【ガンプラ新作レビュー】HG 1/144 ユーゴーを作ってみた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

~鉄血のオルフェンズ第2期に登場の新MSがはやくもHGで登場! 複雑な異形のフォルムが、シンプルなパーツ構成で再現された超好キット! ギミックも盛りだくさんで遊び甲斐も◎!~

 

 

新発売されたガンプラを速攻で買ってきて、パチ組みしちゃおうという「ガンプラ新作レビュー」。今回は、HG 1/144 ガンダムバルバトスに続き、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期登場MSであるHG 1/144 ユーゴーを紹介します。

 

この原稿を書いている時点では、劇中でどのような活躍を見せるのかはまだ不明なのですが、組み立ててみると、まずは「この複雑なデザインが、こんなに少ないパーツで構成されているなんて!」と驚かされます。

 

新登場のヘキサ・フレームも新鮮ですし、アンカー射出などのギミックも盛りだくさんで、とても楽しい。「従来のガンプラらしいデザイン」とは一線を画しながらも、作りやすさなどはしっかりとガンプラしているこのキット、さっそく中身を見ていきましょう!

 

 

▲ボックスアートは宇宙空間に浮かぶユーゴ―。奥の色違い機も気になります!

▲ボックスアートは宇宙空間に浮かぶユーゴー。奥の色違い機も気になります!

 

 

 

キット内容

では、さっそく中身を見ていきましょう。

 

▲パーツ数がかなり絞られており、とてもシンプルな構成です。

▲パーツ数がかなり絞られており、とてもシンプルな構成です。

 

▲説明書。機体解説はアニメ放映前に読むべきか否か……迷うところです(笑)。

▲こちらが説明書。機体解説はアニメ放映前に読むべきか否か……迷うところです(笑)。

 

▲Aランナー。外装などを構成する、多色成形のランナーです。

▲Aランナー。外装などを構成する、多色成形のランナーです。

 

▲Bランナー。こいつがヘキサ・フレームとなるわけですな。

▲Bランナー。こいつがヘキサ・フレームとなるわけですな。

 

▲Cランナー。脚部などの装甲に用いられます。

▲Cランナー。脚部などの装甲に用いられます。

 

▲ヒート・ショーテ……もとい、円月刀のパーツです。

▲ヒート・ショーテ……もとい、円月刀のパーツです。

 

▲ポリキャップ。数はかなり少なめです。

▲ポリキャップ。数はかなり少なめです。

 

▲ホイルシールです。独特のモノアイ(?)用シールは映えそうなデザインです。

▲ホイルシールです。独特のモノアイ(?)用シールは映えそうな色合いです。

 

▲アンカー射出クローギミック用に、リード線も2本付属します。

▲アンカー射出クローギミック用に、リード線も2本付属します。

 

 

 

さあ、組み立てましょう!

内容物の確認も終わったので、いよいよ組み立て開始です。

 

▲まずは説明書通りに胴体から。こちらが胴体のフレーム部分です。みたことのないフレームだけに、新鮮!」

▲説明書通りに胴体から。こちらがフレーム部分です。みたことのないフレームだけに新鮮!

 

▲オレンジの外装をとりつければ、胴体の完成です。

▲オレンジの外装をとりつければ、胴体の完成です。

 

▲続いて頭部です。モノアイ(?)用シールを貼ってみました。

▲続いて頭部です。モノアイ(?)用シールを貼ってみました。

 

▲特徴的な頭部外装は、なんと3パーツで再現! ディテールもシャープだし、驚異的な分割ですわ、これ!

▲特徴的な頭部外装は、なんと3パーツで再現。ディテールもシャープだし、全体的に驚異的で、芸術的ですわ!

 

▲頭部が完成しました。わずか5パーツで構成されているとは思えない複雑さです。フレームと外装の「スキマ」もしっかりと再現されています。すごい!

▲頭部が完成しました。わずか5パーツで構成されているとは思えない複雑さです。フレームと外装の「スキマ」もしっかりと再現されています。

 

▲後ろから。前からと印象が大きく異なります。

▲後ろから。前からと印象が大きく異なります。

 

▲続いて腕部にうつります。まずはフレームから。

▲続いて腕部にうつります。まずはフレームから。

 

▲外装をとりつけ……。

▲外装をとりつけ……。

 

▲肩アーマーを作ります。

▲肩アーマーを作ります。

 

▲組み合わせれば完成です。肩のスラスター部分は上下に可動します。

▲組み合わせれば完成です。肩のスラスター部分は上下に可動します。

 

▲そして脚部です。まずは足首のフレームから。

▲そして脚部です。まずは足首のフレームから。

 

▲前後の装甲をつけ、足首が完成です。つま先立ちをしているような、おもしろいデザインです。

▲前後の装甲をつけ、足首が完成です。つま先立ちをしているような、おもしろいデザインです。

 

▲足首の装甲は可動し、カカトには展開ギミックがあるので、写真のようにクロー状にすることができます。

▲足首の装甲は可動し、カカトには展開ギミックがあるので、クロー状にすることができます。

 

▲足首の次は、脚部全体のフレームを作っていきます。こういうところにも、ぬかりなくディテールが入っているのがうれしいですね。

▲足首の次は、脚部全体のフレームを作っていきます。こういうところにも、ぬかりなくディテールが入っているのがうれしいですね。

 

▲外装をとりつけました。

▲外装をとりつけました。

 

▲横から見たところです。やはり、逆関節は男のロマンでしょうが!

▲横から見たところです。やはり、逆関節は男のロマンでしょうが!

 

▲フトモモに接続される、腰サイドアーマーです。アンカー射出クローギミックが内蔵されています。

▲フトモモに接続される腰サイドアーマーです。アンカー射出クローギミックが内蔵されています。

 

▲脚部が完成しました。やはり逆関節機体は無条件に興奮しますね!

▲脚部が完成しました。逆関節機体は無条件に興奮しますね!

 

▲腰部を作っていきます。こちらがフレームパーツ。

▲腰部を作っていきます。こちらがフレームパーツ。

 

▲前後のアーマーをつければ、腰部の完成です!

▲前後のアーマーをつければ、腰部の完成です!

 

▲四肢が完成しました! 絶妙に人型を外したスタイルがそそりますな!

▲四肢が完成しました! 絶妙に人型を外したスタイルがそそりますな!

 

▲後ろから。あとはバックパックと武装だけです!

▲後ろから。あとはバックパックと武装だけです!

 

▲バックパックを組み立てました。左右の黒いパーツは円月刀用のジョイントです。

▲バックパックを組み立てました。左右の黒いパーツは円月刀用のジョイントです。

 

▲特徴でもある円月刀。2本組み立てます。

▲特徴的な円月刀。2本組み立てます。

 

▲ちなみに円月刀は、このようにバックパックに懸架が可能。んー、かっちょいい!

▲ちなみに円月刀は、このようにバックパックに懸架が可能です。んー、かっちょいい!

 

▲最後に、マシンガンを作ったら……。

▲最後に、マシンガンを作ったら……。

 

 

完成です!

 

▲HG 1/144 ユーゴ―が完成しました! 見れば見るほど独特なスタイリングです。

▲HG 1/144 ユーゴ―が完成しました! 見れば見るほど独特なスタイリングです。

 

 

 

 

 

▲アンカー射出クローギミック。リード線を使います。

▲アンカー射出クローギミック。リード線を使います。

 

 

 

▲最後はポーズで決め!

▲最後はポーズで決め!

 

 

 

いかがでしたでしょうか? これにて、HG 1/144 ユーゴーのレビューを終わります。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するMSのなかでも、かなり独特なスタイリングをしたユーゴー。なんともヘビーユーザーウケしそうな機体です(笑)。キットはパーツ構成もさることながら、プロポーションやギミックも完璧! ぜひとも、アニメ放映にあわせて組んでみてくださいね!

 

 

DATA

HG 1/144 ユーゴー

  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売中
  • 価格:1,296円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

 

関連記事

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ・MBS


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec
  • 01catch