ガンプラ作例【1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスレクス】を桜井信之が作る!!(その3)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

_MG_5013※この記事は5月1日までの公開です。

 

 

1/100スケールで展開される“フルメカニクス”シリーズに、主役機となるガンダム・バルバトスルプスレクスが登場! 今回は塗装について、詳しく紹介します。

 

※関連記事も併せてご覧ください。

 

 


1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスレクス
~塗装について~

 

「ハイレゾリューションモデル 1/100 ガンダムバルバトス」、「1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス」と1/100シリーズを過去2体製作いたしましたが、今回は塗装の方向性を変えてみました。具体的にはハードなチッピングをやめ、クリーチャーモデルなどの“生物(ナマモノ)”モデルを製作する時に用いる方法……具体的には油彩塗料で面に強弱を付ける塗装を行ってみました。

 

まず各基本色は軽くグラデーションを入れ、軽くパステル調に塗装を行います。その後、以下の手順で作業しました。

 

  • ① 白を中心に油彩塗料のローアンバーでウォッシング。全体を暖色系ホワイトにシフトさせます。これを、丸一日かけて油彩塗料を完全乾燥させます。
  • ② 油彩塗料のバーントアンバーでエッジやコーナー部分を中心に、筆や綿棒、化粧用バフなどを使ってマダラ模様のテクスチャーペイントを施します。こちらも、油彩塗料を完全乾燥させます。
  • ③ 保護膜としてつや消しクリアーを全体にコート。
  • ④ Mr.カラー316番ホワイトFS17875をランダムにスポット吹き。③で付けたテクスチャーの60%くらいを塗りつぶします。
  • ⑤ 再度つや消しクリアーをコートし、塗膜表面をカサカサに。
  • ⑥ 油彩塗料のクラシックアンバーを極薄で溶いたものを、スジ彫りや凹部を中心に、滲ませるように筆で点置き。

 

完成!

_MG_4984

 

_MG_4994

 

_MG_4996

 

_MG_5000

 

_MG_4986

 

_MG_5003

 

_MG_4990

 

_MG_4970

▲超大型メイスを肩に。

 

_MG_4935

▲作例前面。

 

_MG_4940

▲作例背面。

 

_MG_5014

▲キット素組み前面。

 

▲キット素組み背面。

▲キット素組み背面。

 

_MG_5009

当初は装甲表面にクラックを作り、オーラバトラーのように作ろうと構想していたのですが、それではファーストレビューとしてはやり過ぎだろうと判断し取りやめました(笑)。これで1/100のバルバトスを3体製作したので、今度は1/60くらいでフレームも含め作ってみたいと思っています。PGでバルバトスが出たら、作品の世界観的に、作り甲斐・塗り甲斐があるだろうなあ……(笑)。

 

 

DATA

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスレクス

  • 1/100スケールプラスチックキット
  • 発売中
  • 価格:3,456円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ・MBS


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop
  • ec
  • I201710SRWOGSG_i
  • zerotop