【ガンプラ新作レビュー】HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機“EXAM”を作ってみた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

~ゲーム版だけでなく、漫画版も作れちゃうプレイバリューの高いキット! EXAMシステム発動時もあわせれば、頭部はなんと4種類から選べます!!~

 

▲ボックスアートはEXAM発動時のブルー!

▲ボックスアートはEXAM発動時のゲーム版ブルー!

 

発売されたばかりのガンプラを買ってきて、速攻で組み立てて紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は、ついにリニューアルされたブルーディスティニー1号機、「HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機“EXAM”」をレビューします。今回のキットのウリは、なんといってもおなじみのゲーム版だけではなく、月刊ガンダムエースで連載中の漫画『ザ・ブルー・ディスティニー』版も選んで組み立てられるというところ。さてさてどのようなキットになっているのか、さっそく見ていきましょう!

 

パーツの確認

まずは箱の中身からチェックしていきましょう!

 

▲説明書。設定についてもしっかり書かれているのがうれしいですね。

▲説明書。設定についてもしっかり書かれているのがうれしいですね。

 

▲Aランナー。異なる色の2種類のゴーグルが見て とれます。

▲Aランナー。異なる色の2種類のゴーグルが見てとれます。

 

▲Bランナー。外装などの多色成形ランナーです。

▲Bランナー。外装などの多色成形ランナーです。

 

▲Cランナー。関節などのランナーです。

▲Cランナー。関節などを構成するグレーのランナーです。さきに発売されたHGUC 1/144 陸戦型ジムと同型のランナーですね。

 

▲D、Eランナー。

▲D、Eランナー。平手パーツの付属がうれしいです。

 

▲こちらはビーム・サーベル刃とポリキャップ。

▲こちらはビーム・サーベル刃とポリキャップ。

 

▲マーキングとホイルシールです。

▲マーキングとホイルシールです。目のシールが2種類あるのが、なんともブルーらしいですね!

 

組み立て開始!!

それでは、パーツのチェックも終わったので組み立てはじめましょう!

 

▲まずは胴体から。もはや定番となりつつある胸部前面にボールジョイントを差し込むタイプです。

▲まずは胴体から。もはや定番となりつつある胸部前面にボールジョイントを差し込むタイプです。

 

▲首、肩との接続部分はプラパーツ。塗装派にはうれしい限りです。

▲首、肩との接続部分はプラパーツ。塗装派にはうれしい限りです。

 

▲細かいパーツをとりつけて、胴体の完成です。色分けが優秀です。

▲細かいパーツをとりつけて、胴体の完成です。色分けが優秀です。

 

▲ブルーディスティ二ー1号機の特徴でもある薄いバックパックも作っちゃいましょう。

▲ブルーディスティ二ー1号機の特徴でもある薄いバックパックも作っちゃいましょう。

 

▲お次は頭部です。前述のとおり、今回のキットはゲーム版と漫画版、さらに通常時とEXAM発動時と、合計4種類のなかから選んで作れます。

▲お次は頭部です。前述のとおり、今回のキットはゲーム版と漫画版、さらに通常時とEXAM発動時と、合計4種類のなかから頭部を選んで作れます。こちらはゲーム版の頭部なのですが、緑色の通常時バージョンで作ることにしました。ゴーグル内部もしっかりと作りこまれています。

 

▲緑色のゴーグルをつければ、ゲーム版通常時頭部の完成です。うっすらと透けるツインアイがカッコいいですね。

▲緑色のゴーグルをつければ、ゲーム版通常時頭部の完成です。うっすらと透けるツインアイがカッコいいですね。中に貼ったホイルシールがいい仕事してます。

 

▲漫画版の頭部は、EXAM発動時の赤で作ることにします。こちらもゴーグル内部にツインアイがしっかりとモールディングされています。

▲漫画版の頭部は、EXAM発動時の赤で作ることにします。こちらもゴーグル内部にツインアイがしっかりとモールディングされています。

 

▲赤いゴーグルをつけて漫画版頭部の完成です。右耳のモニタリングユニットが特徴的ですね。

▲赤いゴーグルをつけて漫画版頭部の完成です。右耳のモニタリングユニットが特徴的ですね。

 

▲ふたつの頭部を並べてみました。

▲ふたつの頭部を並べてみました。こうしてみると、細かいところがかなり異なることがわかりますね。

 

▲続いて腰部を組み立てます。サイドアーマーの弾倉が別パーツなのがうれしいですね。

▲続いて腰部を組み立てます。サイドアーマーの弾倉が別パーツなのがうれしいですね。

 

▲さあ、腕部です。手首との接続部分は、HGUC 1/144 陸戦型ジムとおなじく、円形になっています。

▲さあ、腕部です。手首との接続部分は、HGUC 1/144 陸戦型ジムとおなじく円形になっています。

 

▲肩アーマーと上腕部分を組みつけ、腕部の完成です。肩アーマーにはEXAM発動時用に外装のスライドギミックがあります。

▲肩アーマーと上腕部分を組みつけ、腕部の完成です。肩アーマーにはEXAM発動時用に外装のスライドギミックがあります。

 

▲それでは脚部に移りましょう。まずは足首から。

▲それでは脚部に移りましょう。まずは足首から。

 

▲スネ、フトモモを組み立てていきます。

▲スネ、フトモモを組み立てていきます。

 

▲スネ外側の外装はサーベルハンガーになっており、ビーム・サーベルの柄を収納できます。

▲スネ外側の外装はサーベルハンガーになっており、ビーム・サーベルの柄を収納できます。

 

▲脚部が完成しました!

▲脚部が完成しました!

 

▲本体が完成しました!

▲パーツを組み合わせて、本体の完成です!

 

▲最後に武器類を組みたてます。ここまでくれば……。

▲最後に武器類を組み立てます。ここまでくれば……。

 

HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機“EXAM”の完成です!

 

▲まずはゲーム版から。マーキング、シールも貼っています。

▲まずはゲーム版から。マーキング、シールも貼っています。

 

P1010857

 

P1010855

 

P1010836

 

 

P1010854

 

P1010851

 

P1010853

 

P1010840

 

 

P1010858

 

▲ここからはEXAM起動モードに変えていきます。まずはバックパックのスラスターを展開したものに差し替え。

▲ここからはEXAM起動モードを再現します。まずはバックパックのスラスターを展開したものに組み替えましょう。

 

▲続いて、肩の外装を外側にスライドします。

▲続いて、肩の外装を外側にスライドします。

 

▲お次は脚部のスラスター接続位置を外側に差し替えます。

▲お次は脚部のスラスター接続位置を外側に差し替えます。

 

▲最後に頭部をEXAM起動時のものに差し替えましょう。

▲最後に頭部をEXAM起動時のものに差し替えましょう。

 

▲これで漫画版EXAM起動状態の完成です!

▲これで漫画版EXAM起動状態の完成です! もちろん、ゴーグルとシールの組み合わせを変えれば、ゲーム版EXAM起動時、漫画版通常時に組むこともできます。

 

P1010848

 

 

P1010849

 

P1010850

 

これにて、今回のガンプラ新作レビューは終了です。ついにリニューアルしたブルーディスティニー1号機、可動、組み立てやすさ、ギミックとどれをとってもハイレベルにまとまった素晴らしいキットです。ぜひぜひ、夏休みのおともに手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

DATA

HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機“EXAM”

  • 発売中
  • 価格:1,728円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連記事

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec
  • 01catch