【ガンダムビルドファイターズ連載】ガッツリ作り込んだホットスクランブルガンダムを見よ!(その3)~ベース機のスクランブルにも手を入れる!~

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

600logoGBF_BGtextuer4c

 

<ガンダムビルドファイターズD-Rまとめページ>

 

月刊ガンダムエース(毎月26日発売)連載のガンダムビルドファイターズ外伝『ガンダムビルドファイターズA-R(アメイジング レディ)』は、既刊の『ガンダムビルドファイターズA』の続編としてユウキ・タツヤの新たなる戦いが描かれています。

 

▲『月刊ガンダムエース』2016年11月号。好評発売中!

▲『月刊ガンダムエース』2016年11月号。好評発売中!

 

本連載『ガンダムビルドファイターズD-R』は、『ガンダムビルドファイターズA-R』と連動し、その登場機体を外伝のシナリオを手がけるスタジオオルフェ 千葉智宏先生に解説していただきます。今月は、月刊ガンダムエースの別冊『ガンプラエース』に登場する、付録武器を装備したガンダムレッドウォーリアが解説されていますので、ぜひお読みください!

 

 

そして作例では、スクランブルガンダムの派生機であり、ガンダムエース10月号にも登場したホットスクランブルガンダムをフクダカズヤが製作! 前回は、フィン・ファンネルを例に、図面からの切り出しによってスクラッチを行う例をご紹介しました。今回は、計算した寸法を元に、直接材料を切っていく方法や、勘をたよりに厚紙でゲージを作って製作する方法をご紹介します。

 


 

1/144 ホットスクランブルガンダム(その3)

~ベース機のスクランブルにも手を入れる!~

 

_mg_5452

 

直接切り出しの例:ライフルは2形態製作!

ライフルは専用のものですから、こちらもスクラッチしています。寸法を計算したら、直接材料を切って作業します。

 

img_0617

▲「HGUC 1/144 νガンダム」のライフルと、製作途中のホットスクランブルのライフル。HGUCのものと長さなどのサイズ感は変わっていない。黄色い部分がポリパテ、灰色や白はプラ板やプラ棒、プラパイプなど。

 

▲完成した専用ライフル。左は、νガンダムのライフル。

▲完成した専用ライフル。左は、νガンダムのライフル。

 

そして、このライフルは上下左右にフィン・ファンネルが合体し、かなり迫力のあるバスターライフル状態になります。「コの字」に変形したフィン・ファンネルがライフル側のジョイントで保持される設定のようです。こちらの変形・合体のギミックは保持力や安定性を考慮してバスターライフル固定状態をまるっとひとつ製作しました。

 

img_1128

▲通常ライフルとは別に製作された、バスター状態のライフル。

 

▲完成形。

▲完成形。

 

ところで合体しているフィン・ファンネルは4基。残りの2基は支援機のように飛んでいるそうです。本当はその2基も作っておきたかったのですが、時間切れで再現できず。くやしー!

 

 

勘で作る例:シールド

シールドは、「HGUC 1/144 νガンダム」のキットを基に、勘で作っていきました。

 

img_0619

▲中央のV字のラインでカットし幅詰めして接着。

 

img_0620

▲接着後。これをベースにプラ板で外周が作られた。

 

img_0740

▲シールド完成。グレーと黄色はプラ板。作業中に貼り合わせた厚みを確認しやすいように色を変えて使用している。

 

img_0741

▲裏面。複雑なディテールで構成されている。

 

img_1176

▲シールドの展開式のウイング(?)は極小ネオジム磁石を仕込んであり、固定位置にも極小ビス(鉄)が埋め込まれているので固定される仕組み。

 

▲塗装も完了したシールド。基になったνガンダムのシールドと並べてみた。

▲塗装も完了したシールド。基になったνガンダムのシールドと並べてみた。

 

▲シールド裏面。

▲シールド裏面。

 

 

次に機首の製作です。ポリパテとABS板を使っています。こちらは厚紙でゲージを作っていますが、厚紙自体も勘で作っているので、“オール勘”ですね。

 

 

▲ボール紙でゲージを作成。

▲厚紙でゲージを作成。

 

img_1027

▲機首の空洞となる部分(焦げ茶色の塊)に……

 

▲ポリパテを塗り……

▲ポリパテを塗り……

 

▲固まった後に外します。それを整形して……

▲固まった後に外す。それを整形して……

 

▲機首のカバー部分ができあがりました。

▲機首のカバー部分ができあがり。

 

img_1156

▲ポリパテで作った機首に別途用意しておいた関節を組み込んで分割。バックパックと機首を黒のパーツはABS板から製作。強度と摩耗を考慮している。また機首の先端になるクチバシのような形状はプラ板の積層から削り出して製作された。

 

 

 

 スクランブルガンダムにも手を入れる!

