【ガンダムビルドファイターズ連載】HGBF 1/144 すーぱーふみなアクシズエンジェル Ver.(その4)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

600logoGBF_BGtextuer4c

 

<ガンダムビルドファイターズD-Rまとめページ>

 

月刊ガンダムエース(毎月26日発売)連載のガンダムビルドファイターズ外伝『ガンダムビルドファイターズA-R(アメイジング レディ)』は、既刊の『ガンダムビルドファイターズA』の続編としてユウキ・タツヤの新たなる戦いが描かれています。

 

▲『月刊ガンダムエース』2017年4月号。好評発売中!

▲『月刊ガンダムエース』2017年4月号。好評発売中!

 

本連載『ガンダムビルドファイターズD-R』は、『ガンダムビルドファイターズA-R』と連動し、その登場機体を外伝のシナリオを手がけるスタジオオルフェ 千葉智宏先生に解説していただきます。今月は、三代目メイジン・カワグチの「アメイジングストライクフリーダムガンダム」が登場!

 

※バックナンバー

 

 

さらに、解説を行った機体は作例も製作! あの「HGBF 1/144 すーぱーふみなアクシズエンジェル Ver.」をフクダカズヤがふわっとかわいく作りました! なお、すーぱーふみなアクシズエンジェルVer.は、ウイングのちょっとした組み替えで、さまざまなバリエーションを楽しむことも可能! フクダカズヤが作例を使ってご紹介します。前回はウイングガンダムゼロ(EW版)の大気圏突入モード風をご紹介しましたが、今回はモチーフとなっているキュベレイ風の組み替え例をどうぞ! 改造せずにできますので、ぜひ遊んでみてください!

 

組み換え例:キュベレイ風

_MG_4247

 

組み替えの方法
1  バックパックから左右の翼をユニットごと外して分解する。
2  肩アーマー(H1-17)をボールジョイントごと外す。反対側も同様。
3  1で分解した翼のアームユニットパーツのH1-12、H1-9(x2)、H1-11、H1-12を写真のように組み立てる。反対側も同様。

_MG_4253

▲組み替えが終わったアーム

 

4  3で組み立てたユニットを肩の3ミリ軸に取り付ける。
5  1で分解した翼のパーツを取り付ける。

 

 


HGBF 1/144 すーぱーふみなアクシズエンジェル Ver.

こんにちは。フクダです。さて、いよいよ塗装です。パールカラーで成形されたキットに倣い、作例もパール塗料を使用しました。

 

設定画からも成形色のようなゴールドパールの印象を受けますが、作例では趣向を変えてレッドパールを選択。下地を白色にすることで明確な赤色ではなく、ほんのりとしたピンクの光沢が得られますので素組みキットとはちょっと違った印象を狙っています。

 

また同じ白色でも手袋の部分(手の甲以外の部分)や洋服を思わせる部分、ビームサーベルや背面翼のアーム部分はトーンを変えたツヤ消しの白を使用して、質感の違いを出してみました。ピンクに塗装したパーツや肌、髪もツヤ消しの処理していますので、“アクシズエンジェル”のパーツが持つ美しい曲面のハイライトが目立つようにしています。
肌や髪はクレパスを使って陰影の処理。“ホシノ・フミナ”というキャラクターの印象を崩さないよう過剰な演出は行っておりません。

 

COLORING DATA

  • 白1…GX1番・クールホワイト→XC03・ルビーレッド→GX100番・スーパークリアIII
  • 白2…97番・灰色9号+GX1番・クールホワイト
  • ピンク(薄)…GX1番・クールホワイト+174番・蛍光ピンク
  • ピンク(濃)…63番・ピンク
  • 肌…Ex-05番・Ex-フレッシュ(ガイアノーツ)+Ex-01・Ex-ホワイト(ガイアノーツ)
  • 髪…39番・ダークイエロー+318番・レドーム
    ※特に表記のない場合は、GSIクレオスのMr.カラーシリーズ

 

_MG_4146

 

_MG_4164

 

_MG_4171

 

_MG_4196 _MG_4204 _MG_4219 _MG_4259

 

_MG_4280▲ディスプレイの一例。アクションベース1を使用し、100円均一ショップで手に入る、小物のハート風船に座らせてみました。

 

_MG_4318▲手芸店などで手に入る羽毛を敷き詰めて撮影。自分なりに工夫して撮影するのも、楽しいのでは?

 

以上で「HGBFすーぱーふみなアクシズエンジェルVer.」の紹介は終了になります。

 

作例のようにピンポイントな改修加え作ってみるもよし、「素材」として翼を他キットに流用したり、思い切ってキュベレイとのミキシングに挑戦してみる、などなど多様な完成系を想像できる楽しいキットだと思います。また、背面翼のアームユニットは多様な組み換えが可能のように思え“遊び心”が伺えます。組み換え例も紹介してきましたが、素組みでもかなり遊べるキットだなぁ、と感じていますので個人的にはガチャガチャいじりまくって遊んでみては? ともご提案したいですね。

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ・テレビ東京


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201712SP6_i
  • 2017as1ps1hf (1)
  • 2017gar12upa9k2 (2)
  • xbase_171208_main
  • mari_bfp_main
  • I201710SP5_i
  • xbase_1711_main
  • 20171kjsa2oaf (22)