【週刊 電撃スパロボNo.001】サイバスター(精霊憑依Ver.)を作る<その1>

更新日:2015年10月14日 11:52
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

 

ka_saku_20150527_logo2

 

舞台を電撃ホビーウェブに移行して、スタートする『電撃スパロボ』。今回からは、いよいよ発売が迫るコトブキヤの「サイバスター(精霊憑依Ver.)Premium Edition」を製作していきます。記念すべき第1回目となる今回は、同キットのランナーをご紹介しつつ、実際にどのように作例を製作していくかを考えていきます。

 

■モデラー:富永高志(とみなが たかし)…電撃ホビーマガジンでも『スパロボ』関連作例を多く担当。

 

■今回のお題:
「サイバスター(精霊憑依Ver.)Premium Edition」

 

ka_saku_20150527_009

 

OGサーガ中でも屈指の人気機体「サイバスター」。『魔装機神II REVELATION OF EVIL GOD』より登場する、操者であるマサキ・アンドーと風の精霊サイフィスの意識が同調し、「精霊憑依(ポゼッション)」と呼ばれるパワーアップを果たした形態での立体化はこのキットが初めてとなります。サイバードへの変形はありませんが、『魔装機神F COFFIN OF THE END』にて追加された「アカシックノヴァ」使用時の「ラプラスデモンモード」形態もパーツの差し替えで再現可能であるなど、プレイバリューは満点です。

 

■そもそも「Premium Edition」とは?

 

ka_saku_20150527_001

 

編集部: 電撃ホビーウェブに移行してお届けする「電撃スパロボ」。最初の作例はコトブキヤの最新キット「サイバスター(精霊憑依Ver.)Premium Edition」です。最新のテストショットが届きましたので、早速眺めていきましょう。

 

富永: コトブキヤさんって何度か、サイバスターを製作されていますけど、でもこうしてランナーを眺めてみると、流用パーツもなく、完全新規造形なんですね。

 

ka_saku_20150527_003 ka_saku_20150527_002

 

富永: 各部の造形もシャープですね。ちょっと怖くなるぐらい(笑)。ポリパーツも、目立たないような成形色にちゃんとなっていて、こういう心遣いはありがたいですね。

 

 

ka_saku_20150527_006

 

編集部: 今回の作例は、コトブキヤショップ限定(※)の「Premium Edition」を使用しようかと思っています。せっかくなので。こちら、クリアーブルーで成形されているランナーが追加されるほか、新規造形の「ハイファミリア(精霊憑依Ver.)」が付属します。

※販売はコトブキヤショップ(秋葉原館、大阪日本橋、コトブキヤオンラインショップ)のみ。

 

ka_saku_20150527_007

 

富永: ディスカッターも、青いランナーも、通常のものと、クリアーブルー成形のもの、両方が付属するんですね。せっかくなので、どちらのランナーも上手く活かしていきたいですよね。ディスカッターはちゃんと差し替えられるようにするとか……。

じゃあ、ちょっと、作りながら作例をどう製作していくか、考えていきましょうか。

 

 

■魔装機について考えつつ作例の方向性を検討してみよう

 

 

ka_saku_20150527_004

 

編集部: さて、作例の仕上げについて考えてみると、そもそもサイバスターというか、魔装機・魔装機神って、『スパロボ』の世界でも、かなり特殊なメカですよね。

 

富永:そもそも技術的なバックボーンからして全く違いますしね。 PT(パーソナルトルーパー)や特機とは全然違うじゃないですか。作例ではそのあたりがポイントになるかな、と。

 

 

ka_saku_20150527_005

 

 

編集部: 「魔装機らしさ」ということを考えると、たとえば、面あたりの情報量を増やすような、そういうディテールアップ……というのは少し違う気もしますよね。

 

富永: そうですね。ホワイトグレーで成形されている装甲部分は、シルバー系の塗料で塗装したいかな、と思っています。パープルの部分とはちょっと仕上がりを変えて。成形の都合で装甲が重なりあっている部分も、しっかり削り込めば「甲冑」みたいな、イメージになるんじゃないですかね。

 

ka_saku_20150527_010

▲胴体まで組み上げたところ。いろんなところがとにかくシャープな造形。

 

編集部: こうしてみると、たしかにそういう「騎士」的なイメージは強いですよね。ぜひその方向でお願いしたいところですが。あと、せっかくの「Premium Edition」なので、クリアーブルーのパーツとか、上手く活かしていきたいところですが……。

 

富永: その辺りをどうするかは、ひと通り素組をしてから考えましょうか。クリアーパーツを使用しないほうが「らしく」なるところとかもあるかもしれませんしね。

 

 

編集部: そうですね。では、甲冑風、騎士風というポイントを押さえつつ、次回は素組みしたものを見ながら実際にクリアーパーツをどう生かしていくかを検討していきましょう。お楽しみに。

 

富永: お楽しみに。

 

 

 

■今回のまとめ

・騎士風、甲冑風仕上げで製作してみよう

「Premium Edition」のクリアーパーツの活かし方を考えよう。

 

 

<関連情報>

スーパーロボット大戦 公式サイト

http://www.suparobo.jp/

 

最新作! 『スーパーロボット大戦BX』公式サイト

http://srw-bx.suparobo.jp/

 

コトブキヤ公式サイト

http://www.kotobukiya.co.jp/

 

<DATA>

サイバスター(精霊憑依Ver.)Premium Edition

■ノンスケールプラスチックキット

■全高:約200ミリ

■価格:9,200円(税抜)

■原型製作:桑村祐一

■発売元:コトブキヤ

※コトブキヤショップ(秋葉原館、大阪日本橋、オンラインショップ)限定品です。
※ランナーは監修中のものです。実際の商品と異なる場合がございます。

 

(C)SRWOG PROJECT


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • eye
  • I201709SP3_i
  • top4
  • top5
  • top2