水中用強化装備を搭載したアクア・ハイザックを紹介!!『機動戦士Zガンダム』公式外伝連載、更新!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

地球連邦軍の事情から数機だけの試作に留まったRX-106M マリン・ハイザック。しかし、万能MSを必要としたティターンズは、TR計画の一環として水中用強化装備の実験を本気で行いました。その際に使用された強化装備がアクア・ハンブラビⅡで、装着によって二線級だった本機の性能を一線級へと引き上げたのです。

 

ar_ba43noteアクア・ハイザックはT3部隊で、実験が行われました。しかし、グリプス戦役では活躍の機会はなく、戦後、火星に活躍の場を移したのです。また、下段のガ・ゾウムマリンタイプは、「輝ける星作戦」でティターンズ残党が使用したタイプです。

 

 

RMS-106M-2

マリン・ハイザックにアクア・ハンブラビⅡを装着することで、より高度な性能を獲得。TR計画の関連機であることから、T3部隊で実験が行われました。しかし、グリプス戦役では投入されず、戦後、ティターンズが火星に持ち込んだ設計データにより、レジオンもマリン・ハイザックを配備、さらにアクア・ハンブラビの開発によってアクア・ハイザックを実用化したのです。

 

phAph01 ph06上からT3部隊仕様、ティターンズ仕様、レジオン仕様のアクア・ハイザック。同じくアクア・バーザムとはシールドブースターの装備数が異なりますが、これはパイロットの練度や機体特性によるものです。

 

>>『A.O.Z Re-Boot』描き下ろしイラスト連載まとめ

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ イラスト/藤岡建機


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec
  • 01catch