【ガンプラ新作レビュー】「ハイレゾリューションモデル 1/100 ウイングガンダムゼロ EW」を作ってみた!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

半完成状態のフレームのスゴさもさながら
バリバリに効いたヒロイックなアレンジが超カッコいい!!

 

▲普段のガンプラとは違った趣のボックス。高級感漂ってます!!

▲普段のガンプラとはちょっと趣の異なるボックス。高級感漂ってます!!

 

発売されたばかりのガンプラを買ってきて、速攻で組み立てて紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は、ガンダムバルバトスに続くハイレゾリューションモデル第2弾「ハイレゾリューションモデル 1/100 ウイングガンダムゼロ EW」をレビューします。半完成状態のフレームに外装を被せていく仕様がウリのハイレゾリューションモデルシリーズ、ヒロイックなデザインのウイングガンダムゼロ EWと非常に相性がよさそうですが、はたしてキットはどのようになっているうのでしょうか? さっそく見ていきましょう!

 

▲キットにスミ入れのみを施した状態。未塗装でもこのクオリティです!!

▲キットにスミ入れのみを施した状態。未塗装でもこのクオリティです!!

 

 

パーツの確認

▲まずは説明書。普段のガンプラより少し小さな版型です。

▲まずは説明書。普段のガンプラより少し小さな版型です。

 

▲ハイレゾリューションモデルの目玉である半完成状態のフレームは、このように小さなボックスに納められています。テンション上がりますね!

▲ハイレゾリューションモデルの目玉である半完成状態のフレームは、このように小さなボックスに納められています。テンション上がりますね!

 

▲Aランナー。各部のアクセントになるメッキが美しいランナーです。

▲A1ランナー。各部のアクセントになるメッキが美しいランナーです。

 

▲A2、A5ランナー。クリアーグリーンのパーツが見えます。

▲A2、A5ランナー。クリアーグリーンのパーツが見えます。

 

▲A3、A4ランナー。ツインバスターライフルなどのパーツです。

▲A3、A4ランナー。ツインバスターライフルなどのパーツです。

 

▲B1、B2ランナー。ツヤの美しいグロスインジェクションのランナーです。

▲B1、B2ランナー。ツヤの美しいグロスインジェクションのランナーです。

 

▲B3ランナー。ウイングの基部などのパーツです。

▲B3ランナー。ウイングの基部などの薄いグレーのパーツです。

 

▲Cランナー。こちらもグロスインジェクションのランナー。青の発色が非常にいいですね。

▲Cランナー。こちらもグロスインジェクションのランナー。青の発色が非常にいいですね。

 

▲ウイングや外装のDランナー。こちらもグロスインジェクション。

▲ウイングや外装のDランナー。こちらもグロスインジェクション。

 

▲同じく外装やウイングなどの白部分を構成するEランナー。これでもかとグロスインジェクションのランナーが入ってます。豪華!

▲同じく外装やウイングなどの白部分を構成するEランナー。これでもかとグロスインジェクションのランナーが入ってます。豪華!

 

▲そしてFランナー。外装やウイングのアクセントになる薄いグレーのランナーです。

▲そしてFランナー。外装やウイングのアクセントになる薄いグレーのランナーです。

 

▲完成したときにチラリと見えるメカ部分のGランナーです。

▲完成したときにチラリと見えるメカ部分のGランナーです。

 

▲サーベル刃はグリーンでカーブのかかったもの。このほかに、ツインバスターライフルを本体と接続するためのリード線が入っています。

▲サーベル刃はグリーンでカーブのかかったもの。このほかに、ツインバスターライフルを本体と接続するためのリード線が入っています。

 

 

組み立て開始!

▲さあ、組みたてを開始する前にフレームを箱から取り出してみましょう。

▲さあ、組み立てを開始する前にフレームを箱から取り出してみましょう。

 

▲はじめからここまで出来上がった状態で箱に納められています。

▲はじめからここまで出来上がった状態で箱に納められています。

 

▲目は塗り分け済み。胸のコアパーツはクリアーパーツが入っています。

▲目は塗り分け済み。胸のセンサードームはクリアーパーツで再現されています。胸まわりなど、ツヤっぽく見える部分はダイキャストが使用されています。

 

▲せっかくなので各部のアップを……。

▲せっかくなので各部のアップを……。

 

▲ヒザアーマーがつく部分は独立して可動します。しかし、すごい出来ですねぇ。

▲ヒザアーマーがつく部分は独立して可動します。しかし、すごい出来ですねぇ。

 

▲ウイング取り付け基部。各部にビスが使用されているので、保持力も問題ありません。

▲ウイング取り付け基部。各部にビスが使用されているので、保持力も問題ありません。

 

▲可動範囲もバッチリ!

▲可動範囲もバッチリ!

 

▲ポージングにも不自由はなさそうです!!

▲ポージングにも不自由はなさそうです!!

 

▲それでは、組み立てていきましょう。まずは胴体から。

▲それでは、組み立てていきましょう。まずは胴体から。

 

▲外装をフレームにかぶせていく仕様なので、サクサク組みたてが進みます。

▲胴体が完成しました。外装をフレームにかぶせていく仕様なので、サクサク組み立てが進みます。

 

▲頭部横のマシンキャノンは写真のように展開が可能です。

▲頭部横のマシンキャノンは写真のように展開が可能です。

 

▲続いて頭部です。目のクマドリは薄いグレーで成形されています。

▲続いて頭部です。目のクマドリは薄いグレーで成形されています。

 

▲これをフレームの顔部分にパチリ。目の塗り分けもうれしいですね。

▲これをフレームの顔部分にパチリ。目の塗り分けもうれしいですね。

 

▲耳部分は、ゼロシステム始動時の再現のために、写真のように開くことができます。

▲耳部分はゼロシステム発動時の再現のために、写真のように開くことができます。

 

▲頭部の完成です。精悍なゼロの顔がしっかりと再現されています。

▲頭部の完成です。精悍なゼロのイメージがしっかりと再現されています。

 

▲次は腕部です。ここも、 パチパチと外装をハメていきます。アンダーゲートが全身に採用されているため、パーツカット跡も目立ちません。

▲次は腕部です。ここも、パチパチと外装をハメていきます。アンダーゲートが全身に採用されているため、パーツカット跡も目立ちません。

 

▲前腕カバーにはクリアーパーツがイン。非常に美しい仕上がりです。

▲前腕カバーにはクリアーパーツがイン。非常に美しい仕上がりです。

 

▲カバーを取り付けました。

▲カバーを取り付けました。

 

▲複雑なデザインの肩アーマーを取りつけ、腕部の完成です。

▲複雑なデザインの肩アーマーを取りつけ、腕部の完成です。

 

▲次は脚部にうつります。足首は、ダイキャストが効果的に露出しています。

▲次は脚部にうつります。足首は、ダイキャストが効果的に露出しています。

 

▲外装を取りつけ、脚部の完成です。

▲外装を取りつけ、脚部の完成です。薄いグレーのパーツがアクセントになっていますね。

 

▲本体の最後は腰部です。ここも、フレームにパチパチとアーマーを取りつけていきます。

▲本体の最後は腰部です。ここも、フレームにパチパチとアーマーを取りつけていきます。

 

▲後ろから。非常に情報密度の高いリアアーマーです。

▲後ろから。非常に情報密度の高いリアアーマーです。

 

▲さあ、本体が完成しましたよ。

▲さあ、本体が完成しましたよ。

 

▲残すはウイングと武装のみです!

▲残すはウイングと武装のみです!

 

▲ちなみに手首は、指部分を武装などによって差し替える定番の仕様です。

▲ちなみに手首は、指部分を武装などによって差し替える定番の仕様です。

 

▲さあ、最大の特徴でもあるウイング部分を作っていきましょう。ウイングは片側3つのユニットで構成されます。

▲さあ、最大の特徴でもあるウイング部分を作っていきましょう。ウイングは片側3つのユニットで構成されます。こちらはひとつめのユニット。写真手前のように展開します。

 

▲一番大きなふたつめのユニット。こちらも、右のように展開 することができます。

▲一番大きなふたつめのユニット。こちらも、右のように展開
することができます。

 

▲最後は肩上面につくユニットです。こちらもしっかりと展開します。

▲最後は肩上面につくユニットです。こちらもしっかりと展開します。

 

▲そしてツインバスターライフル。グリップが可動したり、腰に懸架することもできます。

▲そしてツインバスターライフル。グリップが可動したり、腰に懸架することもできます。

 

▲左右を合わせた状態。後方部分がスライドします。

▲左右を合わせた状態。後方部分がスライドします。

 

▲最後にシールドとビーム・サーベルを。ウイングガンダムゼロ EWのシールドは新鮮ですね!

▲最後にシールドとビーム・サーベルを。ウイングガンダムゼロ EWのシールドは新鮮ですね!

 

▲ちなみにビーム・サーベルんの柄はウイング基部に納めることができますよ。

▲ちなみにビーム・サーベルんの柄はウイング基部に納めることができますよ。

 

 

完成!

▲すべてのパーツを合わせれば、ハイレゾリューションモデル 1/100 ウイングガンダムゼロ EWの完成です!

▲すべてのパーツを合わせれば、ハイレゾリューションモデル 1/100 ウイングガンダムゼロ EWの完成です!

 

▲ド派手なウイングは圧巻のひとこと!

▲ド派手なウイングは圧巻のひとこと!

 

▲面構えも非常にイケメンです!!

▲面構えも非常にイケメンです!!

 

▲せっかくなので、スミ入れをしてみました。好みはわかれるかもしれませんが、さらに引き締まったイメージになったのではないでしょうか。

▲せっかくなので、スミ入れをしてみました。好みはわかれるかもしれませんが、さらに引き締まったイメージになったのではないでしょうか。

 

▲上から。ウイングの動きも出て、非常にカッコいい角度です。

▲上から。ウイングの動きも出て、非常にカッコいい角度です。

 

▲逆から。

▲逆から。

 

▲バックシルエットも美しい!

▲バックシルエットも美しい!

 

▲ハイレゾリューションモデルの持つ、ヒロイックなスタイリングを楽しむには武器なし素立ちもオススメです!

▲ハイレゾリューションモデルの持つ、ヒロイックなスタイリングを味わうには、武器なし素立ちもオススメです!

 

▲頭部アップ。マシンキャノンを展開してみました。

▲頭部アップ。マシンキャノンを展開してみました。

 

▲ゼロシステム発動状態。耳のカバーと、胸部が展開します。

▲ゼロシステム発動状態。耳のカバーと、胸部が展開します。

 

▲脚部のラインも非常に美しいものとなっています。

▲脚部のラインも非常に美しいものとなっています。

 

▲ウイングガンダムゼロ EWのアイデンティティともいえるウイング。展開したり、角度を変えたりすればさまざまな表情を見せてくれます。

▲ウイングガンダムゼロ EWのアイデンティティともいえるウイング。展開したり、角度を変えたりすればさまざまな表情を見せてくれます。

 

▲それにしてもスゴイデザインです!!

▲それにしてもスゴいデザインです!!

 

▲ウイングは、ポージング時にも画に動きをあたえてくれるので、

▲ウイングは、ポージング時にも画に動きをあたえてくれます。

 

▲ツインバスターライフルを構えた定番のポーズもバッチリ!

▲ツインバスターライフルを構えた定番のポーズもバッチリ!

 

▲ツインバスターライフルと本体は、付属のリード線で接続することができます。

▲ツインバスターライフルと本体は、写真のように付属のリード線で接続することができます。

 

▲ウイングをたためば、大気圏突入モードに。ウイング前面にロック部分があるので、しっかりと保持ができます。

▲ウイングをたためば、大気圏突入モードに。前面にロック部分があるので、しっかりと左右のウイングの位置を保持することができます。

 

▲そして最後は、ネオバード形態に!! 美しいデザインだけでなく、広げたウイングもにより、ボリューム感もかなりのものです!

▲そして最後は、ネオバード形態に!! 美しいデザインだけでなく、広げたウイングもによるボリューム感もかなりのものです!

 

これにて、今回のガンプラ新作レビューは終了です。半完成の精密なフレームにアレンジの効いたスタイリング、美しいグロスインジェクションの外装など、見どころ満載のハイレゾリューションモデル 1/100 ウイングガンダムゼロ EW。ぜひとも手に取って、その感動を味わってくださいね!!

 

 

DATA

ハイレゾリューションモデル 1/100 ウイングガンダムゼロEW

  • 発売中
  • 価格:12,960円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • eye
  • BFP_you_171021_main
  • main
  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop