【ガンプラ新作レビュー】「HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)」を作ってみた!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

新規造形のショルダー・キャノンに注目!

 

▲ガンダムエースで連載中の「機動戦士ガンダム THE ORIGIN ククルス・ドアンの島」に登場し、人気の高い局地型ガンダム北米戦仕様。▲『月刊ガンダムエース』で連載中の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ククルス・ドアンの島』に登場し、人気の高い局地型ガンダム(北米戦仕様)。ショルダー・キャノンをぶっ放すボックスアートもイカしてます!!

 

発売されたばかりのガンプラを買ってきて、組み立てて紹介する「ガンプラ新作レビュー」。今回は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD』より、“黒い局地型ガンダム”こと、HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)をレビューします。ガンプラファンが待ち望んだ1/144サイズのショルダー・キャノンが付属することでも注目の集まるこのキット、どのような内容になっているのか、さっそく見ていきましょう!!

 

▲鮮やかなラインデカールもカッコいい局地型ガンダム(北米戦仕様)。写真はキットを成形色フィニッシュで仕上げた状態です。

▲鮮やかなラインデカールもカッコいい局地型ガンダム(北米戦仕様)。写真はキットを成形色フィニッシュで仕上げた状態です。

 

 

キット内容の確認

▲まずは箱の中身を確認していきましょう。謎の多い“黒い局地型ガンダム”の解説もバッチリ読み込んじゃいましょう。

▲まずは箱の中身を確認していきましょう。こちらは説明書。謎の多い“黒い局地型ガンダム”の解説もバッチリ読み込んじゃいましょう。

 

▲Aランナーです。胸部につくオレンジ色のパーツが鮮やかな多色成形のランナーです。

▲Aランナーです。胸部につくオレンジ色のパーツが鮮やかな多色成形のランナーです。

 

▲Bランナー。頭部やシールドも入った外装のランナーです。

▲Bランナー。頭部やシールドも入った外装のランナーです。

 

▲濃いグレーの部分と頭部のオレンジ部分のCランナー。蛍光色っぽいオレンジが美しいです。

▲濃いグレーの部分と頭部のオレンジ部分のCランナー。蛍光色っぽいオレンジが美しいです。

 

▲薄いグレー部分と、局地型ガンダムの特徴であるバイザーのDランナー。バイザーは赤いクリアーパーツです。

▲薄いグレー部分と、局地型ガンダムの特徴であるバイザーのDランナー。バイザーは赤いクリアーパーツです。

 

▲オリジンシリーズではおなじみの、マシンガンのランナーです。

▲オリジンシリーズではおなじみの、MS用マシンガンのランナーです。

 

▲ショルダー・キャノンとバックパックという、新規造形部分を形成するHランナー。

▲ショルダー・キャノンとバックパックという、新規造形部分を形成するHランナー。

 

▲ポリキャップとビーム・サーベル刃です。

▲ポリキャップとビーム・サーベル刃です。

 

▲最後はホイルシールとマーキングシール。全身のオレンジ色のラインは、余白がないのがうれしいです。

▲最後はホイルシールとマーキングシール。全身のオレンジ色のラインは、余白がほとんどないのがうれしいですね。

 

組み立て開始!

▲さあ、パーツの確認も終わったので組み立てていきましょう。まずは胴体から。腹部はボールジョイントで胸部前面に接続する方式です。

▲さあ、パーツの確認も終わったので組み立てていきましょう。まずは胴体から。腹部はボールジョイントで胸部前面に接続する方式です。

 

▲首パーツは可動軸が入っているので、ショルダー・キャノンを構えたポーズのときなど、上を向いた姿勢を自然に再現できます。

▲首パーツは可動軸が入っているので、ショルダー・キャノンを構えたポーズのときなど、上を向いた姿勢にも自然に対応してくれます。

 

▲外装をつければ、胸部 の完成です。

▲外装をつければ、胸部の完成です。シックな色合いに差し色のオレンジが効いてますね。

 

▲続いて新規造形のバックパックです。ビーム・サーベル部分はポリキャップで接続されており、基部ごと取り外すことができます。

▲続いて新規造形のバックパックです。ビーム・サーベル基部はポリキャップで接続されており、取り外すことができます。

 

▲今回の目玉のひとつであるショルダー・キャノン。基部もしっかり可動します。

▲そして目玉のひとつであるショルダー・キャノン。RX-78-2に移植しようと考えてる人も多いのではないでしょうか? 素晴らしいディテールで、基部もしっかり可動します。

 

▲ビーム・サーベルを基部ごと外せば、このようにショルダー・キャノンをつけることができます。

▲ビーム・サーベルを基部ごと外せば、このようにショルダー・キャノンをつけることができます。

 

▲そして今回、新規パーツでこのようなジョイントが付属します。

▲ちなみに今回、新規パーツでこのようなジョイントが付属します。

 

▲ジョイントをビーム・サーベル基部の接続穴につければ、写真のようにシールドとMS用マシンガンをバックパックに懸架することが可能です。

▲ジョイントをビーム・サーベル基部の接続穴につければ、写真のようにシールドとMS用マシンガンをバックパックに懸架することが可能です。非常にメカニカルでシビれるギミックですね!

 

▲胴体が完成したので頭部に移りましょう。バイザーの下にはしっかりとツインアイが。

▲胴体が完成したので頭部に移りましょう。バイザーの下にはしっかりとツインアイが。

 

▲頭部の完成です。バイザー越しにうっすら見えるツインアイがなんともカッコいいですね。

▲頭部の完成です。バイザー越しにうっすら見えるツインアイ……なんともカッコいい演出です。

 

▲お次は腕部です。優れた可動範囲も局地型ガンダムのポイントです。

▲お次は腕部です。ヒジ関節もこの通り。優れた可動範囲も局地型ガンダムのポイントです。

 

▲肩アーマーと手首をつけ、腕部の完成です。

▲肩アーマーと手首をつけ、腕部の完成です。

 

▲ちなみに肩アーマーは、写真のように独立して可動。ポージングの際に威力を発揮します。

▲ちなみに肩アーマーは、写真のように独立して可動。ポージングの際に威力を発揮します。

 

▲脚部に移ります。ジャバラ状のモールドが特徴的な足首から。

▲脚部に移ります。ジャバラ状のモールドが特徴的な足首から。

 

▲スネパーツを前から見たところ。三つに分割されているので、合わせ目が気になりません。

▲スネパーツを前から見たところ。3つに分割されているので、合わせ目が気になりません。

 

▲脚部が完成しました。

▲脚部が完成しました。

 

▲最後は腰部を組みたて、本体の完成です。

▲最後は腰部を組み立て、本体の完成です。パーツの数も絶妙で、ここまでサクサク組み上げることができました。

 

▲付属の武装類です。ここまできたら……。

▲付属の武装類です。ここまできたら……。

 

完成!!

▲HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)の完成です!

▲HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)の完成です!

 

▲まだマーキング類を貼っていません。

▲まだマーキング類を貼っていない状態です。

 

▲プロポーションも非常にカッコいいですね。

▲プロポーションも非常に美しいですね。

 

▲後ろから。ショルダー・キャノンが目立っています。

▲後ろから。ショルダー・キャノンが目を引きます。

 

 

成形色フィニッシュで仕上げる!!

▲完成したHG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)にマーキングシールを貼り、成形色フィニッシュで仕上げてみました。

▲完成したHG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)にマーキングシールを貼り、成形色フィニッシュで仕上げてみました。

 

▲上から。スミ入れとトップコートを吹いたのみです。

▲上から。スミ入れとトップコートを吹いたのみです。

 

▲後ろから。マーキングが入ると、ガラリと印象が変わりますね。

▲後ろから。マーキングが入ると、ガラリと印象が変わりますね。

 

▲上半身。さきほども述べましたが、全身のラインは余白がほとんどなく、自然に仕上げることができます。

▲上半身。全身のライン用シールは余白がほとんどなく、貼るだけでリアルな仕上がりになります。

 

▲シールド。マーキングが映える部分です。

▲シールド。マーキングが映える部分です。

 

▲美しいラインを形成する脚部。

▲美しいラインを形成する脚部。

 

▲そしてショルダー・キャノン。前方への可動もバッチリです。

▲そしてショルダー・キャノン。前方への可動もバッチリです。

 

▲シールドとMS用マシンガンを懸架した状態です。

▲シールドとMS用マシンガンを懸架した状態です。

 

▲通常の局地型ガンダムと同じく、ビーム・サーベルのダブル増備も可能です。

▲通常の局地型ガンダムと同じく、ビーム・サーベルのダブル増備も可能です。

 

▲ショルダー・キャノン発射ポーズも決まります。

▲ショルダー・キャノン発射ポーズも決まります。

 

▲優れた可動範囲により、迎撃姿勢もお手の物。

▲優れた可動範囲により、対空姿勢もお手のもの。

 

▲最後は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ククルス・ドアンの島』初登場時をイメージしたポーズで。

▲最後は『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ククルス・ドアンの島』初登場時をイメージしたポーズで!

 

新規造形のショルダー・キャノンはもちろんですが、本体も名作キット・HG 1/144 局地型ガンダムをベースにしたキットだけに、その完成度は素晴らしいものです。なにより“黒いガンダム”は、やはりいつになってもテンションが上がりますよね(笑)。ぜひ、手にとって実際に組み立ててみてくださいね!!

 

DATA

HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)

  • 発売中
  • 価格:2,160円(税込)
  • 発売元:バンダイホビー事業部

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • ec
  • eye
  • BFP_you_171021_main
  • main
  • ec
  • I201710PIK_i
  • I201710BCDAA_i
  • kyoktop