ベースキットとなるスクランブルガンダムの工作です。

ヤスリで全身のエッジをシャープ化したり、ヒケを処理するといった基本工作に加え、

 

  • 顔の後ハメ化
  • 胴体の分割ライン変更
  • 腕部の後ハメ化
  • 左腕とシールドの接続にネオジム磁石埋め込み
  • 脚部外側のスラスターユニットの加工
  • アンクルガードの加工

 

 

といった塗装の利便性を考慮した加工と、個人的に気になった加工を行った程度です。なお、全体的にシルエットがボリューミーになったので、HGUCガンダムUCシリーズの連邦系MSから手首を流用しひと回り大きくしている以外、キット自体のスタイリングには手を加えてはおりません。

 

 

_mg_5352

▲作例の上半身。アンテナのシャープ化などが行われている。

 

▲キット素組み。

▲キット素組み。

 

_mg_5359

▲作例を横から。胸部上、肩部分の分割線を変更(青丸の箇所)、股関節を左右逆に用いることで、太モモを前にせり出すようにした(赤丸の箇所)。

 

▲キット素組み。作例と比較すると、胸の分割ラインと太モモの位置の違いが分かる。

▲キット素組み。作例と比較すると、胸の分割ラインと太モモの位置の違いが分かる。

 

▲胸部上の分割線を変更。

▲胸部上の分割線を変更。

 

▲キット素組みの股関節。ポリキャップが前方側に付いているのだが……

▲キット素組みの股関節。ポリキャップが前方側に付いているのだが……

 

▲左右の股関節を逆に付け替えれば、このようにポリキャップが後方に位置し、その分太モモが前方に配置される。結果、脚を後ろに引き、股間を突き出すポーズが可能となる。(上記作例横からの写真参照)。

▲左右の股関節を逆に付け替えれば、このようにポリキャップが後方に位置し、その分太モモが前方に配置される。結果、脚を後ろに引き、股間を突き出すポーズが可能となる。(上記作例横からの写真参照)。

 

▲手首の後ハメ加工。左がキット、右が作例。パーツ側面の出っ張りを切り欠くだけでOKだ。

▲手首の後ハメ加工。左がキット、右が作例。パーツ側面の出っ張りを切り欠くだけでOKだ。

 

 

脚部外側のスラスターユニットの裏側は設定画でもブラックアウト処理されているので黒塗装でもよかったのですが、作例では埋める処理を行っています。パテの使用も考えましたが、重量の増加が気になります。作例の場合はアクションポーズの撮影などがあるので、関節のヘタりや破損などが心配です。また、大胆なパテの改造は材質の違いから剥離などのトラブルも気になるところ。

 

そこで本作例はかなり手間がかかりますが、プラ板を使用し、中を空洞にしました。裏面側にプラ板を貼ったら脚部に取り付け、当たっている部分を削る……これの繰り返しで製作しております。

 

▲きちんと裏面も製作。重量などを考え、中は空洞にした。

▲きちんと裏面も製作。重量などを考え、中は空洞にした。

 

img_1177

▲製作途中。脚部外側のスラスターユニットの裏面側はグレーのプラ板やMr.SSPで面を作っている。中が空洞なので軽い。開口したスラスターは裏側からスリット入りの白いプラ板を貼っている。

 

 

個人的に気になっていた飛行形態時のアンクルガードの収まり具合。スネ側のダボで保持され、それ自体が回転軸になって可動するのですが、足首の変形とアンクルガードの可動領域に限界があるようです。そこでアンクルガードにもうひとつの関節を設け可動領域を広げました。

 

▲関節を追加したアンクルガード。

▲関節を追加したアンクルガード。

 

img_1169

▲アンクルガードの改造。奥が素組みで手前が改造後。足首の中にアンクルガードが入ってしまうほど可動する。文字通り収まりよくなっているが、これではデザインを大きく変えてしまうため採用していない。

 

▲工作の結果、作例ではアンクルガードがぴったりと寝る形になった。

▲工作の結果、作例ではアンクルガードがぴったりと寝る形になった。

 

 


 

 

次回は、ついに最終回! 塗装についてご紹介します。

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ・テレビ東京


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • ec
  • ec02
  • ec01
  • I201702SRWWF_i
  • ec
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • eyecatch
  • eye
  • eye