スーパー銭湯のアイドル、あの純烈がスクリーンでついにヒーローへと変身を果たす!映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』発表会見レポート!

取材・撮影・文●キャプテン住谷

健康センターやスーパー銭湯などで歌い続け、念願の紅白歌合戦出場を果たし、また特撮ファンにとってはおなじみのムード歌謡グループである純烈が、なんと銀幕デビュー決定! 温泉を守るヒーロー“純烈ジャー”へと変身する映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』が、2021年秋に全国ロードショー予定と発表されました。本稿では、純烈メンバーの後上翔太さん・白川裕二郎さん・小田井涼平さん・酒井一圭さん、そして本作のメガホンをとる佛田洋監督が登壇した会見の模様をお届けします!

 

 

最初の挨拶では「今まで僕だけ役名を名乗る機会がなかったので、これからは『純烈ジャーの後上翔太です』と言えるようになったのが嬉しい」と後上さん。

 

また、本作の監督は純烈リーダーである酒井さんから、直々に佛田さんへオファーを行ったことが明かされました。酒井さんは『スーパー戦闘 純烈ジャー』企画立ち上げの経緯について、以下のように語りました。

 

「皆さんご存知の通り、僕たちは『ガオレンジャー』『ハリケンジャー』『仮面ライダー龍騎』出身で、いつかは東映に戻って、僕たちの故郷である戦隊や仮面ライダーに帰ってこられるような俳優になりたいと思っていました。夢は紅白出場・親孝行を目指して活動してきた僕たちは、これまでにたくさんのマダムたちに応援してもらった。だから、そんなマダムたちにいつかは特撮作品を見てもらいたいという気持ちはあって、“それなら純烈そのものがヒーローになったら、笑顔になってもらえるんじゃないか”と考えていたんです」と胸中を吐露。また、酒井さんは本作実現の立役者として『忍風戦隊ハリケンジャー』尾藤吼太/ハリケンイエロー役の山本康平さんの名を挙げました。「山本康平くんは純烈がしんどかった頃にたくさん助けてくれて、今回の話も彼から東映に働きかけてくれたんです。東映のスタッフさんたちにもいっぱい協力してもらって、採石場でドッカンドッカン爆破してきました。純烈ファンはもちろん、『ゼンカイジャー』や『キラメイジャー』を追いかけてるお孫さんまで3世代が楽しめる映画のつもりです」と胸を張りました。

 

映画デビューが決まった時の気持ちを問われた後上さんは、「“スーパー戦闘”という、“銭湯”の名を冠したヒーローになれるのが純烈らしさですよね」とコメント。白川さんは「僕にとってもヒーローは原点ですし、戻ってくることができて嬉しいです。(『ハリケンジャー』出演)当時応援してくれたファンや今の東映ファンにも、あわよくば純烈のファンになって欲しいです(笑)」と笑顔。

 

小田井さんは「単純に映画というのが嬉しいですよね。今もそういった活動はしていますけど、僕は元々俳優で、やっぱり映画に出られるという時点でテンションが上がる。そして、映画ということでTBSの『王様のブランチ』に出られるんじゃないかと。LiLiCoのインタビューを受けられるかも知れないですよね」と話し、会場の笑いを誘いました。小田井さんは「龍騎が『仮面ライダージオウ』のスピンオフとして映像化した時、主要キャストがほぼ出てるのに自分は出られなかったんですよね。このため(本作への出演)にそっちには出られなかったということにしておいてください」小気味よく続け、すっかり会見を独壇場にしてしまいました。

 

本作の内容について問われた佛田監督は「基本的にはコメディタッチで、純烈のミュージカルシーンもあります。約85分くらいの内容で、今日はまだ発表できないけどすごいゲストが参加しています」と期待を煽りました。また、撮影の感想については「後上くんだけが演技の経験がなかったので不安だったけど、やらせてみたら意外と良かったかな……」とジョークで返して笑いが起こるなど、和やかな雰囲気で進行。

 

また主題歌「NEW(入浴)YORK」については、「作詞は酒井が、そして作曲は多くの特撮作品で歌を担当している影山ヒロノブさんに手がけてもらいました。この映画のためだけに作ってもらって、それを歌っています」とアピールする白川さん。会見会場でも流れていましたが、いかにも王道の特撮ソングといった仕上がりで、アツくノれる曲となっていました。

 

見せ場の変身シーンについて、酒井さんは「全員で声を合わせる場面で、(純烈として)10年以上もやってると特に打ち合わせしなくても息が合うんですよ。ただ、個別の名乗りは照れ臭かったですね。『ガオレンジャー』の時は25歳だったんですけど、45歳にもなるとこうも声が出ないのか……」と年齢を実感したエピソードを披露。その一方、小田井さんは「仮面ライダーは戦隊みたいに名乗ることがないので、合わせるの難しかったです。チラチラ隣を見ながらやってたので、もしかすると僕の目線だけちょっとおかしいかも知れないですね」と、またしても小田井節を発揮して爆笑を起こしました。

 

記者からの質疑応答の時間には、「皆さん当時に比べると立派な体格になられていますが、アクションは大丈夫でしょうか?」という質問がグサリ。酒井さんは「アクションというのはですね、やられる方が上手ければなんとかなるものなんです(笑)。ただ、やっぱり体は鈍ってたので翌日は体が痛かったですね」と一枚上手の対応で、ピリッとした空気を物ともせず和ませました。それを受けた小田井さんは「変身すると、スーツの力でなんとかなっちゃうんですよ。どういう科学テクノロジーで作られているのか……」と際どいボケでたたみかけ、その深みを見せつけました。

 

そんな純烈からのお願いとして、本作のポスターを掲出してくれる温浴施設を募集しているとのこと。小田井さんは「昨今の情勢を受けて、お世話になっていた相模健康センターが閉館してしまった。我々を通して、少しでも活気が戻ればいいなと思います」とメッセージを送りました。

 

DATA

映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』

  • ストーリー:スーパー銭湯のアイドルとして歌い続け、2020年には紅白歌合戦3年連続出場を果たしたムード歌謡グループ純烈。歌謡界のスターダムである彼らだが、世を忍ぶ仮の姿を持っていた。皆の憩いの場となる温泉施設の平和を守るヒーロー“純烈ジャー”としても人知れず温泉の平和を乱す悪と戦っていたのだ――。ある時、全国の温泉でイケメンが行方不明になるという怪事件が多発し、巷で話題となっている。しかし、事件性は見られず警察の捜査は見送られてしまった。温泉の危機を感じ取った純烈のメンバーは独自に捜査を開始するのだが……。
  • 出演:後上翔太/白川裕二郎/小田井涼平/酒井一圭
  • 監督:佛田洋
  • 脚本:久保裕章
  • ナレーション:鈴村健一
  • アクション監督:竹田道弘
  • 主題歌:純烈「NEW(入浴)YORK」(日本クラウン)/作詞:酒井一圭/作曲:影山ヒロノブ
  • 制作:特撮研究所
  • 製作・配給:東映ビデオ
  • 2021年秋全国ロードショー予定

(C)2021 東映ビデオ

関連情報

 

関連記事

上に戻る