最強のジョーカー!アルトアイゼン[Ver.Progressive]をさらに改造する!!<第2回>~加工編~【電撃スパロボNo.105】

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

densupa_bn_800
今週の電撃スパロボは2015年1月に発売された「アルトアイゼン[Ver.Progressive]」の作例第2回目をお届けします。本機体はスーパーロボット大戦COMPACT2(第1部 / 第3部)、IMPACT、OGシリーズと登場回数が多く、ファンからの人気も高い機体となっています。

I201704OGAI1_P ▲「アルトアイゼン[Ver.Progressive]」1/144スケールプラスチックモデル。価格:4,800円(税抜)。※現在店舗在庫のみ。

 

初期に発売されたアルトアイゼンに、可動範囲拡大やプロポーション変更が施され完全新規造形となったキットを、さらにひと手間加える本作例。今回は各パーツの改修ポイントを加工していきます!

 

※これまでの製作過程は、以下のバックナンバーをご覧ください

第1回:最強のジョーカー!アルトアイゼン[Ver.Progressive]をさらに改造する!!<第1回>【電撃スパロボNo.102】

 

肩スラスター

I201705AI2_001 I201705AI2_002

肩スラスターは上部カバー側(C6)に市販のポリユニットを仕込んで可動化させています。パイプ部の径は3ミリなので、外装側に3ミリ径の穴を開け、ランナーで保持させています。基部にも接続用として用3ミリ径の穴を開けています。可動の干渉を避けるため、外装部に切り欠きを設けました。

 

肩スラスター可動

I201705AI2_003

上記の加工により、肩スラスターの大幅な可動が可能となりました。この後は各部の微調整と上部カバーの隙間調整および内部スラスター増設を行います。

 

肩スラスター形状修正

I201705AI2_015

肩スラスターは1ミリプラ板やポリエステルパテ(以下ポリパテ)で形状を修正し、最終的な形状をこのようにまとめています。内部のスラスターユニットはゲシュペンストMk-IIのパーツを加工して使用しています。

 

肩アーマー加工

I201705AI2_004

内側の外装部にあるプレートを削り、接続部(H5・H6)を下げられるようにしました。

 

肩アーマー加工2

I201705AI2_016

肩スラスターを可動させるため差込基部として穴を開けました。しかし、このままだと緩いうえにガタツキが生じるため、内部に1ミリプラ板2枚を接着して保持力を高めています。

 

肩アーマー肉抜き埋め

I201705AI2_020

スクエア・クレイモアカバーのヒンジ、胴体と腕部の接続基部にある肉抜きをポリパテで埋めています。

 

肩アーマー可動

I201705AI2_005 I201705AI2_006 I201705AI2_007

肩アーマーの加工によって肩アーマーそのものが上がるようになり、跳ね上げや腕だけを正面に向ける演技が可能になりました。前腕部にある撃鉄状のパーツが干渉しますが、この辺は避ければ正面向けはある程度自由度が高くなります。

 

頭部加工

I201705AI2_008 I201705AI2_009

頭部の側面ブレード(B1・B10)にある丸モールドは、市販の丸モールドから4ミリ径の薄いものを使用して改修しています。黒い部分は隙間埋め用の黒い瞬間接着剤、白い部分は角度付け用の0.3ミリプラ板です。

 

左腕加工

I201705AI2_010

左腕手首周りは一部に欠けがあり、1ミリプラ板で補いました。赤いパーツ(A8)の肉抜きはポリパテで埋めています。

 

マシンキャノン加工

I201705AI2_013

内部の銃口を市販のモールドパーツで組み合わせて作成しました。基部は4ミリ径のパーツ、門の銃口は1.5ミリ径のバーニア状パーツ、裏には位置決めと接着用に3ミリ径のパーツを使用しています。

 

腕部肉抜き埋め

I201705AI2_011

右腕のステーク接続部(A11)と左腕のリブ(F5)にも肉抜きがあるため、ここもポリパテで埋めています。

 

腰アーマー加工

I201705AI2_014

腰アーマーは前後に1ミリプラ板を接着し、切削で形状を整えています。

 

リアアーマー加工

I201705AI2_021

リアアーマーの肉抜きはポリパテで埋め、露出しているダボに関しては、マイナスモールド状に形状を変更してディテールに見立てています。

 

ヒザ関節後ハメ

I201705AI2_012

ヒザ関節は大腿部側の接続部を画像のようにカットして後ハメ化。パーツがABSなので、最終的には高強度タイプの瞬間接着剤で固定します。

 

接地性

I201705AI2_017 I201705AI2_018 I201705AI2_019

キットのままだと接地性は写真1枚目のような状態となってしまうため、足首関節ブロックの左右を入れ替え、フレームの一部を削って関節ブロックに付くアーマーの干渉を回避することで(写真2枚目)、若干ではありますが、写真3枚目のように接地性が向上します。

 

以上で前回解説した改修ポイントの加工は終了しました! 次回はついに塗装した姿をお見せします! 乞うご期待です!!

 

DATA

アルトアイゼン[Ver.Progressive]

  • 1/144スケールプラスチックモデル
  • 全高:約17.5センチ
  • 価格:4,800円(税抜)
  • 発売中
  • 発売元:コトブキヤ

※現在店頭在庫のみ

 

関連情報

 

(C) SRWOG PROJECT


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec
  • 01catch
  • I201710SP4_i
  • 01catch