【ガンプラ新作レビュー】RE/100 1/100 ハンマ・ハンマを作ってみた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

RE/100シリーズならではのアレンジの効いた造形が超カッコいい逸品!

▲超カッコいいボックスアートが目印です!RE/100シリーズとしては大きい、MG プロヴィデンスガンダムなどと同サイズの箱。超カッコいいボックスアートが目印です!

 

 

発売されたばかりのガンプラを買ってきて、速攻で組み立てて紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は、まさかの1/100化を遂げたRE/100 1/100 ハンマ・ハンマの登場です! そもそもがかなり独特なスタイリングの同機体、RE/100シリーズではどのように料理されたのか? さっそく見ていきましょう!

 

 

まずはパーツを確認!

まずは箱の中身を確認していきましょう!

▲まずは説明書。よーく読んで機体への理解を深めましょう。

▲まずは説明書。よーく読んで機体への理解を深めましょう。

 

▲Aランナー。関節などのグレーのパーツですね。

▲Aランナー。関節などのグレーのパーツですね。

 

▲Bランナー。大きな盾裏が目立ちます。

▲Bランナー。大きな盾裏が目立ちます。

 

▲Cランナー。胴体や頭部などの外装ですね。

▲Cランナー。胴体や頭部などの外装ですね。

 

▲Dランナー。脚部など、ライトグリーン部分のランナーです。

▲Dランナー。脚部など、ライトグリーン部分のランナーです。

 

▲Dランナー。右の大きなパーツは肩アーマーです。

▲Eランナー。右の大きなパーツは肩アーマーです。

 

▲Fランナー。盾につくジオンマークが別パーツなのがうれしいですね。

▲Fランナー。盾につくジオンマークが別パーツなのがうれしいですね。

 

▲Gランナー。ものすごい数のバーニアです。

▲Gランナー。ものすごい数のバーニアです。

 

▲Hランナー。左下の黄色い部分のみ、柔らかい素材になっています。

▲Hランナー。左下の黄色い部分のみ、柔らかい素材になっています。

 

▲オールレンジ攻撃再現時に腕部を固定するためのベースパーツと、ビーム・サーベル刃です。

▲オールレンジ攻撃再現時に腕部を固定するためのベースパーツと、ビーム・サーベル刃です。

 

▲ポリキャップはRE/100シリーズではおなじみのもの。

▲ポリキャップはRE/100シリーズではおなじみのもの。

 

▲シール、マーキング。そしてオールレンジ攻撃再現時にもちいるリード線も付属しています。

▲シール、マーキング。そしてオールレンジ攻撃再現時にもちいるリード線も付属しています。

 

 

組みたて開始!!

さあ、パーツの確認も終わったので、組み立てていきましょう!

▲まずは胴体から。クリアパーツが美しいですね。

▲まずは胴体から。クリアパーツが美しいですね。

 

▲ここに、パイプ類を装着していきます。パイプはプラ製なので、サクサク組み立てられるのがうれしいです。

▲ここに、パイプ類を装着していきます。パイプはプラ製なので、サクサク組み立てられるのがうれしいです。

 

▲腕部を接続する基部は、写真のように前方へ可動。ポージングの際に役立ちます。

▲腕部を接続する基部は、写真のように前方へ可動。ポージングの際に役立ちます。

 

▲胴体上部のカバーを接続。シンプルなパーツ構成はRE/100ならではです!

▲胴体上部のカバーを接続。シンプルなパーツ構成はRE/100ならでは!

 

▲バックパック部分。バーニアがアクセントになっています。

▲バックパック部分。バーニアがアクセントになっています。

 

▲バックパックを接続して、胴体の完成です。

▲バックパックを接続して、胴体の完成です。

 

▲横から。ぐにゃっとしたラインが美しいですね。

▲横から。腕部接続部のディテールもしっかりと入っています。

 

▲続いて頭部です。モノアイは完成後、頭頂部を取り外してツマミで可動させる方式です。

▲続いて頭部です。モノアイは完成後、頭頂部を取り外してツマミで可動させる方式です。

 

▲ツノはかなりシャープです。

▲ツノはかなりシャープです。

 

▲頭頂部のパーツをかぶせて、頭部の完成です。うーむ、それにしてもカッコいい……。

▲頭頂部のパーツをかぶせて、頭部の完成です。うーむ、それにしてもカッコいい……。

 

▲後ろから。シャープな仕上がりです。

▲後ろから。シャープな仕上がりです。

 

▲腕部に移りましょう。まずは上腕部から。

▲腕部に移りましょう。まずは上腕部から。

 

▲それにしても特徴的な形状です。

▲それにしても特徴的な形状です。

 

▲続いて前腕部。細かいパーツ分けが光ってます。

▲続いて前腕部。細かいパーツ分けが光ってます。

 

▲手首にあたるビーム砲部分。ツメが可動して、ビーム・サーベルの保持も可能です。

▲手首にあたるビーム砲部分。ツメが可動するので、ビーム・サーベルの保持も可能です。

 

▲すべてのパーツをつなぎあわせました。ちなみにヒジ関節は、ジョイントパーツを外して可動しないバージョンで組み立てることも可能です。

▲すべてのパーツをつなぎあわせました。ちなみにヒジ関節は、ジョイントパーツを外して可動しないバージョンで組み立てることも可能です。

 

▲そして肩アーマー。写真では伝わりづらいかもしれませんが、圧巻のボリューム感です。

▲そして肩アーマー。写真では伝わりづらいかもしれませんが、圧巻のボリューム感です。

 

▲さあ、腕部も完成しましたよ。

▲さあ、腕部も完成しましたよ。

 

▲腰部を組み立てていきます。基部は非常にシンプルな構成。

▲腰部を組み立てていきます。基部は非常にシンプルな構成。

 

▲パイプや外装類を取りつけていきます。

▲パイプや外装類を取りつけていきます。

 

▲特徴的なサイドアーマーを取りつけて、腰部の完成です。

▲特徴的なサイドアーマーを取りつけて、腰部の完成です。

 

▲後ろから。

▲後ろから。

 

▲裏から。バーニアの赤が効いてますね。

▲裏から。バーニアの赤が効いてますね。

 

▲本体の最後は脚部です。まずはフレームパーツから。写真の黄色いパイプは、柔らかい素材なので少し曲げることができます。

▲本体の最後は脚部です。まずはフレームパーツから。写真の黄色いパイプは、柔らかい素材なので少し曲げることができます。

 

▲スネの外装をとりつけました。

▲スネの外装をとりつけました。

 

▲ヒザアーマーが可動するので、ヒザを曲げると黄色いパイプを露出させることができます。

▲ヒザアーマーが独立して可動するので、ヒザを曲げると黄色いパイプを露出させることができます。

 

▲これまた特徴的な足首を組みたてれば……。

▲これまた特徴的な足首を組み立てれば……。

 

▲脚部の完成です!

▲脚部の完成です!

 

▲すべて組み合わせてシールとマーキングを貼れば、本体が完成しました!

▲すべて組み合わせてシールとマーキングを貼れば、本体が完成しました!

 

▲最後は武装類を組みたてましょう。巨大なシールドは、メガ粒子砲部分を可動させることができます。

▲最後は武装類を組み立てましょう。巨大なシールドは、メガ粒子砲部分を可動させることができます。

 

▲ビーム・サーベルを組みたて……。

▲ビーム・サーベルを組み立て……。

 

▲オールレンジ攻撃再現用の腕延長パーツも組み立てます。

▲オールレンジ攻撃再現用の腕延長パーツも組み立てます。

 

▲最後に有線式サイコミュ保持用のスタンドをつくれば……。

▲最後に有線式サイコミュ保持用のスタンドをつくれば……。

 

 

完成!!

 

P1012084

 

P1012085

 

P1012086

 

 

P1012087

 

P1012063

 

P1012079

 

P1012088

 

 

 

P1012089

 

P1012060

 

▲有線式サイコミュを再現するときには、腕延長パーツとベースパーツを使用します。

▲有線式サイコミュを再現するときには、腕延長パーツとベースパーツを使用します。

 

▲ビーム・サーベルとシールドもキチンと保持できますよ。

▲ビーム・サーベルとシールドもキチンと保持できますよ。

 

 

これにて今回のガンプラ新作レビューは終了です。ついに1/100スケールで立体化となったハンマ・ハンマ。シャープかつ迫力がある造形は、ひかえめにいっても超カッコいい仕上がりです! ぜひともゲットして、組み立ててみてくださいね!

 

 

DATA

RE/100 1/100 ハンマ・ハンマ

  • 発売中
  • 価格:4,860円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

 

関連記事

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop
  • ec
  • I201710SRWOGSG_i
  • zerotop