【ガンプラ作例】MG 1/100 プロヴィデンスガンダムをマイスター関田が魅せる!!!(その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

_MG_7294

 

ついに待望の「MG」としてリリースされたプロヴィデンスガンダム。その迫力は圧巻で、MG SEEDシリーズ独特のアレンジもバッチリ決まっており、待ちわびた甲斐のある秀作キットとなっています! 今回は、そんなMG 1/100 プロヴィデンスガンダムをマイスター関田が製作します。代名詞ともいえる奥深いメタリック塗装とともに、氏が考える「ラスボス然としたプロポーション」を追求した作例をご堪能ください!!

 

※あわせて関連記事もご覧ください

 

 


MG 1/100 プロヴィデンスガンダム

_MG_7278

▲作例前面。プロヴィデンスガンダムの荘厳なイメージにメタリック塗装が見事にマッチしています。

 

_MG_7310

▲作例背面。バックパックの迫力は圧巻です!

 

▲キット素組み。作例に比べると、スマートなシルエットです。

▲キット素組み。作例に比べると、スマートなシルエットです。

 

 

どーも、マイスター関田です。今回は待望のマスターグレード(以下MG)化となったプロヴィデンスガンダムの製作を担当しました。

 

機体は『機動戦士ガンダムSEED』のラスボスともいえる位置付けにあり、パイロット=ラウ・ル・クルーゼのキャラクターとドラグーンを駆使した絶望的なまでの戦闘能力もマッチして、ラストバトル第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦で強烈な印象を刻み込まれたファンの方も多いのではないでしょうか。かくいう私にとっても非常に好きな機体のひとつで、今回の作例は思い入れも込めて自分のイメージを投影しつつ製作を進めました。

 

_MG_7322

 

_MG_7337

 

_MG_7343

 

キットは、フリーダム、ジャスティスと同時期に開発されたMSという設定を受けて、一部のフレームパーツがMGフリーダムガンダムVer2.0と共通化され、全体的なプロポーションは設定画と比べてスマートなアレンジが加わっており、装甲パーツの面構成を複雑にすると同時にディテール多めに配したことによる情報量増加も相まって、スタイリッシュなカッコ良さでまとめられています。

 

_MG_7393

 

製作に当たっては、事前の打ち合わせの段階からメタリック・パール塗装を前提にすることになっていたので、塗装・仕上げに合わせてシルエット・ディテールを自分のイメージに近づけるべく工作を進めていきます。

 

具体的な方針としては、設定画のようなどっしりとした体幹をもつ力強いプロポーションを基本として、ラスボスとしての「強そう」「偉そう」「堅そう」なイメージにするため以下の工程を組み込んでいます。

 

  • 胸部~腰のボリュームアップ
  • ドラグーンユニットを含む上半身とバランスをとるための脚部ボリュームアップ
  • 頭・胸・肩の位置関係&バランス調整
  • 全身に配されたディテールの間引き
  • 塗装はキット成型色よりも、暗めに調整

 

全3回にわたってお届けします。次回より、製作の詳細となります。では、また。

 

DATA

MG 1/100 プロヴィデンスガンダム

  • 発売中
  • 価格:5,400円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ahogirl_animereview_02
  • ec
  • ec01
  • Apocrypha_animereview_02
  • I201707SP2_015
  • ec02
  • ec
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA