話題のガシャポン「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」にちょっと手を加えてさらにカッコよくしてみた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

「ガシャポンのカプセルがそのままザクヘッドになる」という驚きの商品仕様で、発売アナウンスから熱い注目を浴びる「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」。ここでは、その驚異のメカニズムを詳しく解説するとともに、ウェザリングやディテールアップでちょっとだけ手を加えてさらにカッコよくしちゃおうと思います!!

 

▲そのままでも十二分にカッチョイイ「EXCEED MODEL ZAKU HEAD」ですが、今回はちょっとだけ手を加えてみます!▲そのままでも十二分にカッチョイイ「EXCEED MODEL ZAKU HEAD」ですが、今回はちょっとだけ手を加えてみます! 写真は手前からディテールアップ版、簡単フィニッシュ版、素組みとなっています。

 

 

まずはその全貌を解説!!

手を加えていく前に、まずは気になるメカニズムを見ていきましょう。ガシャポンはここまで進化していた!!

▲こちらがガシャポンを回して商品を購入した状態です。▲実際にはバラケ防止用のビニールで全体が保護されますが、こちらがガシャポンを回して商品を購入した状態です。果たして、これがどのようにザクヘッドになるのでしょうか!?

 

▲まずはシェルを外します。この3つのパーツは保護用で、ザクヘッドには使用しません。▲まずはシェルを外します。この3つのパーツは保護用で、ザクヘッドには使用しません。中央に見える銀色のパーツは内部メカになります。

 

▲保護用シェルを取り外したものをひっくり返して、中に入っている小袋を取り出した状態。▲保護用シェルを取り外したものをひっくり返して、中に入っている小袋を取り出した状態。小袋には、動力パイプとクリアパーツのモノアイシールドが入っています。

 

▲すべてのパーツをバラバラにしました。写真左上のパーツはザクヘッドをディスプレイする台座になります。▲すべてのパーツをバラバラにしました。写真左上のパーツはザクヘッドをディスプレイする台座になります。動力パイプは3つに分割されているものをつなぎ合わせる仕様。

 

▲さあ、ついに組み立てです。頭部裏面についていた中メカを取り外し、頭頂部パーツの裏面にモノアイシールドをはめ込みまず。▲さあ、ついにバラバラのパーツを組み立てる作業の開始です。頭部裏面についていた中メカを取り外し、頭頂部パーツの裏面にモノアイシールドをはめ込みます

 

▲続いて、頭部内部に収納されているノーズ部分と、頭部後方の動力パイプ受け部分を引っ張り出します。▲続いて、頭部内部に収納されているノーズ部分と、頭部後方の動力パイプ受け部分を引っ張り出します。ここまでできたら、中メカを上からはめ込み、台座をセットしましょう。

 

そして動力パイプと頭頂部パーツをセットすればザクヘッドの完成です! これだけ!▲そして動力パイプと頭頂部パーツをセットすればザクヘッドの完成です!

 

▲後ろから。ハイディテールな仕上がりで、情報密度も文句なし! ちなみに左側頭部のマーキングは、はじめから印刷されています。▲後ろから。ハイディテールな仕上がりで、情報密度も文句なし! ちなみに左側頭部のマーキングは、タンポ印刷ではじめから入っています。

 

▲さらに! 頭頂部とノーズ部分のハッチがオープン! この状態で飾るのもオススメです! 内部メカ上部にあるツマミを回すことで、モノアイが左右に可動します!▲さらに! 頭頂部とノーズ部分のハッチがオープン! この状態で飾るのもオススメです。ちなみに内部メカ上部にあるツマミを回すことで、モノアイが左右に可動します!

 

▲種類は量産型、シャア専用、黒い三連星仕様の3種類。黒い三連星仕様はなんとしても3つ欲しいところですね! シャア専用にのみ、中隊長用のアンテナが付属します。▲種類は量産型、シャア専用、黒い三連星仕様の3種類。黒い三連星仕様はなんとしても3つ欲しいところですね! シャア専用にのみ、中隊長用のアンテナが付属します。

 

 

それではここから、ちょっとだけ手を加えていきましょう! そのままでも十分かっこいいですが、少しの工夫で劇的に変わりますよ!!

 

 

簡単フィニッシュバージョン

まずはシャアザクヘッドを用いて、ウォッシング+銀チョロのみの簡単フィニッシュバージョンを作っていきましょう。

_MG_3676▲成形色にウォッシングと銀チョロを施したのみの簡単フィニッシュバージョン。トップコートも吹いていないので、筆のみでできますよ。

 

▲成形色が素晴らしいので、ウォッシングしただけでこのような重厚な仕上がりに。▲素晴らしい成形色とディテールがあってこその仕上りといえます。特にシャアザクヘッドは明るい色なので、ウォッシングが映えますね。銀チョロをするときはウォッシングの拭き残しの中に銀を置くようにすると、自然になります。

 

▲ハッチオープン!

▲ハッチオープン!

 

▲内部メカもウォッシングのみ。ブラウン系でウォッシュしてあげると、オイリーな雰囲気になると思います。▲内部メカもウォッシングのみ。ブラウン系でウォッシュしてあげると、よい雰囲気になると思います。

 

▲ちなみに、台座にもちょっとだけ手を加えてみました。左から素組み、ウォッシングのみ、塗装+マーキングバージョン。▲ちなみに、台座にもちょっとだけ手を加えてみました。左から素組み、ウォッシングのみ、塗装+マーキング。

 

▲塗装した台座に簡単フィニッシュのシャアザクヘッドをのせてみました。イメージが変わっておもしろいです。▲塗装した台座に簡単フィニッシュのシャアザクヘッドをのせてみました。台座の色でかなりイメージが変わるので、好みの色に変えてみるのも面白いでしょう。

 

 

 

フル塗装+ディテールアップバージョン

ここからは、一歩進んでディテールアップ+フル塗装バージョンを紹介します。頭部のみの立体物ですので、情報量をさらに増やすべく「なんちゃってカラーモジュレーション」を施してみました。

▲フル塗装バージョン。「MS戦記」をイメージしたディテールをプラスしてみました。

▲フル塗装バージョン。「MS戦記」をイメージしたディテールをプラスしてみました。

 

▲正面。モノアイは市販パーツにコンバートし、モノアイシールドには薄くスモークを吹いています。▲正面。モノアイをさらに光らせるべく市販パーツにコンバートし、モノアイシールドには薄くスモークを吹いています。

 

▲上から。カラーモジュレーションの効果がおわかりになるでしょうか?▲上から。カラーモジュレーションの効果がおわかりになるでしょうか? 本来は光源を設定し、面ごとに光と影を描きこんでいく塗装法ですが、今回は「接する面同士は同じ明るさにしない」という法則性のみで“それっぽく”仕上げています。

 

▲下からアオリで。各部にリベット状のディテールを追加しています。

▲下からアオリで。各部にリベット状のディテールを追加しています。

 

▲後ろから。追加したアンテナ類は後頭部に集中しています。

▲後ろから。追加したアンテナ類は後頭部に集中しています。

 

▲シーリングはエポキシパテで。全体のチッピングは筆でちまちまと描きこんでいます。▲動力パイプのシーリングはエポキシパテで製作。全体のチッピングは筆でちまちまと描きこんでいます。

 

▲アンテナは真鍮線と市販パーツで。

▲アンテナは真ちゅう線と市販パーツで。

 

▲最後は素組み、フル塗装、簡単フィニッシュの集合で!

▲最後は素組み、フル塗装、簡単フィニッシュの集合で!

 

 

これにて、「機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD」のレビューを終了します。カプセルからザクヘッドに変形するというギミックだけではなく、立体物としてもカッコいい“遊べる”ガシャポンです! ぜひとも、いろいろなアイデアで遊んでみてくださいね!

 

 

 

DATA

機動戦士ガンダム EXCEED MODEL ZAKU HEAD

  • 組み立て式フィギュア1セット(全3種)
  • 2017年2月発売(発売中)
  • 1カプセル500円
  • 発売元:バンダイベンダー事業部

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • mugen_g_ec
  • FW_SDGUNDAMNEO_03_ec
  • eye
  • I201709SP3_i
  • top4
  • top5