【史上最高の劇中再現度を誇るガンプラ】ガンダム・バルバトスルプス登場!!!!「新作ガンダムシリーズ」商品発表会レポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

2016年7月12日(木)にガンダム新作商品発表会が行われました。
この場で、今夏に特番として放映予定のビルドファイターズ待望の新作『ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ』と、秋からついに放映が開始される『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期が満を持して発表となりました。この会場では同時に、それぞれの番組の鍵を握るガンプラたちも発表・展示が行われました。

 

電撃ホビーウェブでは、立体アイテムに注目! 特に『鉄血のオルフェンズ』登場の新主役ガンダム、ガンダム・バルバトスルプスは史上最高の劇中再現度を謳った要注目モデル。それでは、さっそくチェックいたしましょう!

 

1昨年2015年がガンプラ35周年のメモリアルイヤーだったことは記憶に新しいですが、その35周年目、2015年は過去最高の売り上げ786億円を記録! その一翼を担い、シーンを引っ張った『ガンダムビルドファイターズトライ』の最新作『ガンダムビルドファイターズトライ アイランド・ウォーズ』が放映決定。2016年8月21日(日)、テレビ東京系列にて午後4時より放映となります。本作品はアニメーション本編に加え、特別番組『ガンダムビルドファイターズトライ夏休み特別編~君もビルドファイターだ!!~』との2部構成となっています。

 

2その『アイランド・ウォーズ』に登場する新ガンプラ、スクランブルガンダム。オレンジにブルーのクリアが映える、新ガンダムです。劇中でどのような活躍をするのかも注目です。

 

3今年2016年はガンダム初のビデオゲーム『機動戦士Zガンダム ホットスクランブル』が1986年に発売されてからちょうど30年。その『ホットスクランブル』と同じ単語を冠したスクランブルガンダム、そして『月刊ガンダムエース』で連載予定の外伝に登場するホットスクランブルガンダムは、その出自よろしくさまざまなゲームに登場が予定されています!

 

4『ガンダムブレイカー3』(家庭用)

 

5LINEアプリ『ガンダムウォーズ』

 

6『SDガンダムジージェネレーションジェネシス』(家庭用)

 

7『ガンダムジオラマフロント』(PC)

 

8 9 10キャラクターのドラマと、泥臭いメカ描写で好評を博した『鉄血のオルフェンズ』。待望の第2期のPVが会場で発表に。10月2日より毎週日曜日午後5時、MBS/TBS系列全国28局ネットで放映開始となります。成長した三日月やオルガの姿とともに、主役ガンダム、ガンダム・バルバトスルプスのガンプラも会場で発表されました。

 

11さらなる多色成形、フレームや可動のより一層のバージョンアップ、バルバトスの意匠を残しながらのパワーアップといった野心的なつくり。

 

12会場には我らが「電ホビステーション」の佐藤哲夫さんも応援に駆けつけました! 現在は50センチのガンプラを、GBWCに向けて制作中とのこと。

 

13そして、会場横には新作アイテムを紹介するブースが併設。こちらのブースで発表となった新作アイテムを、改めてフォトでご紹介します。

 

14 15ガンダム・バルバトスルプス。バルバトスゆずりの素晴らしい体型と、アクションに特化した構造が輝きます。顔もイケメンで文句なし!

 

16肩の鉄華団の紋章や、頭部中央の青いパーツなどはすべて成形で色分けされています。さらに、肩パーツの赤い部分はヒンジで接続されており、可動に際して逃がすことができる、干渉しないつくり。

 

17フレームはガンダムバルバトスゆずりで、極めて優秀なもの。ルプスにあわせて改良が加えられた部分もあり、可動はかなり楽しめそうですね。

 

18手首パーツにも根本に可動軸が加えられており、剣を構える姿も堂に入ったものに。ここまでやるか、という感じです。

 

19ここまでやって価格1,080円(税込)です。

 

20 21 22さらに、同時発売となる好評のMSオプションセットにはバルバトスルプス用となる平手パーツや、腕部200mm砲(仮)、小型メイス(仮)などが同梱。第1期同様、モビルワーカーと並べて楽しめます。

 

23 24ガンダムタイプA。あの機体を思わせるカラーリングながら、よりボリュームが増した印象です。

 

25 26敵対勢力MS A。フードを被ったような個性的なデザインで、背面のパーツは武器になる模様。

 

27 28ギャラルホルン量産型MS A。こちらもあの量産機を彷彿とさせるデザインで、白い増加装甲をまとったようなデザインです。

 

29 30.5参考出品の機体その1、その2。

 

30.531ガンダムタイプB、ガンダムタイプC。

 

モビルスーツも増え、メカアクションにもより力が入るとの『鉄血のオルフェンズ』第2期。ガンプラもさらに楽しめそうで、特に新バルバトスは楽しみです!

 

32 33『アイランド・ウォーズ』より、スクランブルガンダム。大河原邦男氏による、力強い体型が心地良いデザインを魅力そのままガンプラに。全身に配されたブルーのクリアパーツが美しい。

 

34 35そこここに『ホットスクランブル』の主役モビルスーツ、Zガンダムの意匠を残しながらも、スクランブルガンダムとして成立したデザインが見どころ。頭部はZ顔ながらも“への字”が刻印されます。

 

a bガンダムダブルオーシアクアンタ。この名前ということはやはり……? 顔の可愛らしいアレンジがじつに秀逸。

 

cフォースインパルスガンダムとセットで真価を発揮するザ ノーザンポッド。ナイス量産機!

 

d eライトニングBWSMk-Ⅲと、その飛行形態。

 

ここからは、ガンプラ以外のさまざまなアイテムをご紹介いたします。

 

3637 37.5ガンダムトライエイジは、第二期にあわせて新シリーズが展開開始。

 

38 39 40 41 42 43 44 45アクリルキーホルダーやチャームプレート、ラバーマスコットにピルケースといったアクセサリーも。

 

46 47iPhoneケースはじめのモバイルアクセサリー。

 

48 49三日月とアトラのブレスレットも!

 

50 51ガシャポン戦士DASHの1月ラインナップにバルバトスルプスが参戦します。

 

52 53食玩の大人気シリーズ、GUNDAM CONVERGEの#第5弾にバルバトルルプスの収録が決定!

 

54 55こちらはカード事業部のガンダムクロスウォー。描き下ろしイラストのバルバトスルプスです。

 

56 57バンプレストからはプライズにクリスタルオブジェが。

 

58メガハウスはヴァリアブルアクションのオルガとモビルワーカー。

 

59 60 61 62 63 64 65 66同じくメガハウスのG.E.Mシリーズからは主要メンバーのフィギュアが展示。

 

67 68 69 70コップにひっかけるお茶友や、ネズミになった鉄華団のおるふぇんちゅもおりました。

 

71 72 73 74アパレル2種。ツナギが良い雰囲気です。

 

75 762作品が一挙に発表となり、盛り上がるガンダム・シーン! 夏のガンプラHGカスタマイズキャンペーンやGUNPLA EXPO、ガンプラビルダーズワールドカップも控え、いまから冬にかけての怒涛の展開から目が離せませんね。

 

関連情報

 

 

(C)創通・サンライズ・テレビ東京 (C)創通・サンライズ・MBS (C)創通・サンライズ


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
電撃ホビーウェブにいいね!して
最新情報を手に入れよう

ピックアップ

Gallery