【ガンダムビルドファイターズ連載】作例:ガンプラコスヒロインズをより美しく作る!!“メイク”をしてみる!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

600logoGBF_BGtextuer4c

<ガンダムビルドファイターズD-Rまとめページ>

 

月刊ガンダムエース(毎月26日発売)連載のガンダムビルドファイターズ外伝『ガンダムビルドファイターズA-R(アメイジング レディ)』は、既刊の『ガンダムビルドファイターズA』の続編としてユウキ・タツヤの新たなる戦いが描かれています。

 

GA1709表1_月刊ガンダムエース9月号発売中! RG 1/144 ユニコーンガンダムのハンドブックが!

 

本連載『ガンダムビルドファイターズD-R』は、『ガンダムビルドファイターズA-R』と連動し、その登場機体を外伝のシナリオを手がけるスタジオオルフェ 千葉智宏先生に解説していただきます。今月は、「バレットアメイジングストライクフリーダムガンダム」です。

 

『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』の配信も遂に開始され、ますます盛り上がるビルドファイターズ関連ですが、本連載もさらに盛り上がっていきますよ! 前回は工作を中心にお届けした作例記事ですが、今回は成形色を活かしつつ、さらにかわいくするワザをご紹介します!

 


成形色を活かしてさらにかわいく!

ガンプラコスヒロインズ(チナッガイ、はいぱーギャン子、ういにんぐふみな、チニャッガイ)

 

_EPP8488▲HGBF 1/144 ういにんぐふみな(上左)、HGBF 1/144 はいぱーギャン子(上右)、HGBF 1/144 チナッガイ(下左)、HGBF 1/144 チニャッガイ(下右)。

 

こんにちは、フクダです。
前回の工作編を経て、第2回目の今回は塗装編。テストショットを使用し、チナッガイ(HGBF 1/144 チナッガイ)、はいぱーギャン子(HGBF 1/144 はいぱーギャン子)、チニャッガイ(HGBF 1/144 チニャッガイ)を中心に、成型色を活かした塗装を紹介します。

 

肌などはスチロール樹脂の質感を活かして製作する方も多いと思いますが、今作は肌以外のパーツもほとんど成型色そのままでツヤ消しスプレー(作例ではエアブラシ)をメインに仕上げています。サーフェイサーを吹いて……と通常の塗装法ではなんとなく硬い印象になるという考えがあり、どことなく柔らかい印象を持たせたかった……というのが最大の理由です。

 

作例では段階的に仕様に変化をつけて仕上げておりますので順にご紹介します。

 

まずはチニャッガイ。こちらはツヤの調整などは一切行っておらず「ツヤ消しスプレーのみ」で仕上げています。一部白やピンク、黄色など加筆していますが一般的にいう簡単フィニッシュに一番近い状態です。

 

EPP_12140857 EPP_12140861

EPP_12140869

▲ツヤ消しスプレーのみで仕上げたチニャッガイ。

 

次にチナッガイ。オレンジのシャドー吹きや白、赤、黒を加えています。基本はツヤ消しなのですが長靴やベアッガイの腕、背面のリボンはビニールやプラスチック製品を連想させる部位はツヤ有りにしています。

 

EPP_12140776 EPP_12140777

yubisaki

▲ツヤのある箇所はツヤありのスプレーを使用。長靴やリボンのツヤ感が際立っている。

 

最後にギャン子。ブラウス、襟、スカーフ、上着、肩、スカートのフリルなど「柔らかそうなトコ、柔らかければ動きやすいだろうな……というトコ」だけツヤ消しにしています。胴体やスパッツ、ストッキングは半ツヤ。それ以外、いわゆる外装はツヤ有りです。

 

武装類は半ツヤです。実際のコスプレ用品……って考えると完全なツヤ消し品ってあまりなさそうな気がしたので。

 

EPP_12140794

EPP_12140799

▲ツヤ消し、半ツヤ、ツヤありを使い分けたはいぱーギャン子。素材の質感の違いをツヤを使い分けて表現している。

 

ツヤの使い方を段階的に紹介してみました。簡単フィニッシュとはいえツヤ消しスプレーのみで終わらせず、ツヤ有り、半ツヤなどを加えても面白い表現になると思います。

 

実は3体ともそれぞれ部分的に塗装を行っている箇所もあります。共通していえるのは脚部の白です。加えてチナッガイの赤は成型色より1トーン暗い赤に塗装しています。ギャン子は肘の丸いモールド部、アンクルガード、カカトも塗装しています。理由は継ぎ目を消すためです。これらはプラモデル用接着剤を使用してしっかりと継目消しを行ったら、塗料を成型色とほぼ同色に調色してエアブラシで馴染ませるように塗装しています。

 

最後にメイクについてです。使用しているのは画材屋さんに売っている普通のパステルです。道具は紙やすり、綿棒、メイク用の筆、ドライブラシ用に加工した筆など様々で「コレ!」という決まったものはありません。強いて言うならほぼ100均の綿棒がメインです。メイクというよりは「血色を良くしている程度」という表現が近いです。中学生なので化粧をしているという意識ではない、という事ですね。方法については慣れや感覚に近い部分があり、文字で表現しづらい部分もありますので、上記の道具を揃え各自トライしてみて感覚をつかんでいただければ……と思います。

 

EPP_12140830EPP_12140817

EPP_12140869

▲パステルを使い、血色をよくした顔。中学生なのでお化粧的なメイクアップはしていない。

 

以上でガンプラコスヒロインズの紹介は終了です。

 

新規金型による完全新作のこのシリーズ、造形もさることながらプレイバリューの高さも秘めていると感じています。ぜひ多くの方にも楽しんでいただきたいですね。

 

 

Coloring Data

※塗装中に若干の調整を行っています。成形色を再現するデータではありませんのでご了承ください。
HGBF 1/144 チナッガイ

  • 白…1番・ホワイト
  • 赤…79番・シャインレッド
  • 髪…43番・ウッドブラウン
  • バックパック…333番・エクストラダークシーグレー

 

HGBF 1/144 はいぱーギャン子

  • 薄紫…1番・ホワイト+67番・パープル+323番・ライトブルー
  • 濃紫…上記薄紫+67番・パープル
  • 赤…79番・シャインレッド
  • 黄…GX4番・キアライエロー+97番・灰色9号
  • 白…1番・ホワイト
  • 灰…333番・エクストラダークシーグレー
  • 髪…39番・ダークイエロー+119番・RLM79サンドイエロー

 

HGBF 1/144 ういにんぐふみな

  • 白…1番・ホワイト
  • 黄…GX4番・キアライエロー+1番・ホワイト
  • 黒…40番・ジャーマングレー
  • 橙…59番・オレンジ
  • 髪…19番・サンディブラウン

 

※すべてGSIクレオスのMr.カラーシリーズを使用。

 

関連情報

 

 

(c)創通・サンライズ

HGBF 1/144 チニャッガイ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ahogirl_animereview_02
  • ec
  • ec01
  • Apocrypha_animereview_02
  • I201707SP2_015
  • ec02
  • ec
  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA