【ガンダムビルドファイターズ連載】手軽に作る!バレットアメイジングストライクフリーダム

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

600logoGBF_BGtextuer4c

<ガンダムビルドファイターズD-Rまとめページ>

 

月刊ガンダムエース(毎月26日発売)連載のガンダムビルドファイターズ外伝『ガンダムビルドファイターズA-R(アメイジング レディ)』は、既刊の『ガンダムビルドファイターズA』の続編としてユウキ・タツヤの新たなる戦いが描かれています。

 

本連載『ガンダムビルドファイターズD-R』では、シナリオを手がけるスタジオオルフェ 千葉智宏先生の機体解説をはじめ、登場機体の作例記事や新製品の製品レポートを行っています。今回は、三代目メイジン・カワグチとレナート兄弟の激戦に登場した「バレットアメイジングフリーダムガンダム」をお手軽に再現できる方法を紹介! 塗装もしていますが、パーツの組み合わせだけならニッパーさえあればできてしまいますので、「大がかりな工作はちょっと……」という方もぜひ試してみてください!

 

BAM

▲劇中に登場した「バレットアメイジングストライクフリーダム」。アメイジングウェポンバインダーを6基装備しています。

 

なお、バレットアメイジングストライクフリーダムは、スタジオオルフェ千葉智宏先生による解説記事も掲載していますのでぜひご覧ください。

※関連記事

 

 

用意するもの

まずは用意するものから。本体の「HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム」を1つ、そしてアメイジングウェポンバインダーですが、これは6つ必要。「HGBC 1/144 アメイジングウェポンバインダー」には2つ入っていますから、同製品を3つ用意します。3つ手に入らなければ、「HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング」にも2つ(一対)入っていますので、そちらを用意してもいいでしょう。なお、劇中では6基接続されていますが、増やしたり減らしたりは自由でよいのではないでしょうか?

 

IMG_9296

▲HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム

 

IMG_9298

▲HGBC 1/144 アメイジングウェポンバインダー

 

IMG_9301

▲HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング

 

 

ランナーごと塗装して、手軽に色を変えてみる

バレットアメイジングストライクフリーダムは、劇中で機体色がグリーンだと言われています。今回は、大幅に色を変更する際にお手軽な方法を使ってみました。すなわち、「ランナーごと塗装してしまう!」です。やや乱暴なやりかたではありますが、スプレーでさーっと塗ってしまえば作業は完了ですし、ガンプラ成形色がランナーごとに分かれているので、マスキングの手間などもかかりません。もっとも、アメイジングストライクフリーダムガンダムにアメイジングウェポンバインダーを取りつけただけで、色を変えずとも機体の形状にかなりの変化が出て楽しめますので、色の変更はお好みで!

 

なお、コミックはモノクロで、グリーンの案配までは分かりません。そこは想像で好きな色をチョイスするのも面白いのではないでしょうか? 今回はメタリックな雰囲気を目指して、GSIクレオスの「Mr.カラースプレー 77番・メタリックグリーン」を使用しました。

※スプレーを使う際には、火気・換気に十分気をつけてください。また、ビニールのシートを用意するなど、周囲に塗料が飛び散らないようご注意ください。

 

IMG_9229

▲今回使用したスプレーと、塗装し終わったランナー。

 

まずは、塗装するランナーの選択ですが、ここは白いランナーのみを塗ることに。なお、一部のランナーは色プラになっていますが、そこは白い部分のみ切り離して塗装しました。

 

▲塗装の途中。塗装の途中。スプレーを吹く際は、スプレー自体の動きを止めてしまうと一箇所に塗料が多く塗布されてボタボタになってしまうので、常に移動させながら吹きました。また、1回で全部終わらせようとせず、いったん吹いたら乾くのを待ち、さまざまな角度から色が乗るまで何回かに分けて吹き付けました。

 

▲塗装がほぼ完了。塗装がほぼ完了。大きなランナーは2つに分ければ、小回りが利いてやりやすくなります。

 

 

塗装が終わったら、組み立てを開始。ところが、ここでちょっと気になる点が……。ランナーごと塗装したため、パーツを切り離すとゲート跡が白いままになってしまうのです。気にならないといえば気にならないのですが、ちょっと工夫してみるのも面白いところ。

 

▲赤丸で囲んだ部分。ゲート跡(ランナーからパーツを切り離した跡)は、どうしても元のランナーの色になってしまいます。赤丸で囲んだ部分。ゲート跡(ランナーからパーツを切り離した跡)は、どうしても元のランナーの色になってしまいます。

 

 

そこで、ガンダムマーカーの「ガンダムメタグリーン」を使ってチョイチョイとゲート跡に塗っていきました。

IMG_9234

 

▲ガンダムマーカーで塗ったところ。ガンダムマーカーで塗ったところ。実は違う色なので(ガンダムマーカーのほうがメタリックな色調が強い)完全に隠すことはできませんが、真っ白よりもだいぶんと目立たなくなりました。

 

これにて塗装はサックリ終了! あとはパチパチと組み立てていくだけです。

 

 

アメイジングウェポンバインダーを接続する(といっても付け替えるだけ)

アメイジングストライクフリーダムガンダムを組み終わったら、アメイジングウェポンバインダーも作って接続します。接続といっても、アメイジングストライクフリーダムガンダムのバックパックから伸びているアームに、そのまま付けられてしまいますので、挿すだけ。ガンダムビルドファイターズの接続穴は基本的に3mm径が多いので、ほかのパーツもいろいろ付けられる余地があります。お好みのパーツを付けてみるのも面白いのではないでしょうか?

 

▲アメストのバックパックから伸びるアームは、そのままアメイジングウェポンバインダーを接続できてしまいます。アメストのバックパックから伸びるアームは、そのままアメイジングウェポンバインダーを接続できてしまいます。

 

さて。とはいえバックパックに接続できるアメイジングウェポンバインダーは左右1対(合計2個)のみ。バレットアメストは片側3つ、計6つ装備されています。あと2つ分を接続するために使ったのは、これまたランナーです。

 

IMG_9243

▲今回はアメイジングウェポンバインダーのランナーを切り取って使いました。

 

ランナーは、たまたま径が合っていたので使用できたのですが、もちろんプラ棒を買ってくるのもアリですね。また、細かったり太かったりしたら、テープで太らせたり少し削ったりと加工すればよいでしょう。

 

IMG_9241

▲ランナーで各アメイジングウェポンバインダーを貫いて接続。

 

アメイジングウェポンバインダーを3つ接続したら、ランナーの飛び出た部分をニッパーで切り取ってしまいます。切り取ったままだと「ちょっとカッコ悪いな」と思われるかもしれません。そこは工夫のしどころ。ディテールを付け足したり、フタをするパーツを付けてみたりと、遊んでみるのも楽しいのではないでしょうか? また、ランナーで一直線に繋げるのも、どうも好きではないという方もいらっしゃるかもしれません。その場合は、アメイジングウェポンバインダーに付属しているクランク型の接続パーツ(本来の接続パーツ)を使ってみてもいいでしょう。

 

というわけで……完成!

すべてのバインダーを装着すれば、「バレットアメイジングストライクフリーダム」の完成となります! ちょっとグリーンの色がドギツイ感じになってしまいましたが、それはお好みで色をチョイスしてみてください(その時間もまた、楽しいと思います)。作業時間も手間も、そして特別な道具も必要なく、誰でもすぐにカスタムしたアメイジングストライクフリーダムガンダムを作れますので、ぜひ!

 

▲完成した「バレットアメイジングストライクフリーダム」。完成した「バレットアメイジングストライクフリーダム」。ランナーにサーッとスプレーを吹くだけで、ここまで雰囲気が変わってきます。

 

▲後ろから。後ろから。巨大なアメイジングウェポンバインダーが迫力ありますね!

 

▲アメイジングウェポンバインダーを買うと、実は楽しいことがもうひとつ。アメイジングウェポンバインダーを買うと、実は楽しいことがもうひとつ。大量の武器が手に入ります。レナート兄弟との戦いのように、多武装戦を想定するのも楽しいですね。

 

▲アメイジングウェポンバインダーを前面に向けてフルバースト的なポーズも。アメイジングウェポンバインダーを前面に向けてフルバースト的なポーズも。大型武装ならではの迫力です。

 

 

DATA

HGBF 1/144 アメイジングストライクフリーダムガンダム

  • 価格:2,484円(税込)
  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

HGBC 1/144 アメイジングウェポンバインダー

  • 価格:540円(税込)
  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

HGBF 1/144 ケンプファーアメイジング

  • 価格:1,944円(税込)
  • 1/144スケールプラスチックキット
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

関連記事

 

(c)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • 01catch
  • ec
  • I201711GEAR_i