円+税
■サイズ:A6判・並製/224頁
⇒商品ページ

 

【著者プロフィール】
大樹 連司(おおき れんじ)
1982年生まれ。ライトノベル作家、シナリオライター。2017年よりニトロプラス所属。著書に『ほうかごのロケッティア School escape velocity』『オブザデッド・マニアックス』など。ノベライズに『スマガ』など。虚淵玄(ニトロプラス)脚本による映像作品のスピンオフ・ノベライズを手がけるのは、『楽園追放2.0 楽園残響 ―Godspeed You―』続き、本作で二作目となる。

 

 

『GODZILLA 怪獣惑星』

GZL-V3_B1_0814

 

【Introduction】
1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。2016年には『シン・ゴジラ』(庵野秀明総監督)が公開。徹底的なリアリティをもって描かれた様々な描写が観客の心をつかみ、興行収入82.5億円を記録する大ヒットとなった。そして2017年、『ゴジラ』は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』である。
本作が描くのは、これまでのどんな『ゴジラ』とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。
監督には、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を手掛け、シリーズ歴代最高の興行収入を記録した静野孔文が参加。コンビを組むもう一人の監督が瀬下寛之。CG領域の第一線で培われたその手腕は監督作である『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『BLAME!』で立証済みと言える。ストーリー原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄(ニトロプラス)。突破力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は多くのファンの心を捉えている。そして制作は『シドニアの騎士』を始め、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』等で米国テレビ業界のアカデミー賞として知られるエミー賞最優秀賞(デイタイム・エミー賞 アニメーション番組特別部門最優秀賞)を通算5度受賞するなど数々の実績を持つ国内最高峰の3DCGスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。誰も見たことのない新しい“ゴジラ”の始まりを告げる咆哮が今、響き渡る――。

 

【Story】
二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。
巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。
移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時、目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。
だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は――。

 

作品情報

『GODZILLA 怪獣惑星』

■公開日:2017年11月17日(金)全国公開
■スタッフ
監督:静野孔文・瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
シリーズ構成:虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき
キャラクターデザイン原案:コザキユースケ
副監督:森田宏幸
演出:吉平“Tady”直弘
プロダクションデザイン:田中直哉・Ferdinando Patulli
CGキャラクターデザイン:森山佑樹
造形監督:片塰満則
美術監督:渋谷幸弘
色彩設計:野地弘納
音響監督:本山 哲
■キャスト
宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・小野大輔・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘
■製作:東宝
■制作:ポリゴン・ピクチュアズ
■配給:東宝映像事業部
⇒映画公式サイトgodzilla-anime.com

⇒映画公式twitter @GODZILLA_ANIME

 

関連情報

 

(c)2017 TOHO CO.,LTD.


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • eye
  • BFP_you_171021_main
  • main
  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop