ガンプラのスクラッチ技術を紹介!メインカメラブロックの製作方法【『ガンダムホビーライフ010』拡張版】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

発売中の『ガンダムホビーライフ010』(以降『GHL10』)ではスクラッチ技術紹介連載「すくすくスクラッチ」を掲載中! 今回の誌面では作例で製作した「GP00」の頭部を題材とし、センター分割法による左右対称な形状の製作方法を紹介しています。ここではその出張特別版として、本編記事の補足としてメインカメラ部の製作方法を紹介しましょう。

 

_MG_1400岬光彰氏により15年ぶりに復活した幻の試作機「RX-78 GP00ガンダム試作0号機“ブロッサム”」のスクラッチ作例も掲載!

 

※バックナンバーも併せてご覧ください。

 

『GHL10』に掲載された「すくすくスクラッチ」にて製作した「ガンダムGP00」の頭部パーツですが、ここではメインカメラブロック(頭頂部のチョンマゲ部分)の加工を紹介しましょう。『GHL10』の誌面と合わせて見ていただけるとより判りやすく、より楽しめるかと思います。

 

 

メインカメラブロックの製作

『GHL10』にて、センター分割方式のポリパテ削り出しで作った頭部パーツに、その構造を活かしつつ、メインカメラのブロックを製作します。

 

1:プラ板に下書きを描く
1センター分割構造の頭部パーツに、大まかな形に切りだした0.5mmプラ板を挟んで、鉛筆などでメインカメラブロックの側面の形状を下書きしました。

 

2:切り出し
2下書きに合わせてプラ板をメインカメラの側面の形状に切り出します。画像のように左右のポリパテブロックのジョイントの軸にプラ板の穴の位置を合わせて、位置を固定できるようにしてあります。メインカメラ部分には1.3mmの穴を2つ開けてあります。

 

3:離型剤を塗る
31.3mmの穴に1.3mmのプラ棒(プラストラクト社)を通し、適当な長さでカットしておきます。頭部パーツに挟み込んで、離型剤として、シリコンバリアー(GSIクレオス)を塗ります。

 

4:図解
4今回作っているメインカメラブロックのパーツの正面からの図解です。グレーの部分が側面の形に切りだした0.5mmプラ板で頭部パーツに挟み込んであります。白い部分が1.3mmのプラ棒で、シリコンバリアーを塗って左右にポリパテ(薄茶色の部分)を盛って成形することで、左右のパーツをつなぐ「ダボ穴」の役割をします。

 

5:ポリパテの盛り付け
5メインカメラの側面の形のプラ板の左右の面にポリパテを盛り付けます。上面には後の加工を楽にするために、プラ板を乗せて仮の面を作ってしまいます。

 

6:取り外し
6ポリパテが硬化したら、頭部パーツから取り外し、上に乗せたプラ板も取り外してしまいます。メインカメラの形状に軽く削り出しを済ませています。

 

7:分割
7中央の板から左右のポリパテのパーツを外しました。1.3mmプラ棒によって、同じ位置に「ダボ穴」がしっかりと入っています。

 

8:軸入れ
81.3mmプラ棒を片側に差し込んで、接続用の軸棒にします。

 

9:頭部に装着
9頭部にはめて、ボリューム感や形状を確認しながら、削り込んで形を出していきます。

 

10:左右対称
10メインカメラブロックは正面から見た時に目立つので、左右対称には気を使いたい部分。今回はメインカメラブロックを中心のラインで分割した構造で作っているので、その構造を活かして、各位置を計測することで左右対称になっているかの確認が容易に行えます。

 

11:図解
11図は正面から見た場合の断面図です。上の辺[A]と[A´]、下の辺の[B]と[B´]をポリパテの盛り削りを行って同じ幅に調整することで、左右を対象の形に作ることができます。

 

12:接着
12中心面のシリコンバリアーをシンナーを含ませた綿棒などでふき取って、ポリパテで左右のブロックを接着します。接着後も中心線が判りやすいようにポリパテに塗料を少量混ぜて色を付けています。

 

13:基本形状の完成
13メインカメラブロックの基本形状が完成しました。

 

14:カメラ部分の削り込み①
14カメラ部分の透明パーツなどを入れる空間はタガネ(BMCタガネ スジボリ堂)を使って削り込みを行いました。まず、下側の面から穴を掘り進めて――。

 

15:カメラ部分の削り込み②
15前面はピンバイスで穴を開けて下側から削った穴と貫通させてから、デザインナイフで穴を広げつつ、外側の面との厚みなどを合わせながら形を整えていきます。

 

16:メインカメラブロックの完成
16この後、サーフェイサーを吹いて、表面仕上げをしつつ、面を磨きながらさらに形を整えていきます。

 

次回に続く!!!!!

 

 

COVER

  • カバーモデル:RX-78 GP03ガンダム試作3号機“ステイメン”
  • 製作:NAOKI

 

DATA

ガンダムホビーライフ 010

  • 2017年2月15日発売
  • A4判
  • 定価(本体1,800円+税)
  • 発行:KADOKAWA

 

関連記事

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • eye
  • BFP_you_171021_main
  • main
  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop
  • ec