【ガンプラ作例】MG 1/100 プロヴィデンスガンダムをマイスター関田が魅せる!!!(その3)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
▲最終回となる今回は塗装について解説します!

▲最終回となる今回は塗装について解説します!

 

ついに待望の「MG」としてリリースされたプロヴィデンスガンダム。その迫力は圧巻で、MG SEEDシリーズ独特のアレンジもバッチリ決まっており、待ちわびた甲斐のある秀作キットとなっています! 今回は、そんなMG 1/100 プロヴィデンスガンダムをマイスター関田が製作します。代名詞ともいえる奥深いメタリック塗装とともに、氏が考える「ラスボス然としたプロポーション」を追求した作例をご堪能ください!!

 

※あわせて関連記事もご覧ください

 

 


MG 1/100 プロヴィデンスガンダム

_MG_7304

 

どーも、マイスター関田です。

 

MGプロヴィデンスガンダム製作記事も3回目。今回は塗装のお話となります。

 

キットはこれまでのMG同様、組んだだけでも設定に近い色分けがパーツ状態でなされていますが、私が持つプロヴィデンスのイメージより若干明るめであったため、塗装はキット成型色よりもトーンを抑え、暗めに調整しています。

 

私がこの機体に成型色よりも暗めの色というイメージを持っていることに関しては、劇中の登場シーンが宇宙空間だったため全体的に暗めの絵で脳内に刷り込まれているというのもありますが、「人類廃滅を目論んで暗躍した虐殺の導き手」の機体としては多少暗めなくらいが丁度いいのではないかと判断しました。

 

メインの機体色は以下の手順で塗っています。

▲▲①下地はホワイト、ブラック、シアン、マゼンタを混ぜて作った暗めのグレーバイオレットです。

 

▲▲②下地色にホワイトを混ぜて作ったハイライトを面の中心に吹きつけ、グラデーション下地を構築します。

 

▲▲雲母堂本舗のビスマスパールにブルー系とパープル系のパールパウダーを混合した、ほぼホワイトのパールを吹きつけて本体色完成です。

 

ホワイトパールに他の虹彩色のパールを混ぜるのはほとんど意味がないのですが、条件が整えば(おそらく光源の波長や見る角度など)僅かに青や紫の反射が見えるというテストピースの結果が面白かったので採用してみました。「ほとんど変わらない」というのは言い方を変えれば「僅かながら変化がある」ということでもあるので、大枠はいつも通りにしたいが少し変化をつけたいという場合には、こういったある種のセオリー無視も有効だと思います。

 

胸部のパイプは軟質素材で成形されているため、ラッカー系などの固い樹脂膜を作る塗料では、取り付けのために曲げたときに表面がひび割れてしまう可能性が高くなります。今回の作例では、塗料の膜に弾性があるGSIクレオス「アクリジョン」シリーズを使用することでひび割れのリスクなく取り付けをすることができました。エアブラシの洗浄に専用のツールクリーナーを必要とする他、使用時もラッカー系や従来の水性アクリル系に慣れていると癖の強さを感じる塗料ですが、基本的に高性能かつ軟質素材への食いつきも悪くないため今後も積極的に使用していきたいところです。

 

▲

▲腹部パイプの塗装には、弾力のあるGSIクレオスの「アクリジョン」を使用しています。

 

また、プレミアムバンダイからMG 1/100 プロヴィデンスガンダム用ドラグーンディスプレイエフェクトパーツが発売されており、こちらはクリアブルーで色を濃くした後、つや消しホワイトを吹き付けてそれっぽく塗装しました。

 

このエフェクトパーツ、組み合わせると色々な角度でドラグーンを展開出来て、凝り始めると時間を忘れてディスプレイを楽しめる程です。中々に面白いアイテムですね。

 

▲▲写真のMG 1/100 プロヴィデンスガンダム用ドラグーンディスプレイエフェクトはプレミアムバンダイで予約受付中です。

 

今回製作したプロヴィデンスガンダムは、私自身すごく好きなMSでもあるのですが、自分にとってのトップクラスの好きな題材であればあるほど完成しなくなる、というのはモデラーにはよくある話かもしれません。

 

私の場合は、

自分としての最高の作品に仕上げたくなる

工作・塗装・仕上げを必要以上に凝る

やったことのない工程を取り入れたくなる

作業時間が大幅に伸びる

作業に飽きてしまい完成しなくなる

 

というパターンに陥りがちなのですが、今回は作例ということもありギャンブルもチャレンジも意識的に避けることで完成させることができました。正直ホッとしています。

 

自分の好きなジャンルの好きな題材でも気負わず淡々と作り、自分の納得のいく作品を完成させられるようになる日がくるのでしょうか。まだまだ、道のりは長いですね。では、また。

 

_MG_7278

 

_MG_7310

 

_MG_7322

 

_MG_7337

 

_MG_7343

 

_MG_7348

 

_MG_7331

 

 

カラーリングデータ

※メーカー名がない場合はGSIクレオス社製

グレーメタリック(本体色)

下地・・・色の源シアン+色の源マゼンタ+GXカラー クールホワイト+GXカラー ウイノーブラック

2層目・・・下地色+Mr.カラーホワイトでハイライトグラデーション

3層目・・・雲母堂本舗ビスマスパール+同FGオパールライラック・FGオパールブルー

メタリックレッド(腹部、足首等)

下地・・・GXカラー ウイノーブラック

2層目・・・Mr.カラーホワイトでハイライトグラデーション

3層目・・・雲母堂本舗 ビスマスパール

4層目・・・GXカラー スーパークリアⅢ+色の源シアン+色の源イエロー

ブルー(胸部装甲、膝の先端等)

下地・・・GXカラー ウイノーブラック

2層目・・・Mr.カラーホワイトでハイライトグラデーション

3層目・・・GXカラー スーパークリアⅢ+色の源シアン+色の源マゼンタ

メタリックブラウン(フレーム色)

下地・・・GXカラー ウイノーブラック

2層目・・・GXカラー スーパークリアⅢ+雲母堂本舗PCディープブルー+HGゴールド+HGラセット+MCブラック

ゴールド(襟)

下地・・・GXカラー ウイノーブラック

2層目・・・フィニッシャーズカラー 青金

暗めのメタリックグレー(装甲差し色)

下地・・・GXカラー ウイノーブラック

2層目・・・GXカラー ウイノーブラック+Mr.カラー

 

DATA

MG 1/100 プロヴィデンスガンダム

  • 発売中
  • 価格:5,400円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

MG 1/100 プロヴィデンスガンダム G.U.N.D.A.M. プレミアムエディション

  • 発売中
  • 価格:7,560円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

MG 1/100 プロヴィデンスガンダム用ドラグーンディスプレイエフェクト

  • 2017年6月発送予定
  • 2,376円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ahogirl_animereview_02
  • ec
  • ec01
  • Apocrypha_animereview_02
  • I201707SP2_015
  • ec02
  • ec
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA