S.R.G-S「シュロウガ・シン」細かい後ハメと各部処理はどうなったのか?<第2回>【電撃スパロボNo.085】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

densupa_bn_800

 

次なる電撃スパロボの作例は、12月に発売された「S.R.G-S シュロウガ・シン」。これまで電撃スパロボでも何度か取り上げてきた機体ですが、いよいよ作例の製作に取りかかります。

 

前回加工をする上でどう処理していけば良いのかポイントをチェックしましたが、はたしてどのような形になったのか……? さっそく確認していきましょう!

 

n20161201ss_101

▲「S.R.G-S シュロウガ・シン」 ノンスケールプラスチックキット 発売中 価格:9,200円(税抜)/Premium Edition【コトブキヤショップ限定品】 10,000円(税抜)

 

第1回:S.R.G-S「シュロウガ・シン」の後ハメ加工はどう処理するか?パーツ分割から読み解く<第1回>【電撃スパロボNo.084】

 

 

 

頭部後ハメ

フェイス部のT字状になっている凸部、ヘルメットのホホ裏側にある凸部を画像のようにカットすると、塗装後に後ハメが行えます。根元に可動部があるため、最終的には接着による固定を推奨します。

i201701dsrwss_001

 

 

 

ボディ後ハメ

腰部は処理のしやすさを優先し、フレームを画像のように加工して後ハメ化しました。

i201701dsrwss_002

 

 

 

腰部肉抜き埋め

腰上部は肉抜きをポリエステルパテ(以下ポリパテ)で埋め、下部のフチを削り込んでシャープにしています。黒鳥形態の機首になるフロントアーマーも裏側の肉抜きをポリパテで埋めています。ベース接続穴隠しを兼ねるパーツは0.5ミリプラ板で隙間を塞いでいます。

i201701dsrwss_003

 

 

 

肩アーマー後ハメ

肩アーマーは外側の金部分が入る部分に対し、画像のように後ハメ化を行っています。金部分の軸受けにはランナーのナンバープレートを接着し、取り付けの際のガタツキを抑えています。

i201701dsrwss_004

 

 

 

肩アーマー肉抜き埋め

肩アーマー外装の肉抜きも、目立つ部分をポリパテで埋めています。

i201701dsrwss_005

 

 

 

大腿部加工

挟み込み式の股関節ブロックは下部の出っ張りをカットして後ハメ化を行い、可動部の肉抜きをポリパテで埋めています。

i201701dsrwss_006

 

前述の加工によって軸の保持力が低下するため、プラ板やポリパテの削りカス、黒い瞬間接着剤で受けの隙間を塞ぎ、保持力を高めています。加工に伴う組み付けの干渉部もカットしました。

i201701dsrwss_007 i201701dsrwss_008

 

 

 

スネ部後ハメ

組み込み式のクリアーパーツから凸部を切り離して後ハメ化を行いました。組み間違いおよび紛失防止として、右上(1)、右下(2)、左上(3)、左下(4)というように番号を振り、わかりやすいように向きにも気を配っています。取り付けはメタリックテープと両面テープで行います。

i201701dsrwss_009

 

 

 

爪先加工

爪先の爪は肉抜きをポリパテで埋め、グレーのパーツは取り付け部をカットして後ハメ化。黒い部分は肉抜きを黒い瞬間接着剤で埋めたものです。足の甲の赤いパーツは後ハメが困難だったため、カカトの爪と同様足首にそのまま組み込んでいます。この赤いパーツにある突起でグレーのパーツを取り付けます。

i201701dsrwss_010

 

 

 

ウイング後ハメ

上部に生えるパープルのパーツは、画像のように加工して後ハメ化。

i201701dsrwss_011

 

下部から伸びるスタビライザー基部は、赤のパーツを画像のように加工して後ハメ化。このパーツは合わせ目が目立たないので、スタビライザーを挟み込んでから取り付けることができます。

i201701dsrwss_012

 

 

 

ウイング装飾部加工

フィンの可動がある装飾部は挟み込みのため、ここは基部の合わせ目をモールド化して対処しました。

i201701dsrwss_013

 

 

 

ウイング加工

ウイングは先端から数えて1番目、2番目、3番目のブロック上部に1ミリプラ板を貼って削り込み、シャープ化を行いました。また、角度を変えることでブロックごとの違いを表現しています。

i201701dsrwss_014 i201701dsrwss_015

 

 

以上ですべての加工は完了しました。この後は表面処理を行い、塗装をして完成です。

 

DATA

シュロウガ・シン

  • ノンスケールプラスチックモデル
  • 全高:約181mm
  • 価格:9,200円(税抜)
  • 発売中
  • 発売元:コトブキヤ

※フライングベースは付属しません。

 

シュロウガ・シン Premium Edition

  • ノンスケールプラスチックモデル
  • 全高:約181mm
  • 価格:10,000円(税抜)
  • 発売中
  • 発売元:コトブキヤ

※インテグラル・ディスキャリバー特殊表現パーツ付属

※ディスキャリバー付属
※フライングベースR付属

※コトブキヤショップ限定品

 

関連情報

 

(C)SRWOG PROJECT


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • ec
  • ec
  • ec
  • I201703WF3_i2
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • eye
  • ec
  • ec