【ガンプラ新作レビュー】HG 1/144 漏影を作ってみた!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

~『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、タービンズのお姉さんが搭乗するMSが! 重量感のあるフォルムが楽しめます~

 

新発売されたガンプラを買ってきて、即パチ組みして紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するMS、漏影です。百錬よりも軽装甲化が図られ、機動性を重視した機体とのことですが、それでもキットは大きめのスカートや肩アーマーなど、マッシブな雰囲気が楽しめる形状。また、他のガンプラと同じく、よく動きます。それでは、さっそく見ていきましょう!

 

IMG_8022

▲ボックスアート。地上戦が描かれています。

 


キット内容

IMG_8030

▲説明書です。漏影の機体説明と、アジー・グルミンの紹介文も。

 

IMG_8047

▲Aランナー。シブい配色がいいですね!

 

IMG_8053

▲Bランナー。アーマー類が多いですね。

 

IMG_8060

▲関節や武装が入っているCランナー。

 

IMG_8066

▲Dランナーと、Eランナーです。

 

IMG_8076

▲ポリパーツです。

 

IMG_8083

▲色再現用のシールです。

 

 

組み立て開始!

それでは組み立てていきましょう!

IMG_8087

▲ボディから製作開始。肩関節は、ポリパーツが前方に可動するようになっています。

 

IMG_8094

▲特徴的な両脇の白いパーツを説底宇。

 

IMG_8097

▲胸部と腹部パーツはポリキャップによる接続。胸を反らすなどの姿勢が可能です。

 

IMG_8105

▲ボディが完成! 腹部のパイプが密度感増しますね。

 

IMG_8123

▲頭部製作中。4つの眼(センサー)は、ゴールドのホイルシールを貼ります。

 

IMG_8131

▲頭部が完成! センサーがキラリと光ります。

 

IMG_8138

▲ヒジ関節です。

 

IMG_8144

▲腕部が完成! 大きい肩に比べ、意外と細い腕部がそそります。

 

IMG_8149

▲上半身が完成しました。

 

IMG_8154

▲足首関節です。ボールジョイントではなく、軸可動となっています。

 

IMG_8159

▲足裏のパーツに接続。

 

IMG_8164

▲上からカバーパーツを被せます。色再現のシールも貼りました。

 

IMG_8168

▲お次は脚部。ヒザ関節(写真左)と、股関節(写真右)をまずは組み立てます。

 

IMG_8172

▲ここで「おや?」という感じですが、太モモのアーマーを組み立て、ヒザアーマーもランナーから切り出します。

 

IMG_8178

▲太モモは、関節の上からスポッと被せるようになっています。

 

IMG_8186

▲続いてスネアーマーも、作ってしまってから、ヒザ関節に接続します。

 

IMG_8187

▲スソの内側には、バーニア状のモールドが配置されています。

 

IMG_8192

▲脚部が完成! 後ハメ加工しなくてもよい構造になっています。

 

IMG_8199

▲腰部です。腰の後ろは、武装を懸架するためのラッチがあり、可動します。

 

IMG_8202

▲腰のサイドアーマーも取りつけ、内側から見てみました。こちらも、バーニアのモールドが入っています。

 

IMG_8210

▲腰部を横から。

 

IMG_8220

▲ついに人型に! あとは武装とバックパックです。

 

IMG_8222

▲バックパックの大型ブースターは、カバーが可動します。

 

IMG_8232

▲武装は、ヘビーグラブ(写真上)とハンドガン(写真下)が付属。

 

 

完成!

「HG 1/144 漏影」が、完成しました! ハンドガンを手持ちに、腰の後ろにはヘビークラブを懸架させています。

IMG_8241

 

IMG_8249

 

IMG_8254

 

IMG_8265

 

IMG_8274

 

▲ヘビークラブを取りつけた後ろ腰。溝にしっかり噛むようになっているので、落ちたりしません。

▲ヘビークラブを取りつけた後ろ腰。溝にしっかり噛むようになっているので、激しいポージングをしても落ちたりしません。

 

▲ハンドガンを懸架するとこんな感じに。

▲ハンドガンを懸架するとこんな感じに。

 

IMG_8280

▲大型ブースター。バーニア内部にも、モールドが入っています。

 

▲大型ブースターのカバーを開いてみました。

▲大型ブースターのカバーを開いてみました。

 

IMG_8290

▲足首も、前に出したり……

 

▲後ろに戻したり、接地角度も自由に変えられます。

▲後ろに戻したり、接地角度も自由に変えられます。

 

IMG_8304

▲アクションベース2を使って飾ってみました。ポージングの自由度は、やはり高いです。

 

IMG_8317

▲上から眺めると、大型ブースターが派手に開いて見えて、これまたカッコイイ!

 

IMG_8326

▲ハンドガンを持たせてみました。

 

IMG_8330

▲横から。大きな肩アーマーとリアアーマーが迫力あります!

 

IMG_8349

▲下方向から。アーマー裏側のバーニア類がよく見えて、ディテールが楽しめます。

 

IMG_8357

▲太めの機体だけに、横から見たときのボリュームがあって、ここからの眺めもカッコいいですね。

 

 

これにて、「HG 1/144 漏影」のガンプラ新作レビューを終わります。パーツ数が少なく、手軽に組める点も嬉しいですし、塗装派の方には後ハメの必要がないパーツ構成も親切。フクラハギや後ろ腰のアーマー内側にバーニアのディテールが入っているのも、チラリと見えたときに嬉しい点ではないでしょうか?

 

 

DATA

HG 1/144 漏影

  • 発売中
  • 価格:1,296円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

 

関連記事

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ・MBS


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery

  • I201703WF3_i2
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • eye
  • ec
  • ec
  • ec
  • ec
  • ec