【ガンダムパーク福岡 現地レポート・番外編】歴代の実物大ガンダムを写真&データでまとめておさらい!

「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」の開業にあわせ、2022年4月25日(月)より一般公開が始まった実物大ガンダム立像「RX-93ff ν(ニュー)ガンダム」。実物大ガンダムの登場はこれが計7機目となりました。本稿ではそのおさらいとして、歴代7機の実物大ガンダムを写真とデータで比べてみましょう!
 

※以下の公開時期は2022年5月9日現在のものです。

 

2009年7月11日~8月31日公開
RX-78-2 ガンダム ver.G30th

DATA

立像
RX-78-2 ガンダム ver.G30th

  • 出典作品名:『機動戦士ガンダム』
  • 全高:18m
  • 重量:35t
  • 特徴:首が稼働
  • 設置場所:東京都品川区・潮風公園
  • イベント名:GREEN TOKYO GUNDAM PROJECT
  • 時期:2009年7月11日~8月31日(※ガンダム30周年)

 

 

2010年7月24日~2011年3月27日公開
RG1/1 RX-78-2 ガンダム

DATA

立像
RG1/1 RX-78-2 ガンダム

  • 出典作品名:『機動戦士ガンダム』
  • 全高:18m
  • 重量:35t
  • 特徴:首が稼働、ビームサーベルを装着
  • 設置場所:静岡県静岡市・東静岡広場
  • イベント名:模型の世界首都 静岡ホビーフェア
  • 時期:2010年7月24日~2011年3月27日(※ガンプラ30周年)

 

 

2012年4月19日~2017年3月5日公開
RG1/1 RX-78-2 ガンダム

DATA

立像
RG1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT

  • 出典作品名:『機動戦士ガンダム』
  • 全高:18m
  • 重量:35t
  • 特徴:首が稼働
  • 設置場所:東京都江東区・ダイバーシティ東京 フェスティバル広場
  • イベント名:TOKYO GUNDAM PROJECT2012~
  • 時期:2012年4月19日~2017年3月5日

 

 

2017年9月24日~公開中
RX-0 ユニコーンガンダムVer.TWC

DATA

立像
RX-0 ユニコーンガンダムVer.TWC

  • 出典作品名:『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』
  • 全高:19.7m
  • 重量:49t
  • 特徴:50カ所が発光、夜間演出ではユニコーンモードからデストロイモードへの変身(変形)を可能な限り再現。角の開閉、顔のモード変更、肩・腰・膝パーツの展開。
  • 設置場所:東京都江東区・ダイバーシティ東京 フェスティバル広場
  • イベント名:TOKYO GUNDAM PROJECT2017~
  • 時期:2017年9月24日~

 

 

2020年12月19日~2023年3月31日公開予定
動くガンダム RX-78F00 ガンダム

DATA

動くガンダム
RX-78F00 ガンダム

  • 出典作品名:『機動戦士ガンダム』
  • 全高:18m
  • 重量:25t
  • 特徴:稼働箇所24+ハンド稼働箇所10
  • 設置場所:神奈川県横浜市・山下ふ頭
  • イベント名:GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
  • 時期:2020年12月19日~2023年3月31日(※ガンダム40周年企画の一環)

※2022年5月9日~7月15日はメンテナンスのため、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの全施設休業
 

 

2021年5月28日~公開中
ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP

DATA

立像
ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.GCP

  • 出典作品名:『機動戦士ガンダムSEED』
  • 全高:18.03m
  • 重量:非公開
  • 特徴:頭部と手首が稼働
  • 設置場所:中国・上海市 ららぽーと金橋
  • イベント名:GUNDAM CHINA PROJECT
  • 時期:2021年5月28日~

 

 

2022年4月25日~公開中
RX-93ff νガンダム

DATA

立像
RX-93ff νガンダム

  • 出典作品名:『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』
  • 材質:構造…鉄骨造、仕上げ…FRP
  • 全高:最高部24.8m(頭頂部20.5m)
  • 重さ:80t(立像本体。基礎梁除く)
  • 表面積(縦横高さ):1129.6平方m
  • 敷地面積:約167.3平方m(直径14.6m。立像周囲の円形敷地面積)
  • 特徴:可動箇所は右肩部(右腕ごと)、頭部。ロングレンジ・フィン・ファンネルを装着。『機動戦士ガンダム』シリーズ総監督・富野由悠季氏監修のもと、彩度の高いトリコロールのマーキング。最高部24.8mは歴代実物大ガンダムの中で一番の高さ。
  • 設置場所:三井ショッピングパーク ららぽーと福岡(福岡市博多区那珂6丁目23-1他)
  • 時期:2022年4月25日~(上頭式2021年12月22日)

 

νガンダム以前にお目見えした6機のガンダムは全高が18メートルから19.7メートルでしたが、今回お披露目となったνガンダムは最高部で24.8メートル、頭頂部でも20.5メートルと、歴代でも最も高身長。重量も、35~49トンだった以前の5機(重量非公開の上海フリーダムガンダムは除く)と比べ、80トンと、こちらも過去最多となっています。

7機のうち唯一「立像」というカテゴリから離れ、「ガンダムの起動実験中」として運営されているのが、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの「RX-78F00 ガンダム」。こちらは当初2022年3月末までの公開とされていましたが、2023年3月31日までの公開期間延長がアナウンスされています。ただし、2022年の5月9日(月)~7月15日(金)は約2カ月間のメンテナンス休業期間となっていますのでご注意を! 詳細は公式ホームページなどをご確認ください。再開後は今見られる実物大ガンダムとして、福岡のνガンダム、お台場のユニコーンガンダム、上海のフリーダムガンダムとあわせて、引き続き要チェックです!
 

(C)創通・サンライズ
(C)SOTSU・SUNRISE

関連情報

 

関連記事

上に戻る