【狙い撃つぜ!】『機動戦士ガンダム00』10周年記念!主役機のHGガンプラを振り返る!「ガンダムデュナメス」編(再掲載)

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2007年10月6日より放送が開始された『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』。本作品も早いもので2017年で10周年を迎えました。そこで、本記事では放送当時に『電撃ホビーマガジン』に掲載されたガンプラ作例をご紹介! 『ダブルオー』を知っている方もそうでない方もこの機会に振り返ってみてはいかがでしょうか!!

 

※バックナンバー

 

第2回目は狙撃の名手「ロックオン・ストラトス(ニール・ディランディ)」が搭乗する「GN-002 ガンダムデュナメス」。遠距離戦用MSであるものの、GNシールドやGNビームピストル、GNビームサーベルなどの中~近距離の武装を装備しているので各種任務に適した様々な銃器を使い分けるガンダムです。ガンプラは2007年11月に発売され、HGガンダムエクシアと同様に設定どおりの塗り分けがフォローされている素晴らしいキットでした。現在も手軽に手に入れられるので、この記事を参考に作ってみましょう!

 

I2017G00D_024

デュナメス、目標を狙い撃つ

 

GN-002 ガンダムデュナメス

※初出:電撃ホビーマガジン2008年1月号/記事内容は雑誌発売当時のものです。

 

さて、デュナメスは2回目となりますが、よろしくです。

このキットシリーズの“後ハメ加工”についての傾向と対策は、先月号(『電撃ホビーマガジン2007年12月号』)の小松氏、桜井氏、長谷川氏らの作例でほぼ解答が出ていると思いますので、今後のキットに応用していきましょう。

I2017G00D_005 I2017G00D_006

 

今回のデュナメスでは、肩アーマー、太モモはモールドを追加して塗装後に組み立て。ヒジ上部は戦車キットのターレット部分のように差し込み後回転して固定する方式に。

I2017G00D_003

▲上腕のロール部分は、上腕側の軸と肩の受け側を写真のように削っておくと、180度回転させてハメ合わせる仕組みにできる。

 

ヒジ下部は軸受けをカットして差し込み。

I2017G00D_004

▲ヒジは受け側をハの字に切ると後ハメできるが、何度も抜き差しすると耐久性が落ちるので注意!

 

アンテナはトサカを取り付けると隠れる上部に溝を掘って差し込み。

I2017G00D_001

▲頭部はアンテナの取り付け軸を短くすると、塗装後に取り付けることができる。

 

I2017G00D_002

▲顔は接続部分を短く削っておくだけで、ラクに後ハメ可能に。

 

I2017G00D_025

I2017G00D_026

▲そのままでも問題はないものの、本キットで気になる肉ヌキ部分はこの2点。面積は小さいので、パテかプラ板のどちらかを用いて処理すればよいだろう。

 

スネは軸受けをカット、しかし関節基部が膨らんでいるためにそのままでは差し込めないので、スネのアキレス腱部分のみ接着、合わせ目を消した後で強引にスネ上部を開いて差し込みました。

I2017G00D_007 I2017G00D_009 I2017G00D_008

 

その他の注意点ですが、アンテナパーツは可動式のため、あんまりツンツンにすると折れやすくなるのでほどほどに。

I2017G00D_012

▲アンテナのエッジは鋭く削り込んである。ガンカメラなど、部位ごとの質感に合わせた彩色表現にも注目!

 

I2017G00D_013

▲V字アンテナを下に動かすと狙撃時の形態に。ガンカメラのレンズ部はクリアーパーツに置き換えてディテールアップ。

 

ライフルは合わせ目消しが大変ですが、見せ場でもあるので気合を入れて仕上げましょう。

I2017G00D_022I2017G00D_023

 

I2017G00D_017

▲GNスナイパーライフルはパーツ差し替えでバイポッド展開時も再現可能。こちらのセンサー部も、クリアパーツに変更している。

 

可動部分は隙間が割りとシビアなので、塗装、とくに私のようにツヤ消しで仕上げる人は剥がれ防止のためのクリアランスを取っておきましょう。

I2017G00D_015

▲リボンケーブルは紙ヤスリで磨き、パーティングラインを処理してある。

 

I2017G00D_021

▲HGガンダムエクシアと同様に、出来の良い平手が付属。GNスナイパーライフルの添え手としても使える嬉しいオプションだ。

 

I2017G00D_018

▲足裏のつま先とかかとの色を変えて、アクセントとしてみた。

 

塗装は汚し塗装も似合いそうですが、普段“ちょいプロ”でやっているので(笑)、今回は普通に仕上げています。細かいグレーの塗り分けが大変ですが、みなさんも頑張ってください。それではまた。

I2017G00D_010 I2017G00D_011

 

I2017G00D_020

▲GNフルシールドはスプリッターパターンの塗装を施してある。単色の時より面の広さが引き締まった印象に映り、おもしろい効果の仕上がりとなった。

 

I2017G00D_016

▲GNフルシールドは裏側のモールドもしっかりと塗り分けて仕上げている。

 

I2017G00D_019

▲リアのパーツは内側のグレー部分をしっかりと塗り分けて仕上げてある。

 

I2017G00D_014

▲GNドライブのリング部分は付属シールの余白を貼ってデコレーションを行っている。

 

※本記事内容は電撃ホビーマガジン2008年1月号の再掲載となります。

 

カラーリングデータ

  • 白:308番・グレーFS36375→1番・ホワイトでハイライト
  • 緑:66番・デイトナグリーン+ガンダムカラーグリーン1+80番・コバルトブルー
  • グレー:331番ダークシーグレーBS381C
  • 黄:ガンダムカラーイエロー2
  • 赤:ガンダムカラーレッド1+1番・ホワイト
  • ケーブル部分:ガンダムカラーバイオレット2+1番・ホワイト

※すべてGSIクレオスの「Mr.カラー」「ガンダムカラー」を使用

 

DATA

HG 1/144 ガンダムデュナメス

  • プラモデル
  • 1/144スケール
  • 発売元:バンダイ
  • 価格:1,620円(税込)
  • 発売中

 

関連情報

 

関連記事

 

(C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう


ピックアップ

Gallery

  • I201801WFNDP5_i
  • I201712HCAG_i
  • ec
  • 01catch-2