ハセガワは「いずも」のキットなどのスケールキットを発表! 【速報レポート!第54回静岡ホビーショー】

2015年5月14日(木)~17日(日)に静岡市で開催される「第54回静岡ホビーショー」の会場から、注目ブースの情報を速報写真レポートでお届けする特集「速報レポート!第54回静岡ホビーショー」(⇒まとめページはこちら

 

ここでは、ハセガワブースの情報をお届けします。

 

 

目玉となる1/700いずもは、搭載機に架空ながらオスプレイまでを加えたうれしい作りの意欲作。本体にも3種6機の艦載機と作業車輌が同梱されますが、エッチングパーツや追加艦載機セットまで用意される凝りようです。会場には”触れる”完成品も用意されていました。

 

航空機のキットも目白押し。『マクロス』より、ストライク/スーパーバルキリーのガウォーク形態が登場。こちらはスカル小隊4機のデカールが付属します。さらに『エースコンバットゼロ』より、ガルム1とガルム2が発進。専用デカールでガルム隊のマークも再現されます。

 

クリエイターズワークスシリーズ、『紫電改のマキ』よりスピットファイアの蘭と、風神・雷神の鍾馗がラインナップ。こちらは”キャラクターデカール”と呼ばれるキャライラストのデカールも付属して独自のマーキングを楽しめます。戦場まんがシリーズ『アクリルの棺』からは尾部が赤く塗られた疾風が再現。そして『次元航海』版アルカディアは、松本零士先生による新図案ドクロマークを完全立体化!

 

『M.a.k』からはスマートガン装備のアンモナイツが単品で発売。新規金型のパイロットフィギュアはゴーグルや酸素マスクの着脱を選んで組み上げられます。

 

しんかい6500はディテールアップバージョンとして、エッチングパーツによるバスケットと、なんと原型師辻村聡志氏によるダイオウイカ、ダイオウグソクムシが付属!

 

ワンフェスでも人気のメカトロウィーゴ、そのキットが完成見本と共にお目見え! 成型色のことなる2体がセットになって3種が発売。付属フィギュア以外はスナップフィットで、組み立てやすく、『日常』のあらゐけいいち先生がパッケージとかなり楽しくキャッチーな仕様!

 

スケールモデルではフィギュアがついて復活の狼煙を上げたドイツ列車砲、くろがねとセットになった飛燕やグラーフ搭乗のフォッケウルフなどの新製品が登録されています。また、九五式水上偵察機の開発がアナウンスされました!

 

最後にマックスファクトリーとハセガワの驚きのコラボ! ”誰でも迷わず組める”をテーマに作成された島風と、『艦これ』島風フィギュアのセットがあらためて発表になりました。艦娘・島風の原型は浅井真紀氏、駆逐艦・島風はハセガワ原型という夢のタッグになっています。

 

 

「第54回静岡ホビーショー」では、ほかにもたくさんのメーカーから注目アイテムが出品されています。ほかメーカーの情報は下記のリンクのまとめページよりチェックしてくださいね!

 

⇒速報レポート!第54回静岡ホビーショー(まとめページ)へ

 

<関連情報>

ハセガワ

http://www.hasegawa-model.co.jp/