『機動戦士Zガンダム』の決戦を再現する機体群!食玩「FW GUNDAM CONVERGE #07」製品レビュー!

更新日:2017年6月27日 15:32
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

“高めの低頭身”という新境地で、より凛々しい立ち姿を実現し、圧倒的な人気で150体以上ものリリースを実現している「FW GUNDAM CONVERGE」。フルコレクションを目指している人のみならず、特定の作品や機体に愛着のある人も“つまみ買い”も楽しく、ガンダムファンなら見逃せない定番食玩シリーズとなっています。

 

リニューアルした「#」シリーズの第7弾となる本弾は、『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダムZZ』『GUNDAM SENTINEL』そして『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』の4作品が登場。

 

0

 

特に『Zガンダム』からは、最終決戦に集った3機がラインナップされるドラマティックな機体セレクトとなりました。それでは、各アイテムを製品サンプルでチェックしていきましょう。

 

『Zガンダム』より、後半主役機のZガンダム。
1 2本シリーズでは実に4体目の登場となりますが、今回は抑えめのアレンジと肉感的なライン、それでいて若干スリムで顔も美形という、劇場版からやや最大公約数に振ったアレンジ。しっかり厚みのあるビーム・ライフルや、背面から確認できる放射状に広がるフライングアーマーなど見せ場もたっぷりです。

 

3背面フライングアーマーは基部で可動し、展開できます。劇中でも登場したことのある状態で、シルエットに変化が付くのが面白いギミック。

 

『Zガンダム』より、シャアことクワトロ・バジーナの操る百式。
4 5特徴である金色はもちろんフル塗装。若干マットな質感が上品です。武装はビーム・ライフルとクレイ・バズーカが付属。頭部カメラはツインアイとなっており、よりガンダムライクな形状に。背面のバインダーも鋭く翼のようなアレンジです。

 

6クレイ・バズーカとビーム・ライフルはどちらも右手に装備が可能。さらに、両方ともバックパックにマウントできるため、Zガンダム同様にシルエットの変化が楽しめるアイテムです。

 

『Zガンダム』より、ハマーン・カーンの操るキュベレイ。
7 8作品のいわゆるラスボス級の機体であり、若干コワモテな頭部となっています。ホワイト主体の優美なカラーと形状、そして独特の積層構造を思わせるディテールもバッチリ。ドレスのような優美さと威厳を感じさせる、元デザインの魅力をしっかり拾い上げています。

 

9両カメラアイはどちらもクリアパーツとなっており、正面から見るとその複雑な反射が楽しめます。

 

『ガンダムZZ』より、プルツーの操る赤いカラーのキュベレイMk-Ⅱ。
10 11形状は完璧に同じで、いわゆるカラーリング違いのリカラー版です。深いレッドにイエロー、ブラックとハマーンのキュベレイとはまた異なるド派手さが魅力。もちろん、パイロットのファンという方はぜひ押さえてほしいアイテムです。

 

12ハマーン機でも言及した各部の積層構造は、頭部や肩部装甲の裏、各部関節のスキマ部分までしっかりと彫り込まれており、特にオプションのない本アイテムの重要なチャームポイントとなっています。ファンネルコンテナ裏にびっしり詰まったファンネルも見どころ!

 

今後も手厚い展開が予告されている『GUNDAM SENTINEL』より、ブレイブ・コッドのガンダムMk-V。
13 14ニューディサイズに強奪され、ブルーのティターンズカラーになった状態での登場です。肩部ミサイルランチャーを装備したフルオプション状態となっており、ユニットの複雑さと迫力は本弾トップクラス。手にしたブースター機構を持つシールドも厚みが十分で、推進器内蔵!という納得感があります。

 

15そのシールドは背面ラッチに接続して、いわゆるシールド・ブースターの状態とすることができます。Zガンダム、百式同様にシルエットの変化が楽しめるギミックですね。

 

『ガンダムW Endless Waltz』より、デュオ・マックスウェルのガンダムデスサイズヘル(EW版)。
16 17悪魔の翼のようなアクティブ・クロークとビーム・シザースを装備した、死神そのもののデザインが魅力です。クローク、シザースともボリュームは十分で、本体に負けないサイズ感となっているのは「#」シリーズの強み。これで3体がそろった本作の主役ガンダム、5体の勢ぞろいがますます楽しみです。

 

18手首の回転で、若干だまし絵っぽい方法ですがシザースを構えた姿も決まります。ちょっと人相の悪い頭部もしっかりイケメンになっています。

 

最後はめでたい紅白キュベレイのそろい踏みで〆。

19

 

『Zガンダム』の時代であるグリプス戦役を中心に、『GUNDAM SENTINEL』や平成ガンダムなど、弾をまたいで展開中の作品コンセプトがしっかり楽しめる「FW GUNDAM CONVERGE #07」。先日、EXで開発が発表されたEx-SガンダムのライバルとなるガンダムMk-Vや、ウイングゼロ、ヘビーアームズと揃い始めたEW版に華を添えるデスサイズと、いずれも見逃せないアイテム。コレクション中の皆さんはぜひお見逃しなく!

 

 

大型ホワイトベースが150名に当たる!

img091

食玩「FW GUNDAM CONVERGE」シリーズ、150体突破を記念してキャンペーンを実施中! 詳細は以下の記事をチェック!!

 

>>食玩「FW GUNDAM CONVERGE」150体突破記念!150名に当たる巨大ホワイトベースのデザイン画を公開!

 

 

DATA

FW GUNDAM CONVERGE #07

  • 彩色済みフィギュア1セット、ガム1個
  • 2017年6月27日発売予定
  • 価格:500円(税抜)
  • 販売元:バンダイキャンディ事業部

 

関連情報

 

関連記事

 

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec