「チェインバー」プラモデルの彩色見本をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

現在、マックスファクトリーによって開発進行中のプラモデル「マシンキャリバー K6821 チェインバー」。6月6、7日にコトブキヤ 秋葉原館にて開催された「AKIBA模型フェア」にて初めて彩色見本が公開され注目を集めました。そんな本アイテムの写真が到着しましたので、早速お届けしましょう。

 

 

ka_gr_20150608_002

 

ka_gr_20150608_001

▲写真は監修中の彩色見本です。実際の商品とは異なる場合があります。

 

チェインバーの特徴的なアウトラインや、胸部を始めとして、複雑な装甲の重なりといったディテールを徹底的に再現しているのが伝わりますね。驚くべきことに、製品では素組みとデカールのみでこの複雑なカラーリングを再現できるとのことで、一体どのようなパーツ構成になるのか、今から製品を手にするのが楽しみです。

 

※クリックして再生。

※上記動画は監修時のものです。実際の商品とは異なります。

 

また、チェインバーのメカデザインを担当したニトロプラス・石渡マコト氏も、ご自身のTwitterにて本アイテムの監修の様子を公開されていました。上の動画のように、チェインバーのデザイン時にこだわった箇所であるという“肩甲骨の可動ギミック”もしっかりと再現されているなど、そのこだわりと、可動のポテンシャルはかなりのもののようです。

 

ka_amf_20150606_003

▲こちらは「AKIBA模型フェア」での展示の模様。

 

「AKIBA模型フェア」での展示によると、ストライカーとの最終決戦で使用したライフルとガトリングガン、ミサイルランチャーといった武装類が付属する模様。TVアニメ第1話で活躍したファランクス装備やマルチコアキャノンといった武装にも、ぜひ期待したいですね。

 

今回の記事では、特別に電撃ホビーマガジン2015年7月号掲載の石渡マコト氏へのインタビューも掲載します。プラモデル「チェインバー」についてもその感想を語っていただいていますので、こちらも要チェックですよ!

 

ka_gr_20150608_003

▲クリックで拡大表示されます(掲載している情報は2015年5月25日当時のものです)

 

 

<DATA>

PLAMAX マシンキャリバー K6821  チェインバー

■1/48スケールプラスチックキット

■全高:約170ミリ

■今秋発売予定

■価格未定

■原型制作:柳生圭太(ランペイジ)

■設計:T-REX

■発売元:マックスファクトリー

■販売元:グッドスマイルカンパニー

※掲載した写真は監修中の彩色見本です。実際の商品とは異なる場合があります。

 

<関連情報>
『翠星のガルガンティア』公式サイト
http://gargantia.jp/

 

「翠星のガルガンティア」Twitter公式アカウント
@gar_anime

 

 

(c)オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • eye
  • I201709SP3_i
  • top4
  • top5
  • top2