【ガンダムビルドファイターズ連載】レッドメタリックのフレームは紅の彗星の証!作例:HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム(その4)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

600logoGBF_BGtextuer4c

 

<ガンダムビルドファイターズD-Rまとめページ>

 

月刊ガンダムエース(毎月26日発売)連載のガンダムビルドファイターズ外伝『ガンダムビルドファイターズA-R(アメイジング レディ)』は、既刊の『ガンダムビルドファイターズA』の続編としてユウキ・タツヤの新たなる戦いが描かれています。

 

▲『月刊ガンダムエース』2017年5月号。好評発売中!

▲『月刊ガンダムエース』2017年5月号。好評発売中!

 

本連載『ガンダムビルドファイターズD-R』は、『ガンダムビルドファイターズA-R』と連動し、その登場機体を外伝のシナリオを手がけるスタジオオルフェ 千葉智宏先生に解説していただきます。今月は、『月刊ガンダムエース』4月号と最新号である5月号にて、3on3の大激戦を繰り広げたゴーストジェガンについて。

 

※関連記事

 

 

さらに、解説を行った機体は作例も製作! 今回は、三代目メイジン・カワグチの「HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム」を、デザインを担当したNAOKI本人が製作!

 

01

▲HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム(製作:NAOKI)

 

前回は完成した作例をお見せしましたが、今回はさらに、そのギミックの特徴や「Hi-νヴレイブガンダム」を使った模型遊びを提案! 自分なりの“アメスト”を模索して楽しんでください!

 

 


レッドメタリックのフレームは紅の彗星の証!
HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム

さてアメスト最終週はアクションポーズ集とビルドファイターズならではの武装バリエーションを楽しんでみたいと思います。

0302 04▲フル装備状態でのアクションポーズ。前回の素立ち状態では確認できなかった各所に施された追加ディテールにも注目してほしい。

 

05▲背中のビームキャノンは展開して前方へ射撃態勢をとらせることができる。

 

06▲ヴレイブドラグーン射出直前の状態。ドラグーンウエポンバインダーの取り付けアームは非常に可動範囲が広く、ポージングの幅が拡がる。前回紹介したドラグーン先端の加工が良く確認できる。

 

0708▲ドラグーンウエポンバインダーを腕部に取り付けた状態。大型のシールドとしても使用できるという設定だが、機体全体のシルエットが変わるのも興味深い。

 

10 11

09▲元機体であるストライクフリーダムガンダムから受け継がれるフルバーストモード。上半身にボリュームが集中し、追加されたディテールや塗り分け、デカールワークでアップした密度感と相まって1/144とは思えない迫力。

 

 

 

Hi-νヴレイブガンダムのファンネルコンテナを取りつける

本体背中のバックアップ取り付け穴は近年のHGシリーズ共通のものになっていますので、基本的には無改造でも他キットのバックパックが取り付け可能です。加えてアメストのドラグーンウエポンバインダーの取り付けアームは汎用性の高い3ミリ軸で接続されています。

 

これを利用して同じく三代目メイジンの愛機である「Hi-νガンダムヴレイブ」のファンネルコンテナを取り付けてみました。アームを90度回転させるだけで無改造で取り付けが可能です。このアーム部分は様々なパーツのプラットフォームになると思いますので、色々試してみてくださいね。今後コミック劇中でも様々な局面に対応した武装が付く予定です。さらに、余ったドラグーンウエポンバインダーを腕部に取り付けることでファンネル&ドラグーンの文字どおり飛び道具満載仕様の完成です(笑)。

 

12

13▲本作例のオリジナル形態であるHi-νガンダムヴレイブのパーツを取り付けた状態。かなりのボリューム感だがすべて無改造で再現可能なのだ。本作例を見て気に入ったら試してみよう!

 

14▲こちらはバインダー部分だけを交換した状態。同じメイジンの機体(デザイナーも同一)なので違和感なくまとまっている。

 

他にも腰部レールガンの横に空いている3ミリ系の穴を利用してドラグーンウエポンバインダーを追加ブースターに見立てて取り付けてみました。

 

15▲こちらはドラグーンウエポンバインダーを腰部に取り付けた追加ブースター状態。キットのランナーを利用して無改造で取り付けられている。

 

 

ここはメス穴同士になりますが、3ミリ径のランナーを適当な長さにカットして接続するだけです。Hi-νガンダムヴレイブのパーツは敢えて元のカラーリングのままとしましたが、あまり違和感はありませんね。

 

今回Hi-νガンダムヴレイブのパーツだけを使用してみましたが、それでも様々な形態をとらせることができました。設定に囚われず色々楽しめるのがビルドファイターズの良さだと思いますので、皆さんもお手持ちのキットを利用して様々な武装強化案を楽しんでみてください。

 

16▲三代目メイジン・カワグチの新旧機体揃い踏み。コミック劇中でもぜひ見てみたい!

 

 

DATA

HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム

  • 発売中
  • 価格:2,484円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ・テレビ東京


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • eye
  • I201712XBM1_i
  • I201712SP6_i
  • 2017as1ps1hf (1)
  • 2017gar12upa9k2 (2)
  • xbase_171208_main
  • mari_bfp_main
  • I201710SP5_i