【ガンプラ新作レビュー】MG 1/100 ジャスティスガンダムを作ってみた!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

フリーダムに続き『機動戦士ガンダムSEED』の花形機体がMGで登場!

 

新発売されたガンプラを買ってきて、即パチ組みして紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は、『機動戦士ガンダムSEED』に登場した、アスラン・ザラの駆るジャスティスガンダムです。2016年の「MG 1/100 フリーダムガンダム Ver.2.0」に続き、その対を成す存在であるジャスティスガンダムのMGということで、フリーダムVer.2.0と同じくハイレベルなプロポーションやディテール、そしてギミックを楽しめます。また、その背中に背負ったご存じ「ファトゥム-00」も大迫力のボリューム! フリーダムも派手な機体ですが、ジャスティスもこれまた派手です。

 

では、さっそく見ていきましょう!

▲ボックスです。ボックスです。店頭では、MG フリーダム2.0も並べて販売されていました。合わせて購入した方も多いのでは?

 

 

キット内容

IMG_5284

▲THE GUNDAM BASE TOKYOのチラシが入っていました! ホント楽しみです。

 

IMG_5298

▲説明書です。いつものように、バッチリ機体解説が行われています。

 

IMG_5300

▲Aランナー。色プラです。バッセル ビームブーメランのビーム刃も見えますね。

 

IMG_5310

▲Bランナー。ファトゥム-00のベースとなる部品が入っていますね。大きいです。

 

IMG_5314

▲Cランナーは2枚。関節を構成します。

 

IMG_5319

▲シールドのDランナー。

 

IMG_5325

IMG_5328

▲E1、E2ランナーはホワイトのパーツが入っています。巨大なウイングが見て取れます。

 

IMG_5334

▲Fランナーは外装パーツです。

 

IMG_5346

▲Gランナーは、ファトゥム-00のパーツが多く入っています。

 

IMG_5350

▲まさにファトゥム-00なパーツで構成されたHランナー。

 

IMG_5354

▲Iランナーはフレーム用のパーツがメイン。

 

IMG_5359

IMG_5363

▲Jランナーも主にフレームを構成。2枚入っています。兄弟機だけあって、フリーダムと共通のパーツが使われます。

 

IMG_5366

IMG_5373

▲これが実は嬉しい! ベースが付属しています。

 

IMG_5374

▲シール・デカール類。ツインアイ再現用のシールとマーキングシールのほか、大き目のマークなどはガンダムデカールで再現できます。

 

 

組み立て開始!

それでは組み立てていきましょう!

▲組み立ては胸部フレームから。組み立ては胸部フレームから。アスランのフィギュアは、制服姿の立ちと、パイロットスーツ姿の座りが付属しています。

 

IMG_5391

▲フレームをほぼ組み上げたところ。腰を曲げることが可能です。

 

IMG_5392

▲腰をまっすぐにした状態。

 

IMG_5394

▲横方向にも動きます。今回は、ファトゥム-00の上に建たせたときのポージングで役に立ちました。

 

IMG_5399

▲フリーダム2.0同様、胸部ブロックが前にスライドする機構が入っています。

 

IMG_5407

▲だんだん形になって参りました。MGを作っている際に感じる、この「中身ギッシリ感」は、本当にいいものですね。

 

IMG_5410

▲胸部にいよいよ装甲を取りつけていきます。上面と側面の角に隙間が開いていて、装甲の切り欠きディテールのようでカッコいいです。が……

 

IMG_5415

▲その隙間には白いパーツをはめ込みます。作る際にアレンジしたら面白い場所かもしれませんね。

 

▲お次は頭部。

▲お次は頭部。

ジャスティスガンダムの頭部は大きなトサカが特徴で、好みが分かれるところとは思いますが、この、MGの頭部はトサカがこれまたカッコイイ! 大きなトサカが好きではない人でも、納得のかっこよさではないでしょうか?

 

IMG_5447

▲頭部を横から。大きめのV字アンテナもソソります。

 

IMG_5454

▲ヒジ関節と上腕装甲。

 

IMG_5458

▲ヒジ関節は、伸縮するようになっていて、伸ばすとより深く曲げることが可能となります。

 

▲腕部が完成!

▲腕部が完成!

少し角度をつけてやると、そのフォルムと相まって腕部全体が美しい曲線でまとまります。

 

IMG_5466

▲肩アーマーを製作。バッセル ビームブーメランにも細かいディテールが施されています。

 

IMG_5474

▲上半身が完成!

 

IMG_5478

▲お次は腰の製作。股関節は引き伸ばし機構が採用されているので、大胆なポージングが可能。

 

IMG_5481

▲腰部がほぼ完成。

 

IMG_5484

▲お次は脚部。足首は、足の裏にファトゥム-00と接続するための軸が内蔵されています。

 

IMG_5488

▲脚部フレーム。よく曲がります。

 

IMG_5490

▲太モモの外装を取りつけました。太モモ前面の外装は、可動に連動してスライドします。

 

IMG_5497

▲スネの外装を付けました。組み立て途中、まだフレームが露出している状態のこのメカ感もタマりません。

 

IMG_5503

▲脚部が完成!

