【ガンダムビルドファイターズ連載】GMの逆襲、そしてA-Rに登場!ガンダムフェニーチェの陸上戦対応モデル“リベルタ”

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

600logoGBF_BGtextuer4c

<ガンダムビルドファイターズD-Rまとめページ>

 

月刊ガンダムエース(毎月26日発売)連載のガンダムビルドファイターズ外伝『ガンダムビルドファイターズA-R(アメイジング レディ)』は、既刊の『ガンダムビルドファイターズA』の続編としてユウキ・タツヤの新たなる戦いが描かれています。

 

GA121H▲月刊ガンダムエース12月号発売中! 『機動戦士ガンダム00』10周年! 海老川兼武氏による、ガンプラファンには垂涎の10th Anniversary Colorのダブルオーガンダムが表紙に描かれています! 今回の『ガンダムビルドファイターズA-R』もフェリーニとカイザーのアツい戦いが! そしてプリンセスは……。

 

 

本連載『ガンダムビルドファイターズD-R』は、『ガンダムビルドファイターズA-R』と連動し、その登場機体を外伝のシナリオを手がけるスタジオオルフェ 千葉智宏先生に解説していただきます。今月は、イタリア代表の伊達男、リカルド・フェリーニが駆る「ガンダムフェニーチェリベルタ」について。『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』に登場したこの機体ですが、今月号の『ガンダムビルドファイターズ A-R』にも登場! 両エピソードの関連性も語られます!

 


イタリアの伊達男が、フェニーチェに与えた新たな力!

ガンダムフェニーチェリベルタ

 

イタリア代表のリカルド・フェリーニは世界大会の常連選手。当然のように第8回世界大会にも出場しています。順調に本大会に進んだ彼はカルロス・カイザーに当たることになりました。カイザーは第7回大会は敗退していますが、その強さは本物です。このバトルでフェリーニが用意したガンプラは、ガンダムフェニーチェリベルタでした。

 

1000117497_8

▲HGBF 1/144 ガンダムフェニーチェリベルタ

 

1000117497_9

▲ガンダムフェニーチェリベルタのバイク形態であるホッパーモード。

 

これは、ガンダムフェニーチェリナーシタをパーツ換装した機体であり、リナーシタが空に対応した機体であったのに対して、リベルタは陸に対応しています。そしてカイザーが用意したのは、「バイク戦艦」として有名なアドラステア。結果、車輌(ビークル)対決となりました。

 

▲数々の巨大ガンプラを使いこなすカルロス・カイザー。▲数々の巨大ガンプラを使いこなすカルロス・カイザー。今回はなんと! バイク戦艦アドラステアで参戦! 対するフェリーニはリベルタのホッパー形態で対応します。

 

多くのファンの方が知っているように、ガンダムフェニーチェリベルタは、『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』で登場したガンプラです。実はこのアニメのエピソードは、第8回世界大会の直前に起きたもの。フェリーニは投入するタイミングと条件を考慮しながら、リナーシタとリベルタを使い分けていたのです。

 

マンガがアニメの未来を描いていても、アニメが公開されるまでリベルタの存在は秘密でした。そのためマンガでは匂わせる程度の登場になっていました。たとえば14話。予選3日目はレース競技でしたが、リカルドはすでに競技を終えており、インタビューを受けています。ここではバイクを使用したことしか分かりません。ですが、使用されたのはメテオハッバーではなくリベルタです。

 

▲14話『バイアスロン』にて、インタビューを受けるフェリーニ。▲14話『バイアスロン』にて、インタビューを受けるフェリーニ。「リカルド・フェリーニがバイクで」との解説が流れている(単行本第3巻収録)。

 

また、15話。予選8日目、地形選択バトルでメイジンとフェリーニが戦うことになります。ここでメイジンはフェリーニが地上型(バイク)で来ると読みます(その読みははずれます)。これはリベルタを見た直後だからです。同様にフェリーニは、メイジンが水陸両用モビルスーツを出してくると予測します。これはアメイジングズゴックを見たからなのです。

 

▲15話『激闘! 予選リーグ』にて「水陸両用型」を予測したフェリーニ。▲15話『激闘! 予選リーグ』にて「水陸両用型」を予測したフェリーニ。実は彼の脳裏には、アメイジングズゴックが浮かんでいた。

 

▲上記2エピソードは、現在発売中の第3巻に収録されているが、単行本のセリフルビでは「すいりくりょうようがた」ではなく「アメイジングズゴック」と具体名が記述されているので、見比べていただきたい。▲上記2エピソードは、現在発売中の第3巻に収録されていますが、単行本のセリフルビでは「すいりくりょうようがた」ではなく「アメイジングズゴック」と具体名が記述されているので、見比べていただきたい。

 

このフェリーニとメイジンの地形選択バトルの決着は単行本の第4巻に収録されます。ぜひ、単行本が発売されたらチェックしてください。2人が予想したリベルタVSアメイジングズゴックはプレミアムバンダイのキットで実現可能。こちらもぜひ、手に入れて夢のバトルを展開してみてください。

 

 

関連情報

 

(c)創通・サンライズ

HGBF 1/144 ガンダムフェニーチェリベルタ

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201711GEAR_i
  • ec