マルイシティ横浜にて「伝説巨神イデオン アオシマボックスアート展」が開催!貴重な開発資料や「1/450 伝説巨神イデオン」プラモデル原型も展示された会場をフォトレポート!

取材・撮影・文●キャプテン住谷

2022年3月10日(木)から、マルイシティ横浜7Fのイベントスペースにて「伝説巨神イデオン アオシマボックスアート展」が開催となりました。本イベントは、1980年から1982年にかけて青島文化教材社より発売された『伝説巨神イデオン』のプラモデルシリーズ、そのパッケージに描かれたボックスアートを一挙に堪能できる企画展。作中に登場する主要メカをほぼ網羅し、当時のプラモデルファンから高い支持を得た伝説的シリーズであり、青島文化教材社が現在に至るまで保管してきた貴重な開発資料とともに触れることができる機会となっています。ここでは、そんな会場の模様をフォトレポートでお届けしましょう!

 

 

会場では、2022年発売予定と発表された「1/450 伝説巨神イデオン」のプラモデル原型が初展示。劇中イメージのプロポーションを重視しながらも、各部自由度の高い可動域を有するスナップキットモデルとなっています。

 

そのほか、竹下やすひろさんによる「1/2600 ソロシップ」、NAOKIさんによる「1/600 対イデオン用バッフ・クラン宇宙軍制式 最終重機動メカ ザンザ・ルブ」の作例も展示。

 

本丸となる展示エリアでは、セッティングされた回廊に貴重なボックスアートの数々がずらり。ファンであれば大興奮間違いなしの空間が広がっています。

 

そのほか当時品の箱や販促資料、ボックスのデザイン案が記された図面など、なかなかお目にかかれない展示物も登場しています。

 

展示を楽しんだ後は、会場併設の物販コーナーも見逃せません。イベントの余韻に浸れる公式図録をはじめ、クリアファイルセットやマルチステッカー、ポストカードセットなどの鉄板アイテムが来場者を待ち構えます。なかには、イデオンのバイザーをモチーフにしたアイマスクなどユニークなアイテムも。

 

さらにはレトロフューチャーチックにデザインされたアパレル類のほか、高精細なA4版ミストグラフの予約受付も実施。「伝説巨神イデオン アオシマボックスアート展」は3月21日(月)までの開催となるため、お見逃しなく!

 

DATA

伝説巨神イデオン アオシマボックスアート展

  • 会期:2022年3月10日(木)~2022年3月21日(月)
  • 場所:マルイシティ横浜7F イベントスペース(神奈川県横浜市西区高島2丁目19-12)
  • 営業時間:10時30分~20時30分(最終日は19:00まで)

※展示会場最終入場は閉場の30分前まで。
※営業時間は急遽変更となる場合があります。

関連情報

 

関連記事

上に戻る