 

IMG_5506

▲腰部のサイドアーマーです。ラケルタ ビームサーベルを取りつけるための開閉機構が備わっています。

 

▲本体が完成!

▲本体が完成!

ハッキリ申しあげましょう。ホンッッットにカッコイイです! これは組んで実感していただきたいです。

 

IMG_5528

▲本体が完成したところで、いよいよファトゥム-00の製作へ。

写真はファトゥム-00とMS本体を繋ぐフレームです。背中に背負う状態、背中でウイングを展開する状態(ハイマットモード)、上に乗る状態の、3状態に対応して形状が変わります。

 

IMG_5532

▲ファトゥム-00のベースとなるフレーム。

 

IMG_5535

▲エンジン前面。ダクトの奥にもメカが配置されています。

 

IMG_5538

▲エンジン後部のノズルは、外装と連動して伸縮します。

 

IMG_5541

▲ウイングを取りつけ。手と比べていただくと、その大きさがお分かりになると思います。

 

IMG_5547

▲ほぼ完成! あとは垂直尾翼を取りつけるだけです。

 

IMG_5551

▲武装も組み立てます。アスラン・ザラの同スケール立ちフィギュアも。

 

IMG_5556

▲最後にベースを組み立てます。

 

 

完成!

武装を取りつけ、ベースにセットすれば、「MG 1/100 ジャスティスガンダム」の完成です!

IMG_5566

IMG_5571「複合兵装ユニット」と呼ばれるだけあって、ファトゥム-00の存在感は凄まじいのですが、なによりMS本体の立体的な魅力も最強です。

 

 

マーキングシールを貼る

せっかくなので、付属のマーキングシールも貼ってみました。

▲まずはMS本体だけを前から。まずはMS本体だけを前から。シールは説明書の貼り指示に従って貼ってみました。もちろん、お好みの貼り方で楽しむのもアリかと。

 

▲上方から。上方から。好みもありますが、やはりマーキングがあったほうが密度感が高まりますね。

 

IMG_5613

▲背面。

 

IMG_5622

▲ファトゥム-00を接続して付属のベースにセット。

 

IMG_5628

▲上方から。ファトゥム-00を接続することで力強さが増します。

 

▲後ろから。巨大なウイングも、シールを貼ることで“見せ場”感がより一層出てきます。

▲後ろから。巨大なウイングも、シールを貼ることで“見せ場”感がより一層出てきます。

 

▲ほぼ真後ろ。ファトゥム-00の機体上面がよく見える位置。シールによる細かいラインが映えます。

▲ほぼ真後ろ。

ファトゥム-00の機体上面がよく見える位置。シールによる細かいラインが映えます。

 

▲上半身アップ。

▲上半身アップ。

ツインアイとトサカに貼ったシールも、角度によってはこのように反射して光っているように見えます。

 

▲腰部もフロントアーマーにシールを貼ったことで、密度感が増しました。

▲腰部もフロントアーマーにシールを貼ったことで、密度感が増しました。

 

IMG_5660

▲ファトゥム-00の上面。細かいモールドが魅力的です。

 

IMG_5667

▲フクラハギのディテールも見どころ。

 

IMG_5672

▲ファトゥム-00を展開してハイマットモードに。大迫力です。

 

IMG_5685

▲上方からファトゥム-00主体で眺めてみました。

 

IMG_5687

▲お次は上に乗せてみましょう。この穴に……

 

▲脚の裏から引き出したこのジョイントを挿せば、両足首が滑らず固定されます。

▲脚の裏から引き出したこのジョイントを挿せば、両足首が滑らず固定されます。

ご覧のように軸にそこそこの長さがあるので、スポッと抜けてイラッとすることはないでしょう。

 

▲腰の可動も使えば、不安定な姿勢を再現したポージングも。

▲腰の可動も使えば、不安定な姿勢を再現したポージングも。

MS自体ナナメに傾いているものの、足首のジョイントにより転倒せず立っています。

 

▲ラケルタ ビームサーベルは2本を接続することも可能です。広く展開したウイングと長モノ武器の組み合わせは絵になります。

▲ラケルタ ビームサーベルは2本を接続することも可能です。

広く展開したウイングと長モノ武器の組み合わせは絵になります。

 

▲肩からバッセル ビームブーメランを取り外しました。ビームブーメランを持つための手首も付属しています。

▲肩からバッセル ビームブーメランを取り外しました。ビームブーメランを持つための手首も付属しています。

 

 

これにて「MG 1/100 ジャスティスガンダム」のガンプラ新作レビューを終わります。どのガンプラももちろん形状的な魅力をそれぞれ備えているわけですが、このMG ジャスティスは本当にカッコいいのです。ファトゥム-00を展開すると40センチ程となる大ボリュームなこと、各所の細かいギミック、可動域の広さなど、よいところはたくさんあるのですが、やはりなんといってもそのプロポーションがすごい! (もちろん人それぞれ好みがありますが)「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム Ver.2.0」と一緒に飾るのも面白そうですね。

 

 

DATA

MG 1/100 ジャスティスガンダム

  • 発売中
  • 価格:5,184円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

 

関連記事

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • KEY
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • eye
  • ec
  • IMG_6074
  • main_2
  • main