素組みでガンプラ!合わせ目の処理方法 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

超基本からちょっとしたワザまで、ガンプラを素組みで作る“コツ”を、プロモデラー・桜井信之氏が指南する本コーナー。

 

ここでは「HGUC 1/144 ハンブラビ」を使用して、合わせ目(継ぎ目)の処理方法を紹介します。

 

_MG_7884_MG_7887

 

近年のガンプラはパーツの合わせ目が設定画に元々存在する“線”の部分に設置されているケースが多く、合わせ目処理(合わせ目消し)を行わなくてもよいように設計されているキットも多数存在します。しかしプラモデルという構造上、やむを得ず合わせ目消しが必要なキットが存在するのも事実です。そんな合わせ目を上手に処理する方法を紹介していきたいと思います。

 

_M8A0275これは背部ビームライフルとモモのパーツです。左右2パーツで構成されていて、組み上げたブロックの中央部に合わせ目が見えています。この合わせ目は、アニメの設定画には存在しない“線”として表面に露出してしまいます。この合わせ目を消すことで、よりリアルに仕上げられます。

 

_M8A0441_0307 _M8A0443_0307最もスタンダードな合わせ目消しの方法は、接着剤を使って合わせ目を消すこと。通常の接着剤をパーツの両側に塗り、両パーツを押しつけます。すると接着剤がはみ出してきます。

 

_M8A0446_0307このはみ出した接着剤がパテの代わりとなり、仮にパーツの合わせ目に隙間が合っても、はみ出した接着剤が隙間を埋める効果を発揮します。

 

_M8A0276 _M8A0280流し込み式の接着剤を使用しても、基本的な作業は同じです。ただし、流し込み式なので、パーツを先に合わせてから接着剤を使用します。このときのコツは、パーツを完全に合わせてしまわず、“髪の毛1本分程度”の隙間を残して、接着剤を流し込みます。その後パーツを押し付け、接着剤をはみ出させるのは同じです。

 

_M8A0281

_M8A0283

re_M8A0439_0307接着剤が乾燥したら、600番程度の紙ヤスリを使用して、このはみ出した接着剤を削っていきます。両パーツの高さが揃うまでヤスリがけを行うと、合わせ目は消えています。パーツの成形色や状態によっては、塗装を行わなくても合わせ目がほとんど見えない状態にすることも可能です。

 

_M8A0295

_M8A0275-01これはスネの写真です。パーツの合わせ目を良く見ると、この部分の合わせ目線は“スジ彫り状のモールド”になるように設計されていることがわかります。そのため、スネのすぐ上側に取り付けるモモブロックの合わせ目は消さずに、同じように“スジ彫り状のモールド”として処理しても良いでしょう。

 

_M8A0297

_M8A0300 _M8A0301方法はいたって簡単です。両パーツの合わせ部分のエッジをカッターナイフでカンナがけを行い、角度を付ければ完了です。

 

_M8A3187

図Aパーツのエッジに角度が付くことによって、横から見たときに図Aのように “V字形状”の溝が成形され、パーツの合わせ目をスジ彫りのように見せることができます。

 

_M8A0306合わせ目のスジ彫り化が終わり、スネパーツと組み合わせたところ。モモの合わせ目を消すよりも、むしろ“モールド”モモ→スネとデザインが統一されて、よりデザイン的統一感が生まれると考えることもできます。作業的にはこちらの方が圧倒的に簡単で作業時間の短縮にもつながります。

 

次は“V字処理”以外のスジ彫り化の方法を紹介しましょう。

_M8A0310写真は胸部から頭部にかけてのパーツです。このブロックはハンブラビの特徴的なデザインと構造をしており、内部にモノアイが仕込まれているので、合わせ目は接着せず、完成後もメンテナンスが可能なようにしておくと便利という考えもあります。

 

_M8A0311 _M8A0316これは「タガネ」という模型用のツールです。刃先が彫刻刀の“平刀”のようになっていて、スライドさせることで、任意の幅で溝を彫り込むことができます。0.1~2.0ミリ程度まで、0.1ミリ刻みで、各種サイズが揃っています。

 

_M8A0335

_M8A0318今回は見えやすいように0.4ミリの「タガネ」を使用して溝を彫り込んでいきます。パーツの片側を平らなブロックなどに乗せ、パーツの外周部に「タガネ」を横にスライドさせ、0.4ミリの段差を彫り込んでいきます。

 

_M8A0320このとき、ブロックにプラモデルのパーツをぴったりとくっ付け、パーツが浮かないように注意してください。

 

_M8A0321

図B「タガネ」を使って段差を彫り込むと“V字形状”ではなく、0.4ミリの“溝”が形成され、より機械的なスジ彫りを作ることができます。この“溝”は0.4ミリ以上の幅広の方が目視しやすく効果的といえます。逆に0.3ミリ以下でこの作業を行っても効果を確認するのが難しいので、細いスジ彫りの場合は“V字”処理でも十分でしょう。

 

 

このように合わせ目のスジ彫り化といっても、その溝の形状で効果や工作法が異なります。スジ彫りを彫る場所や形状によって、断面形状や太さ(幅)をコントロールして、より美しいスジ彫りを彫り込むように心がけましょう。

 

後編では、さらに一歩踏み込んだスジ彫りの工作法について説明したいと思います。

 

⇒素組みでガンプラ! ~組み立ての基本から簡易塗装まで! おすすめプラモデルをきれいに作るコツ~(目次) へ

 

 

関連情報

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • eye
  • ec
  • IMG_6074
  • main_2
  • main
  • Itamapula1_i