【ガンプラ新作レビュー】HGUC 1/144 バーザムを作ってみた!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

現代的なシルエットでまとめられたデザインは
超かっこよく、可動も良好な好キット!!

発売されたばかりのガンプラを買ってきて、速攻で組み立てて紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は、まさしく“ついに発売された”という表現がふさわしい、同機初のガンプラ・HGUC 1/144 バーザムをレビューします!! さてさて、どのようなキットになっているのでしょうか?

▲このボックスを手にする日がくるとは……!! バーザムがついにガンプラ化です!

▲このボックスを手にする日がくるとは……!! バーザムがついにガンプラ化です!

 

 

箱の中身を確認!

まずはパーツを確認していきましょう!

▲こちらが説明書。HGUC伝統のレイアウトに胸が高まります。

▲こちらが説明書。HGUC伝統のレイアウトに胸が高まります。

 

▲A1ランナー。ポイントとなる赤いパーツも入った多色成形のランナーです。

▲A1ランナー。ポイントとなる赤いパーツも入った多色成形のランナーです。

 

▲A2ランナー。モノアイはうれしいクリアパーツです。

▲A2ランナー。モノアイはうれしいクリアパーツです。

 

▲Bランナー。外装の青いランナーです。

▲Bランナー。外装の青いランナーです。

 

▲Dランナー。胸部などの黒い部分のランナーですね。

▲Cランナー。胸部などの黒い部分のランナーです。バルカン・ポッド・システムの付属がうれしいですね!

 

▲Dランナー。トサカをはじめとした黄色いランナーです。

▲Dランナー。トサカをはじめとした黄色いランナーです。

 

▲Eランナー。フレームなどを構成するグレーのランナーです。

▲Eランナー。フレームなどを構成するグレーのランナーです。

 

▲シール、ビーム・サーベル刃、ポリキャップ。シールの少なさ から優秀な色分けがうかがえます。

▲シール、ビーム・サーベル刃、ポリキャップ。シールの少なさ
から優秀な色分けがうかがえます。

 

 

組みたて開始!!

それでは、パーツの確認も済んだので組み立てていきましょう!

▲まずは胸部のフレームです。肩には引き出し式の関節があるので、ダイナミックな動きができそうです。

▲まずは胸部のフレームです。肩には引き出し式の関節があるので、ダイナミックな動きができそうです。

 

▲こちらが胴~股間をつなぐフレームです。バーザムは腰のないデザインなので、ちょっと変わった形状です。

▲こちらが胴~股間をつなぐフレームです。バーザムは腰のないデザインなので、ちょっと変わった形状です。

 

▲長年、ファンの間で議論されてきた股間はフラットに仕上げられています。色分けがすばらしいですね。

▲長年、ファンの間で議論されてきた股間はフラットに仕上げられています。色分けがすばらしいですね。

 

▲外装で胸と胴体~股間のフレームをつなぎました。

▲外装で胸と胴体~股間のフレームをつなぎました。

 

▲正面から。独特なスタイリングが再現されています。

▲正面から。独特なスタイリングが再現されています。

 

▲後方にアーマーをつければ胴体の完成です。このリアアーマーがなんともA.O.Zへのつながりを感じさせてくれますね!

▲後方にアーマーをつければ胴体の完成です。このリアアーマーがなんともA.O.Zへのつながりを感じさせてくれますね!

 

▲続いて頭部をつくります。モノアイはうれしいクリアパーツ。

▲続いて頭部をつくります。モノアイはうれしいクリアパーツ。小さいので落とさないように注意しましょう。

 

▲前面の外装をつけると……んー!バーザムっぽくなりました!

▲前面の外装をつけると……んー! バーザムっぽくなりました!

 

▲トサカをつければ、頭部の完成です!

▲トサカをつければ、頭部の完成です!

 

▲お次は腕部にいきましょう。まずは肩部から。

▲お次は腕部にいきましょう。まずは肩部から。

 

▲そして上腕~前腕を。このあたりは、近年のHGと同じ構造です。

▲そして上腕~前腕を。このあたりは、近年のHGと同じ構造です。

 

▲外装と手首をつければ腕部の完成です。しもぶくれな形がなんともバーザム!

▲外装と手首をつければ腕部の完成です。しもぶくれな形がなんともバーザム!

 

▲ちなみに、完成してしまうとほとんど見えませんが、シールド裏にはキチンとビーム・サーベルが収納されています。

▲ちなみに、完成してしまうとほとんど見えませんが、シールド裏にはキチンとビーム・サーベルが収納されています。

 

▲前述の肩の引き出し関節により、腕部の可動範囲は素晴らしく広いものとなっています。

▲前述の肩の引き出し関節により、腕部の可動範囲は素晴らしく広いものとなっています。

 

▲バーザムには腰がないので、本体の最後は脚部です。まずは足首から。これまた後のMSへのつながりを感じるデザインですね。

▲バーザムには腰がないので、本体の最後は脚部です。まずは足首から。これまた後のMSへのつながりを感じるデザインですね。

 

▲足首ができたら、スネ~モモの中に入るフレームを作ります。

▲足首ができたら、スネ~モモの中に入るフレームを作ります。

 

▲外装をつけていくと、フレームはこのように入ります。

▲外装をつけていくと、フレームはこのように入ります。

 

▲細かいパーツをつければ、脚部の完成です。なかなか複雑なデザインですね!

▲細かいパーツをつければ、脚部の完成です。赤いフィンや黄色いスラスターはしっかりと色分けされています。

 

▲本体の最後は、こちらも色分けが素晴らしいバックパックを作ります。

▲こちらも色分けが素晴らしいバックパックを作ります。ちなみに、無改造でHG 194 ガンダムMk-2(ティターンズ仕様)のバックパックを背負うことも可能です。

 

▲すべてのパーツを合体させ、本体が完成しました!

▲すべてのパーツを合体させ、本体が完成しました!

 

▲あとは武装だけです!

▲あとは武装だけです!

 

▲最後は武装を組みたてます。ビーム・ライフルのエネルギー供給用のチューブは、長い本体接続用と、短いものがあります。

▲最後は武装を組みたてます。ビーム・ライフルのエネルギー供給用のチューブは、長い本体接続用と、接続しない短いものが選べます。ここまでできたら……。

 

 

HGUC バーザムの完成です!!!

P1010391

 

P1010392

 

P1010393

 

P1010394

 

P1010401

 

P1010395

 

P1010396

 

P1010398

 

P1010399

 

 

P1010400

 

P1010402

 

P1010403

 

P1010404

 

P1010408

 

 

これにて、今回のガンプラ新作レビューは終了です。ついに発売されたHGUC 1/144 バーザムですが、アニメのイメージそのままというよりは、バーザム改やバーザム2のフィードバックを受けてよみがえった現代的なバーザムといった印象を受けました。

 

なにはなくともカッコよく、かつ、可動も素晴らしいHGUC 1/144バーザム。とにかく一度、手に取ってみることをオススメします!!

 

 

DATA

HGUC バーザム

  • 発売中
  • 価格:1,620円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連記事

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • main
  • main
  • IMG_5670
  • ztop3
  • main
  • ztop2
  • ztop1
  • I201706SCYSK_i