ランナー3,000枚で作った「1/1 ガンダムヘッド」も展示!「ガンダム R(リサイクル)作戦 FINAL 2021」オープニングセレモニー会場をレポート!

2021年11月19日(金)、バンダイナムコグループの横断プロジェクト「ガンダム R(リサイクル)作戦 FINAL 2021」のオープニングセレモニーが新宿住友ビル 三角広場で行われました。

 

 

本イベントでは、2021年10月20日から約1カ月間実施された、ガンダムを通してリサイクルへの関心を高めようという活動「ガンダム R(リサイクル)作戦」で回収されたランナー約1トンが会場に集結。そのランナーを利用して作られたインスタレーション展示「1/1 ガンダムヘッド」や、作家メディアアーティスト・落合陽一さんによる「可塑庵(ぷらあん)」、クリエイティブカンパニー「NAKED,INC.」による「NAKED FLOWERS」もお披露目されていました。

 

▲会場入り口に展示された「1/1 ガンダムヘッド」。回収したランナー3,000枚から作られているとのこと。

 

 

▲落合陽一さんにより作られたインスタレーション展示「可塑庵(ぷらあん」。外壁に使用済みランナーを用いた2畳ほどの茶室で、設計は利休が作った待庵の写しであるとのこと。名前は可塑性物質=プラスチックから。

 

▲セレモニーには落合陽一さん本人も登場。可塑庵を作った理由として「たとえば利休が建てた待庵を見ると、そこに廃材が使われていたり、地産地消の掘り出し物を使うというカルチャーが500年前からあるわけです。それならばガンプラをたくさん作った茶人はランナーで茶室を作るかもしれないじゃないですか。ガンプラのランナーは、茅葺屋根と同じくらい日本を代表する謎のリサイクルマテリアルだと思います」と話していました。

 

▲壁面にはトリコロールカラーを用いた光輪が。これはゴッドガンダムの日輪をイメージしているとのこと。「ネオジャパンのガンダムなのでちょうどいいかなと」(落合さん)

 

▲よく見ると同じ黄色でもランナーによって色味が違っているのもおもしろいところです。

 

 

▲掛け軸にはランナーが溶ける様子をイメージした映像が流れています。この映像、しばらく眺めていると…。

 

▲「明鏡止水」の文字が。こんなところにもガンダム要素が散りばめられていました。

 

▲可塑庵の中で実際に落合さんがお茶をたてる一幕も。ちょうど落合さんが座った場所にいると、光輪を背負ったように見えます。

 

▲こちらはクリエイティブカンパニー「NAKED,INC.」と「ガンダムR作戦」のコラボによるインスタレーション展示「NAKED FLOWERS」。

 

▲製作を担当した山王堂史恵さんもセレモニーに登場。

 

▲ランナーを用いて花が表現されており、「使用済みランナーとヴァーチャルの生命の循環」がコンセプトとのこと。専用のARカメラアプリをダウンロードして作品の白い平面部分にスマホのカメラを向けると……。

 

▲ARの画面上に花や植物が咲きます。

 

 

 

 

▲セレモニーのステージにはBANDAI SPIRITS 田口丈博さんが登壇。「ガンダムR作戦」の経過報告や見どころの説明、また、ガンプラによるケミカルリサイクルの実証についてなどが説明され、少量ながら、着色された使用済みランナーから無色透明なスチレンモノマーを精製することに成功したとの旨が伝えられました。

 

▲ここからは会場の様子を紹介します。集められた使用済みランナーは会場の展示にも使われていました。

 

 

▲そのほか、ランナー回収ボックスや……。

 

▲エコプラの限定販売なども。

 

 

▲リサイクルについて学べるコーナーや展示、フォトスポットも設けられていました。

 

 

オープニングセレモニーの翌日、翌々日には同会場で「ガンダム R(リサイクル)作戦 FINAL 2021」本編がとりおこなわれ、こちらも盛況のうちに閉幕となりました。今後もまだまだ続くガンダムを通じたサステナブル活動に注目です!

(C)創通・サンライズ

関連情報

上に戻る